Powered by Six Apart

« 2017年7月20日 (木) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年7月21日 (金) 今日の鯨の囀り »

2017年7月21日 (金)

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク

読了。
ゲーマーにとっつきやすい形で様々な「RPG世界の庶民の職業」を紹介するムック。
オウガバトルシリーズを意識したセピア風(むしろミュシャ風?)のビジュアルで統一され、全編にお洒落な雰囲気が漂う。
RPGをプレイする者は「こんな職業があってもいいんじゃないかな」と一度は「俺の考えたすごい職業」に思いを馳せる筈。
俺も、投げ縄で通りすがりにクリティカルヒットを繰り出す「カウボーイ」とか、巨大な縫い針で敵の手足を胴体に縫い付けてしまう「お針子」とかを自作のTRPGシステムに導入しようと企んだことがある(断念したが)。
みなさんもあるでしょ?
この本はそんなノリで、但し文献を当たり実際にあった中世ヨーロッパの職業を「ゲームのユニットに落とし込んだらどうなるか」というスタンスで突き詰めた一冊。
妄想を具体的な形にすることのなんと素晴らしいことか。
RPGを妄想を逞しくしながらプレイしている人なら誰もが羨むであろうたいへんな力作で、通して読むとそれなりの時間がかかる。
これを読んだ後でCRPGをプレイすれば、「ここはたびだちのむらです」とか「ぶきはそうびしないとだめなんだ」とか言っている人々が普段はどんな職業で働きどんな生活をしているかを妄想する手助けとなり、ますます楽しくなるのではないだろうか。

一迅社WEBの該当ページ
http://www.ichijinsha.co.jp/special/zerosum/hellowork/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34072994

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワークを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。