Powered by Six Apart

« 2017年4月29日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年4月30日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年4月30日 (日)

ミサイルからの退避場所を確保してくれ

日本の交通機関もなかなかやるじゃないか。
東京メトロが北朝鮮のミサイル発射に対応して地下鉄を止めたニュースは気持ちを引き締めてくれた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170429/afr1704290004-n1.html
かつて地下鉄サリン事件でオウム真理教の邪教徒どもに無辜の命を奪われた東京メトロだけに乗員の安全には敏感だという指摘がある。
恥ずかしながら俺はそのことに気づかなかった。
たまに上京するだけでは東京の2系統の地下鉄のことなどピンと来ていないというのはあるにせよ、あの凄惨なテロの記憶が薄れていたことに違いはない。
記憶の風化は怖い。慣れも怖い。
今回の核ミサイルの場合、一番こわいのはミサイルに慣れてしまうことだ。
射程距離が短いミサイルが延々と続くことでわれわれもつい慣れてしまっていた。
だが彼奴等は一線を超えた。
軍事的冒険や暴発の危険性が非常に高い国が東京に到達し得るミサイルを持つなどあってはならないことなのに、これまでの外交(軍事行動も含む)がまずかったのか彼奴等は持ってしまったのだ。
人類が既に手に入れた力を手放すことなどあり得ない以上、国力の大きい失ってはならないものが多い国、つまり暴発の危険の少ない国だけが核兵器を持ち、国力が極度に小さく八方塞がりで失うものなどない国は持ってはならないのは仕方のないこと。
国力の小さい国からすれば納得がいかないかもしれないが、現実的に核戦争を抑止するにはこれ以外の方法はない。
その大原則を忘れみすみすミサイルを持たせてしまった。
起こってしまったことは覆せない。
俺たちにできることはいざミサイルが来た時にどう生き延びるか、だ。
で、心配なのは日本海側にある札幌だ。
実家もあるし友人も親戚もいる。
幸いなことに札幌には大きな地下街があり、郊外にも地下鉄駅があり街はそこを中心に発展している。
外出中にミサイルが来て潜るべき地下空間はそこになるだろう。
だが足りているだろうか?
札幌市役所はすぐにでも収容可能人数の調査をして公表すべきだ。
足りなかった場合のパニックのことを考えるとなかなか難しいかもしれないが。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34057947

ミサイルからの退避場所を確保してくれを参照しているブログ:

コメント

こればっかりはどのタイミングで来るか分かりませんからね。
体制崩壊してくれるのが一番いいんですが…

>心配なのは日本海側にある札幌

たぶん私は助からないでしょうね~。
基本的にツイてないので・・
八丁堀の旦那、仇をとってくだせえ・・

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。