Powered by Six Apart

« 2017年8月15日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年8月16日 (水) 今日の鯨の囀り »

2017年8月16日 (水)

大逆転裁判2 第1話 弁護少女の覚醒と冒險

亜内検事の事件でやり堪えがあったのは初めてなのでは?
いつもはチュートリアルを兼ねた第1話の担当ということで比較的に簡単な事件を担当する彼ですが、この「2」は実質的な「後編」ということもありチュートリアルは不要。
結果として第1話でありながらなかなかの手応えが。
副次効果として亜内検事が(いつもよりは)有能にw
ストーリー的にも大英帝国との力関係に苦しむ人々や意外な(タイトルで分かりますが)主人公、頼りがいのある大人達など満足のいくもので、さらに大きな力が背後に見えるから先の楽しみも仕込み万全。
前作序盤の酷さが嘘のようです。
さて、いきなり此の手で裁いてやりたかった前作の極悪人が永久に手の届かない処に。
コゼニィ・メグンダルに続いてこのパターンは2度目ですが、むしろ巨悪の存在を感じさせてくれていい。
それに、例え被害者が悪人であっても犯人は裁かねばならないということで、ストーリーに重みを与えています。
…3度も4度も続いたら嫌ですけどねw
ライフの回復と再開箇所のシステム周りは「6」が上なんでそのまま採用してほしかったんですが、前作のままなのはちょっと残念かな。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/sp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34077375

大逆転裁判2 第1話 弁護少女の覚醒と冒險を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。