Powered by Six Apart

« 2017年8月 6日 (日) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年8月 7日 (月) 今日の鯨の囀り »

2017年8月 7日 (月)

フィアスコ

札幌のコンベンションに参加してTRPGをやってきました。
お目当ての「T&T完全版」の卓はなかったので、代わりに面白そうだった「フィアスコ」の卓に。

公式サイト
http://harrowhill.rdy.jp/index.php/Games/Fiasco

TRPGというよりTRPのような。
「ロールプレイ」を楽しむことを重視したゲームでした。
戦闘ルールも行動判定ルールも各キャラの能力値すらない、ダイスである程度まで決まった要素を矛盾なくストーリーに落とし込めるように全プレイヤーが協力して物語を作り上げていく。
TRPGの即興劇の側面を楽しんでいる人向け。
こういうTRPGは自作で20年ほど前によくやりました。
「うる星やつらのようなドタバタギャグ」をベースにした日常系ファンタジーでしたが、あれは世界をマスターもプレイヤーも全員が共有していたからできたのであって、その「世界観の共有」をシステムで促すためには大量のシチュエーションデータが必要となる。
通常のTRPGにもあるランダムイベント表をよりボリュームアップさせたシステムで骨子を掴み、その矛盾をむしろ楽しむ。
バッドエンドに導かれるようにカオスなシチュエーションが溢れ、如何に各員が転落人生を演出できるか。
行った2つのセッションでも、アメリカ南部ものではわたしの担当した主婦が若い頃に出演したポルノDVDを息子に見つからないようにドタバタしたり、ファンタジーものではドラゴン退治の報酬を王様にもらう筈がドラゴン同士の激しいファックから命からがら逃げ出す羽目になったり爆笑でした。
集中力がすごく必要なんでグッタリ疲れましたが、楽しかったですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34075876

フィアスコを参照しているブログ:

コメント

楽しかったです。
社会人でTRPGは体力はもちろんまとまった時間がなかなかとれないですよね…。

>「ロールプレイ」を楽しむことを重視したゲームで

それは羨ましい。
良い経験をしましたね。
何となく、私はもうTRPGをプレイする事はない希ガス

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。