Powered by Six Apart

« 2017年8月13日 (日) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年8月14日 (月) 今日の鯨の囀り »

2017年8月14日 (月)

この世界の片隅に(原作漫画)

秋の呉旅行を前に積んでた原作漫画を読んでおこうと読了。
どんな時でも喜怒哀楽がある。
だから生きていける。
そのテーマは変わらない。
終盤になって悲劇的な出来事が続き、すずさんの佇まいが「造形自体は変わらぬまま」研ぎ澄まされていく。
荘厳であり美しい。
すずさんが強くありたいと願い周作くんと生きていく決意を固める心の裡があらわれており白眉というべき表現力だ。
表情だけでそれを表現する漫画家は多いんだけど、すずさんの場合は姿勢も大きい。
特にいつも弛緩しているわけではないが、微妙に力が抜けている様子がすずさんの愛すべき朗らかさを表現していたからこそ、背筋が伸びた時が引き立つ。
読んでるこちらも背筋が伸びる。
現実だと知ってる人が歩いてる姿を遠くから見ただけで分るものだけど、そういう各個人の仕草や佇まいを描き分けていて、登場人物がみな愛しく思えてくるのでした。

双葉社公式サイト該当ページ
http://www.futabasha.co.jp/introduction/konosekai/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34077083

この世界の片隅に(原作漫画)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。