Powered by Six Apart

« 2017年6月 7日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年6月 8日 (木) 今日の鯨の囀り »

2017年6月 8日 (木)

美女と野獣(実写映画)

エマ・ワトソン主演による実写映画版。
たいへんなハイクオリティだが想像を上回る部分は何もなく、新たな感動や現代の世相を反映した新解釈なんぞを期待すると肩透かしを食う。
アニメ版を実写にコンバートするにあたっての自然さは相当に高レベルだと思うが、それ故にちょっとしたアラが目立って、例えば歌に入るタイミングやシーンとの組み合わせにちょっと苦しいところがある。
特に冒頭のベルが早朝の村を歩き回る部分は例えるなら「マップが切り替わる度に頻繁にロードが起こるゲーム」みたい。
このシーンには他にも問題があって、ベルが怠け者に見えるんだよね。
これは本編全般でもそうで、なまじ実写なせいでみんなが働いている時に何もしていないように見えちゃう場面がチラホラ。
アニメだと上手く誤魔化してくれてるんだけどね。
ベルが野獣を「最初は怖がっている」理由も説得力が乏しい。
王子の心って外見が野獣になっても人間のままなんだよな。
ガストンですら決定的なクズ行為に至るまではちょっと頭の弱いむしろ気のいい人に見えるわけで、アニメーションの持つ豊かな表情や動きこそが、原作が長年、愛されてきた理由であることを改めて感じさせてくれる。
ただ、城と村双方のビジュアルワークは素晴らしい。
小さな村の生活感に関してどんな妄想も受け入れてくれる余裕があって、色々とツッコミをいれていくのも楽しい。

公式サイト

エンドロール後エピソード なし

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34064374

美女と野獣(実写映画)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。