Powered by Six Apart

« 2017年6月 6日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年6月 7日 (水) 今日の鯨の囀り »

2017年6月 7日 (水)

ポケモンサンムーン語りその11〜全回復とはなんぞや

1月ほど放置してましたが再開。
逆転裁判マラソンも終わったことだし、一気に解いてしまいたいところです。
遅くとも大逆転裁判2が発売される8月までには。
現在、3つ目の島、ウラウラ島で友人の少年、ハウとのバトルに勝ったところです。
中断前は2つ目の島、アーカラ島のしまクイーン・ライチとのバトルを残すのみとなってましたから、まあ、そんなには進んでいませんね。
ゲットしたポケモンへの名前付けは次のとおり。
ケイコウオにはミッキーの帽子に似てるからミッキーナ。
シズクモはダピャイダー。
ラブカスはココロニアナ。
キュワワーはキャワイルド。
ヤレユータンにはパプルバック。
バラスにはキョハッケン
カイロスはエズィプタル。
ボクレーはマグカヘッド。
ヒトデマンはクエサリス。
ピカチュウのZ技のダンスがかわいいというか脱力系というかクセになるんで連れ歩いています。
ボルテッカーが強すぎて使い勝手が悪いので、もっとお手軽な攻撃技がほしいところです。
スパークだとやや威力不足なんだよな。
ハウは強敵でした。
こっちの連れている6体のうちトップ2が水属性のヨワシとママンボウだったんで、ハウの最後のリーフィアの前には出せない。
残った二線級のピカチュウ、ニャース、イワンコ、ヤレユータンでなんとかしようにも、これと言ってバツグンに効く技がない上に、ギガドレインへの耐性が弱い奴ばかり。
技の使用回数を枯渇させてなんとか攻撃の手番を確保して漸く撃破しました。
ツートップの属性を合わせちゃ駄目ですね。
当たり前のことですが、反省です。
さて、ハウは戦う前に全回復してくれました。
いわゆるルビカンテですね。
で、ポケモンに限らず多くのCRPGで節目となる戦闘の前には全回復させてくれることが少なくありませんが、この全回復ってどうやってるんでしょうか。
そんな便利な技があるならプレイヤーキャラクターが覚えたいものですが、HP/MPの全回復に相当する技を覚えられるCRPGシステムは皆無です。
まあそうですよね。
MPが全ての大元なんですから、これがやすやすと回復できたんでは、システム全体が成立しなくなってしまう。
しかし、やっぱり気になるんですよね。
仮にプレイヤーキャラがサブキャラとしてゲーム内世界に生を受けていたとして、どのような修行をしたり組織に属したり道具を使ったりすれば「休息以外の方法で」他人を全回復できるようになるのか。
それを知ることは、より深く世界を知ることに繋がるわけですから。
まず考えられるのはこっそりアイテムを使っているという説。
でも、それだとそのアイテムをプレイヤーキャラが使えない理由が分からない。
もしかしたらゲーム最終盤で登場する超高価なアイテムなのかも知れませんが、主人公にそこまでしてくれるというのも無理がある。
またはプレイヤーキャラにはたまたま才能もしくは機会の関係で覚えられない、普通の魔法とは系統の違ったなんらかの秘術であるという説。
これも同じですね。
なんでわざわざ主人公にそこまで?と疑問に思ってしまう。
やはり極めてレアで高価な行為である以上は無理が出てしまう。
そこで考え出したのが、無尽蔵にマナのようなものが噴き出すポイントが世界のあちこちにあり、そのスポットを感知し利用できる限られた天分の持ち主にとってはなんのコストを支払わなくとも
全回復ができるという説です。
もちろんその天分の持ち主はプレイヤーキャラクターの中には「たまたま」ただの一人も発生しない。
これならばNPCの中にプレイヤーキャラクターのできない「他人を全回復」できる者がいて、それを惜しげもなくやってくれる納得のいく説明となります。
いやー、スッキリ!
もしかすると全世界の宿屋はそういうスポットを選んで建てられているのかも知れませんね。
本稿、全てただの妄想ですがw

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34056764

ポケモンサンムーン語りその11〜全回復とはなんぞやを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。