Powered by Six Apart

« 2017年6月17日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年6月18日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年6月18日 (日)

ポケモンサンムーン語りその13〜ガントルブラボー

ポケモンムーン(3DS)プレイ中。
3つ目の島・ウラウラ島という幽々白書で聞いたことがあるような島の恐らく中盤くらい、カプの村にいるところです。
特にゲットに苦労するポケモンもおらず、名前付けもサクサク進みます。
ヤンチャムにはしろきイワキ
ネッコアラにはバスター
コータスにはヤメタス(松本州平ネタですねw)
サンドには(模様がタータンチェックぽいんで)タァたん
ユキワラシにはロシュフール。
この島はいいですね。
玄関口であるメレメレ島や大リゾート地であるアーカラ島と違った南国本来の古来の習俗を感じさせてくれます。
よく雨が降るのも、いかにも南の島に来た感じがしていい。
メレメレ島やアーカラ島では降ってなかったから気候帯が違うのかも知れませんね。
さて、ここんところガントルを集中して使っております。
最前衛はとっかえひっかえその時点で育てたいポケモンですが、やばくなってきたら2番手に控えているガントルです。
時代劇で言う「先生お願いします」です。
理由は…ガントルの「くだけるよろい!」のメッセージがツボにはまってしまったんだよー!
だって敵の攻撃を食らったら防御力が減ると同時に素早さが大きく上昇するのって、ポルナレフのブラボー!ブラボー!が脳裏に浮かぶじゃないですか。
「これだ!よろいのくだけたポケットモンスター…ガントル!」
「呆気に取られているようだが。このガントルの能力を説明せずにこれから君のポケモンを始末するのはトレーナー道に恥じる闇討ちにも等しい行為!どういうことか…説明する時間を頂けるか」な?」
みたいな台詞が話されているわけはないにせよ、制作側がそういうノリを念頭に置いているのは間違いありますまい。
好きな漫画の好きなシチュエーションを自分のRPGで小ネタとして再現したい気持ち!
よく分かりますよ。
わたしもTRPGのシナリオでよくやったもんです。
…まぁ正直、あまりやりすぎるのは好きじゃないんですが、それでもたまにこういうナイスクリティカルがあるから侮れません。
RPGってのはTRPGにしろCRPGにしろパロディが多いんですが、そもそも物語そのものをゲームで表現するジャンルなんだから当然っちゃあ当然なんですよね。
ほぼ全てのRPGの共通ルールたる「HP」自体が、漫画や小説のヒーローは倒れても何度でも立ち上がることをルールとして再現したいという要請から生まれたものだろうし。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34033240

ポケモンサンムーン語りその13〜ガントルブラボーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。