Powered by Six Apart

« 2017年6月24日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年6月25日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年6月25日 (日)

魔法の威力も大きさで決まる?

なんだかんだで最後の3冊目・ワールドガイドも読み続けている「トンネルズ&トロールズ完全版」。
これは読み終えるまで止まらんな。
さて、今日は魔法の話。
モンスター種族も人間同様にサイコロを振って決まった能力値を持っているので、知性と器用度が条件を満してさえいれば魔法を使えるのがT&Tのルール。
だからウルク(オーク)やオーガにも魔術師がいる。
このことでかつて自作TRPG制作に当たって大いに悩んだ記憶が鮮明に蘇った。
つまり体の大きい種族はそれだけで強力な呪文を使えるか否か。
え?ナニ言ってるの?使えないに決まってるじゃない。
そう思って当然。わたしも最初はそう思った。
だが比べてみよう。
剣で殴って10ダメージを与えられるヒューマン族に20ダメージを与える攻撃魔法の使い手がいたら重宝されることだろう。
しかし殴っても30ダメージを与えられる巨人族にとって20ダメージ「しか」与えられない同じ魔法の使い手はさほど重宝されまい。
巨人族の魔術師が巨人族の社会においてヒューマン族の魔術師がヒューマン族の社会で得られる地位と尊敬を得ようと思ったら60ダメージの攻撃呪文を身につけなければならないのだ。
これはトロールやオーガやジャイアントに魔術師が少ない理由となるように「見える」。
だがもっと説得力のある理由があるのはご存知のとおり…彼等は馬鹿なのだ!
だって、巨体でありながら人間と同じかそれ以上に頭のいい種族がいたとしたら?
頭のいい人間が魔術師になれるのと同じくらい勉強しても魔術師になるメリットがないとか変でしょう?
これは形を変えた「大きいことはいいことだ」問題であり、体重が8倍あれば8倍の魔力を持っていて1回につき8倍の魔力を消費すれば8倍の威力の魔法を撃てることにすれば何の矛盾もなくなるんだけど、そうするとみんな体の大きいキャラばかりをやりたがってゲームにならなくなってしまうのでした。
一般的なTRPGで体の大きさがHPに与える影響が微弱であるのは、この理由によるところも大だと思う。
制作者側自身でも気づいていないかも知れないが。
T&Tは体の大きい種族を有利にしているからこの問題が浮き彫りになるのだし、そのT&Tでさえ体の大きい種族でも人間と同じ大きさで威力の武器しか(少なくとも基本ルールでは)サポートしていないのは、この問題を上手く有耶無耶にしているからなのでしょう。

グループSNE公式サイトの該当ページ
http://www.groupsne.co.jp/products/bg/tunnels_trolls/tunnels_trolls.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34068184

魔法の威力も大きさで決まる?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。