Powered by Six Apart

« 2017年7月22日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年7月23日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年7月23日 (日)

ポケモンサンムーン語りその19~全滅ペナルティはカネの方がいい

また全滅しました。
ポケモンムーン(3DS)。
前回は一応、四天王までは倒したのに、今度は途中で。
いやー、最低でも5レベルずつ上げるって決めたんだから、初志貫徹すればよかったw
全滅の時は所持金半額ではなく、このリーグ戦では参加料5000円ちょっとを徴収されるこのゲームの仕様。
カネを稼ぐ手段が限られるポケモンにおいてちょうどいいペナルティですね。
せっせと木の実や真珠を売って稼ぐとしますか。
さていわゆるデスペナルティ。
全滅した時の、ドラクエならゴールド半分、ファイファンならセーブポイントから再開、ウィズならロストの危機というペナルティのことです。
わたしドラクエタイプが最も好きです。
というよりファイファンタイプの、セーブ時から今までの時間が無駄になるのと、セーブ時点で自分が何処までプレイしてたのか分からなくなるのが嫌なのです。
この「プレイ」というのは、どの通路を何処まで進んだとか、このジョブやスキルは何処まで育てたかのこと。
CRPGってのは多数の選択肢を次々と「これはもうやらなくていい」と切り捨てていくゲームですよね。
ダンジョンの通路が分岐していてこの分岐は奥まで進んで全ての宝箱を取った上で行き止まりだと分かっていれば二度と行かなくていいし、複数のジョブを並行して育てていくとしてこのジョブはもう美味しくないから育てなくていいということもある。
その判断は次々とアップデートされていくわけで、過去のセーブ時点でどの判断だったかなんて覚えてない覚えているわけがない。
電子データはその時点に戻れても、それを扱う人間の記憶はその時点には戻りきれないわけです。
それがCRPGのプレイで最もエキサイティングな要素たる没入感を削ぐがゆえに、わたしはファイファン方式があまり好きになれないのでした。
そんなわたしですが、かつては全く逆にファイファン方式が好きで、ドラクエ方式を小馬鹿にしてました。
ゴールド半分になるだけなんてぬるい上にリアルじゃないと思っていたんですね。
なるほど、今でも「セーブポイント以降の出来事はなかったことになるなら、リアリティという点ではファイファン方式の方が上なんだろうな」とは思います。
この心境の変化はCRPGのシステムが肥大化して覚えておかなきゃならないことが増えたから、というのが大きいのでしょう。
CRPGはずっと大は小を兼ねるで続いてきましたが、弊害もあるのでした。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34073394

ポケモンサンムーン語りその19~全滅ペナルティはカネの方がいいを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。