Powered by Six Apart

« 2017年7月 5日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年7月 6日 (木) 今日の鯨の囀り »

2017年7月 6日 (木)

ポケモンサンムーン語りその16〜あくびはスリープの革命

ポケモンサンムーン(3DS)。
エーテル財団本部を攻略し、やっと最後の島と思われるポニ島に上陸です。
グズマは本当に強かった。
スカル団のボスに相応しい攻撃力。
それに続くエーテル団のボスも強かったので、非常に戦い応えがありました。
あと5レベルあったらなぁ…と何度、思ったことか。
前衛2匹以外は敵と同レベルかやや低いくらいが多かったので、相性を有利にしても圧倒できないし、常に相性を有利にできるとは限らないのですから。
そんな中にあって薄氷の勝利を掴めたのはせっせと撫でたりポケマメを与えたりとポケリフレに励んでいたってのもありますが、何と言っても殊勲賞のネッコアラ。
ボス戦では「取り敢えずあくび」がすっかり習い性となってしまいました。
この「あくび」とても役に立ちますね。
きっと睡眠不足であくびをこらえている時に「このあくびを吹きかけたら眠り魔法の効果があったら面白いのになぁ」と思いついたのでしょう。
うん、思いつく気持ちよく分かりますw
要するにスリープとかラリホーなんですが、使ったターンは眠気を生じさせるだけで通常どおりに攻撃される。その次のターンで眠り始めて暫く眠っている。いったんボールに戻してまた呼び出してもまだ寝てるw
上手いなぁ、と感心するのは取り敢えず1回は攻撃されるというリスクを設けることで成功率を飛躍的に上げてもゲームバランスが崩れないようにしていること。
眠りの呪文ってどのRPGでも扱いに困ってますよね。
どんなモンスターにも効いたら便利すぎてそればっかりになってしまいますから。
この「あくび」の扱いはスリープ系魔法の持つ問題を解決している!
ネクロスの要塞(PCE)の「ほぼ必ず効く。ボスにも効く。眠らせたターンに目覚められて攻撃されることもあるが、少なくとも攻撃の順番には影響を与えることができる」に匹敵する快挙に、わたくし多いに目を開いているのです。
それにしてもわたし、このサンムーンで初めて本当のポケモンの戦闘を楽しんでる気がします。
白黒、XYと解いてる筈なんですけど、こんな(おそらく)当たり前のことに今更に気付いてワクワクしてるんですから。
いかに今まで「なるべく属性を網羅した6匹を選び集中的に育てて」ばかりいたかってことですね。
そうか、みんなこんな面白いゲームをやってたのか。
ずるいぞw

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34069861

ポケモンサンムーン語りその16〜あくびはスリープの革命を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。