Powered by Six Apart

« 2017年8月 9日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年8月10日 (木) 今日の鯨の囀り »

2017年8月10日 (木)

わかりやすい「わがまま」

観終わったばかりの「海のトリトン」ですが、序盤で気になったのはやっぱりヒロインのピピのわがままっぷり。
気になった、という言い方をするのは、なんてわがままなんだゆるさんとか不快だとかではなく、この度を越したわがまま描写にはどんな意味があるんだろう?とメタな疑問が湧き上がりっ放しだったから。
(※それでも流石に一平おじいちゃんのことを悪く言った時は「これは駄目だろ」と思いましたが
)
でも結論としては、子供にも分かりやすいように、なんでしょうね。
数年前にヤマトIIを観直した時に、斉藤始や彼の率いる空間騎兵隊の豪放磊落を超えた傍若無人っぷりに呆れるとともに、かつて少年の頃に観た時は全く気にならず斉藤達に好印象のみを持っていたことを思い出し、その違いについて考えたことがある。
そして、子供はあれくらい極端な描写じゃないと豪放磊落とは捉えてくれないんだろうな、という結論を得た。
ピピのわがまま描写もそれと同じで、より現実に近いおとなしめのわがまま描写ではメイン視聴者たる子供がわがままと認識してくれない可能性がある。
だって、自分達もわがままだからねw
アニメの描写の現実からの乖離の程度は想定する視聴者層によって変わってくるという、考えてみれば当たり前のことでありましたw
そう言えば、食いしん坊キャラが仲間の料理を自分だけで食べてしまう描写も同じ理屈で説明できそうですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34076524

わかりやすい「わがまま」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。