Powered by Six Apart

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月25日 (火)

ポケモンサンムーン語りその10〜レベル上げを忘れる愚

苦戦しました。
レベルを上げてなかったんで苦戦しました。
シェードジャングルのマオの試練の「ぬしポケモン」に大苦戦。
その理由は明らかです。
思えばこの連続エントリーを書き始めて、新ゲットポケモンにどういう名前をつけたか記述がないのは初めて。
つまりシェードジャングルに至る道中に出るポケモンが既出のものばかりだった。
新ポケモンは2体ずつゲットするという目標でここまで来て、これまではそのポケモンゲットのための徘徊でレベルも上がっていたのですが、その調子でサクサク進んでたら結果としてろくにレベルを上げてなかったんですね。
一応、属性は(ポケモンセンターの中に教えてくれる人がいたし)意識してチームを組んだんですが、どいつもこいつも明らかにレベル不足でぬしポケモンたるラランテスには及ばない。
なんとか対抗できる唯一の頼みの綱は姪に貰ったLv38のオドリドリのみなんですが、こいつがラランテスの召喚するケララッパにやたら弱いときた。
ケララッパがいる限りオドリドリは場に出せない。
そこで実力不足のポケモン達でなんとかケララッパを倒し、残ったラランテスがまた直ぐに召喚しませんようにと祈りながら満を持してオドリドリを出したら今度は一撃で倒せたのでした。
レベルをあげるという当たり前のことでも、場合によっては何時の間にか頭からスッポリと抜けていることがある。
気をつけなきゃいけませんなあ。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2017年4月24日 (月) 今日の鯨の囀り

・ふうむ。日本人は先進国一の怠け者、か。腹が立つが全否定するのもよくない。では1日にどのくらい働けばいいのだろうか。30時間とか40時間とか働けばいいのだろうか。そこらへん具体的に言っていただきたいものだ。

・よっしゃあ!玄海原発再稼働!経済の発展こそ命を守ること!どんどん全国に波及してほしいね。

・どうせ、その「みちか」というキャラの方がスイス鉄道だったら全く逆の態度をとるくせに、そんな天下の阿呆の言うことなんの価値もないわな。

・山手線が止まってる。10:35羽田発には間に合うと思うが…

・奥さんを土下座させたマスゴミのことは絶対にわすれんしゆるさんけどな

2017年4月24日 (月)

優柔不断に山手線は微笑まない

朝の山手線は都内の通勤客にとって生命線でしょう。
しかし同時に10時台の便に乗るべく羽田空港に向かう地方民にとっても生命線であります。
そのことを今日はたっぷりと思い知らされました。
報道されているとおり渋谷駅のホームから線路に降り立った男のせいで運行停止になった今朝の山手線。
http://www.news24.jp/articles/2017/04/24/07359735.html
連休代りに週末を都内で過ごしたわたくし、さて稚内に帰ろうとしてこれに捕まりました。
10時35分羽田発なのに、宿の近くの五反田駅からやっと乗車できたのは9時近く。
ただでさえギリギリのスケジュールなのに加えて、五反田品川間のたった2駅で激しく体力を削られていたこともあって、やっと飛行機に乗り込んだ時にはクタクタでした。
悔しいのはこれを避けようと思えば避けられたこと。
わたし通勤ラッシュを避けたいんで山手線に乗るのはいつも8時30分を過ぎたくらいにしているんです。
でも今回は「早めに空港に行ってゆっくりお土産を選ぼうかな」と思って8時には駅に着いていた。
にもかかわらず実際に通勤ラッシュを目にすると、旅行用のでかい鞄を持って乗るのが嫌になり初志不貫徹。いつもどおり8時30分くらいでいいや、とそれまでベンチで時間を潰す事にした。
そしたら8時20分にこのアクシデントですよ!
フラフラと優柔不断なことをしていたんでしっぺ返しを喰らったのか…いや、でも8時30分まで待つことにしたのは臨機応変な対応だと思うしなあ…。
一番いいのは通勤ラッシュ前に乗車できるように早起きすることなんでしょうね。

2017年4月23日 (日) 今日の鯨の囀り

・自分の好きな作品から自分とは全く違うメッセージを読み取った人がいたとして、それを面白がれる人でありたいね。だってそれは創作物としての懐の広さの証明なのだから。

・#信じていたのにウソだった知識 というタグには、嘘つけw 最初から信じていなかったくせにw ってのもチラホラ

・早口で喋るのはよくないと分かってるが、途中でぶった切られたら誤解を生む発言の最中にまさにぶった切られたらどうするのか。最後まで一気に言うしかないじゃん。早口は必要悪だよ。

・ミサイルが具体的になんなのか、どうやって人が死ぬのか知らんのでしょう。あいつら人間がロボットみたいにドッカーンと爆発すると思ってるんじゃないかなw 熱で焼け死ぬ、爆風で吹き飛ばされる、破片が突き刺さる。そういうものはやり方次第で防げるんだっていう認識力と想像力すらないw

・自発的であれ奪われたであれ簡単に核を拡散させるような弱い国が核を持ってはいかんということですね。

2017年4月23日 (日)

ポケモンサンムーン語りその9〜漫画のノリをRPGに

4ヶ月ぶりにポケモンを再開。
ヴェラ火山公園のホノオZの試練は本来ならあっという間に解ける短いものなんだけど、すっかり行き先を忘れてて余計に時間がかかってしまいました。
新登場ポケモンも3種類のみ。
カラカラにはふしぎじゅう
ヤトウモリにはダークシノビ
ブビィにはトラップ
名前付けも割と安易に終わらせます。
ブビィの「ほのおのうず」はサンムーンの下手をしたら無限に仲間を呼ばれかねないシステムと凶悪なハーモニーを奏でますね。
炎の渦に囲まれたポケモンは死にそうになっても戻すことができない。
一線級を場に出しているならいいのですが、育成のための二線級だとジワジワと削られてバタンキューです。
これってジャンプ系バトル漫画から思いついたんじゃないですかね。
主人公がライバルに追い詰められ絶体絶命だが、炎に邪魔されて助けにいけない仲間が悲痛な叫びをあげる。
「駄目だ!これでは奴を助けに行けない!」
そんな場面が目に浮かぶようです。
そもそもRPGの基本システムのひとつである「ヒットポイント」だって、漫画の(先祖である大衆小説の)ヒーローが倒れてもまた立ち上がるシチュエーションをルールで再現したいという欲求が生んだ(だよね?)わけで、これぞ由緒正しいゲームデザイン手法と家魔将。
それにしても某キタキタおやじっぽいネタキャラには苦笑w
こういうノリの時にポケモンは子供向けに作られていることをヒシヒシと感じます。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2017年4月22日 (土) 今日の鯨の囀り

・自慰行為に罰金刑なんてことになったら、自分を密告しそうな奴を先回りして密告しようって普通は考えるものだし、通報合戦でメチャクチャになるだろ

・降水確率10パーセントで雨が降っても、90パーセントで降らなくても、天気予報が外れたことにはならないんだけどな

・なんでガンダムの偽物たちは肘や膝がマジンガーZライクな円柱なんですかねw あれさえまともならだいぶ見られるのに

・するとシェーじゃなくシェエ、アチャーじゃなくアチャア、ズコーじゃなくズコオなら格好いいということに!

・北国だと冬の凍結路面でも自転車の老人が昔からいてタイヘン迷惑なのですが、内地でも自転車マナーは悪くなっているのですね

・ドライブレコーダーがあっても10-0にはならないでしょうが、ないよりマシですよね

・NHKふるさとのど自慢予選出場の楽しさを語ったのに、予選希望のハガキを出すと受信料徴収人が来ることを伝え忘れていたw 片手落ちだったな

・ネーミングの元ネタのレイディアントシルバーガンよりジャッジメントシルバーソードの方が好きになってしまっている。

・プレミア分の価値があるゲームなんて殆どありませんけど、例外はあります。それはジャッジメントシルバーソード!…まぁ、俺は発売と同時に定価で買ったんですが、プレミア価格でも完全に納得して満足していたと思いますよ。

・まあ、敵兵器の個性と言ってもザンスカールのモビルスーツのようにビームの刃の形が今回もまた違いますよ♪とかやられても困る。

・まあ、レイズナーはバイファムの翻案みたいなところあるし、少年たちの逃避行という作劇のためには敵の個性はむしろ邪魔、という判断だったのかな。

・ガリアンの後のレイズナーの敵SPTにあまり機種ごとの特色が感じられないのは不満。スカルガンナーはいいんだけど…

・ガリアンの機甲兵群はリアルロボットの枠内でとにかくケレン味を追求していてよかったです。

・アイアンフットF4Xヘイスティの非凡さは、ダグラム、小口径のリニアガンは右手のアームポイントに、大口径のリニアキャノンをバックパックに。→大口径のリニア砲を取り回しの効く右腕に装備するにはどうすればいいか?→とにかく重心を低く!この流れですね。架空の兵器開発史を妄想できて楽しい♪

・ガリアンのモノコットやオリジンの初期型ガンキャノンにも受け継がれていると思うんですが、砲撃型は人型からやや外すとよりリアリティが出るのかな、と。それでも左右対称も含めてここまで冒険するのはヘイスティくらいですがw

・ヘイスティ好きなんですよ。ダグラムの量産に際してそのまま量産するのではなく重量級化の流れを踏まえて最適化したって感じがして

・ヘリコプターが変形してパイルダーオンするダグラムmkⅡ待望!

・hpの減少にも色々と解釈があって、実際に傷を負うのではなく、敵の攻撃でよろめいたり息が上がったりパニクって冷静な判断ができなくなったり、と「致命的な一撃を受ける確率が高まる」という意味でダメージと捉えることもできます。Ysの時間でHP回復もそういう「ダメージ」が回復するのかな、と

・結局、個人vs個人の積み重ねですからね。全くなんの差別もない理想の社会は素敵ですけど、それを目指す過程で自分や相手が傷ついたら意味はないのだと思います。

・悪意のない発言にまで悪意をこじつけて敵意を滾らせたら、わざわざ敵を作って自分が損をするだけですよね。

・室井佑月の小説は面白いけどね。作者はお花畑だけど、その感性が作品に結実している。

・金融機関を責めても溜飲が下がるだけですので、責めるより動かすことを考えなきゃならんのをご理解ください。

2017年4月22日 (土)

放課後さいころ倶楽部 第9巻

9巻で取り上げられたゲームはお邪魔者、アンドールの伝説、コードネーム、Dixitの4つ。
いつもより少なめですが、ルール紹介ばかりじゃなくストーリーも進めるためには、これくらいがちょうどいい気がします。
前巻あたりから目立ってきたここぞというハイライトやターニングポイント以外はサラッと流していくテンポのよさもますます磨きがかかってきて、ボードゲーム漫画の雛形がまた一つ出来上がったんじゃないでしょうか(え?前に雛形なんてあったっけ?ですって?あれですよ「ずっと俺のターン!」)
黒崎奈央が明確に話の中心となって進んでくれて、いいキーパーソンが生まれました。
やはりミドリを明確に敵視してくるのは面白い。
劇中昨年までの旧1年生現2年生はみんな仲良しなんで、何が何でもこいつにだけは負けたくない!
という動機がなくてそこが盛り上がりに欠けていた。
ゲームの展開とキャラの心の動きがフィットしてこそ、ボードゲームを漫画で紹介する意味があるというものです。
ボードゲームに興味がなかった人を引きずり込むキッカケになるかも知れないしねw

ゲッサン公式サイト該当ページ
http://gekkansunday.net/series/saikoro

2017年4月21日 (金) 今日の鯨の囀り

・ヨワシしっかりしなさい、って既にありそうだな

・韓国が中国の一部『である』なら怒って当然だけど『だった』だからなあ

・同感。当時からそう思ってました。〉風のノーリプライの歌詞は性行為

・男はソファー席に座るな?意味不明。

・なぜイヤホンはLR表記がはっきり目立つようになっていないのか。いちいち面倒くさい。デザインを軽視しろとは言わないが、デザインのよさなど機能性に比べれば吹けば飛ぶような雑魚要素でしかない。デカデカと、目立つように、「L」「R」と書かんかい。どこから見てもわかるように3箇所くらいに。

・いたとしてもひとつまみの少数派でしょう。わたしのこれまでの人生で知ってる兵器好きなモデラーもゲーマーも全員が現実の戦争は大嫌いだと言っております。

・横からすいません。徳島出身のSF作家・海野十三の短編に悪の秘密結社の秘密要塞が淡路島にあるのがありましたが、それもそのような騒乱の歴史を踏まえたものなのかも知れませんね。

・脇から脚が生えていて人間離れした巨大な踵を持つバーザムが敵MSの脳天に踵落としを決めたら絶大な破壊力を発揮すると思うんだ。Ζガンダムの頭だってグシャグシャだろう。刻の涙じゃなくて黒いオイルの涙を流すだろうさ。ざまあねえぜ。

・イデオロギーなんて左右を問わず劣等感解消のグッズなだけで現実の生活に比べればごみのようにくだらないですからね。

・豊洲移転を皮切りに非科学的な情緒人間の発言権を大幅に削り取っていこうぜ。ああいう手合いにでかい口たたかせてちゃダメだ。

・俺がえらい国文学者だったら北海道弁の「イズい」にオリジナルの漢字を当てて常用漢字に押し込めるのにw

・遺産を「遺す」だと馬から落馬するみたいでイズいから、間違っていることを承知で遺産を「残す」と書いてしまう…。

・お金がありすぎてもなさすぎても不幸になるから、お金持ちは子供にどれだけ遺産を残して死んでいくか悩ましいところだろうなあ

・心配しなくても兵器をかっこいいと思う気持ちと戦争を憎む気持ちは完全に共存できます。兵器マニアで反戦映画や反戦漫画を作ってる人は山ほどいますしね。

・碧志摩メグがポケモントレーナーだったらオシャマリが似合うと思うな。

・わかります。ただ「イケメン目当てでしょ」的物言いは揶揄の意図がある奴もいるけど、よく分かってないのに褒めるのもガキの見るものだと馬鹿にするのもどっちも失礼、と思えばこその落としどころにしている人が大半のような気がします。

2017年4月21日 (金)

brotherとおじと虹

昨日の「brotherとおじ」というエントリー
http://kotodamaxxx.blog.bbiq.jp/gold/2017/04/brother-f2da.html
その続き。
本来は続きを書くようなネタじゃないんだけど、色々と思いついちゃったり気づいちゃったりする題材ですよね。言葉は文化の反映だってハナシ。
虹の色の数って国や地方によって違っていて、必ずしも日本のような赤橙黄緑青藍紫の7つに分かれてるわけではありませんよね。
実際に虹を見てもくっきり色の境目がないグラデーションだし、色をどう定義するかにすぎない。
そう思っていたし、色が多いから少ないから偉い偉くないということもないという考えだったけど、まあ、それでも色の種類が多いということは色彩感覚や感受性は豊かなんだろうな、くらいには思ってた。
でも、気づきました。
虹の色が少ない国ってのは、単に虹の重要性が低いんじゃないかって。
それこそ「おじ」や「brother」みたいにね。
頻繁に横殴りの豪雨が来てそれが止んだらピーカンに晴れてお日様サンサンって南の島だったら、虹なんか見飽きてて有り難みもないですよね。
それでわざわざ何色にも分けようという気になるかどうか。
どんないいものでも偶にあるからいいのかも知れません。

2017年4月20日 (木) 今日の鯨の囀り

・ヘタウマな絵が大好きだけど〜さんのヘタウマな絵が大好きですとは言えないし密かに応援するしかないという

・「未開封のレトロゲーを1時間ずつ遊ぶ日」を確保するしかありませんね!…まぁ、体力と集中力の限界でせいぜい4本くらいが限界ですがw

・メル友は返答しにくいメールは無視できるようになってからが本番

・しかし煙草でストレスを解消していたり人間関係を作っていた人は煙草の廃止でストレスをためて早死にするかもしれませんよ?嗜好品を禁止して清らかな世界を目指すという考えは一歩間違えればグロテスクで押し付けがましい世界に思えます。私はごめんですね。なお繰り返しますが私は一本も吸いません

・仕事に優先順位をつけるのが一番きつい

・喪黒福造の歯並びが裏山の椎茸

・必殺「もっと他に削るものがあるでしょう」をさく裂させて一時的な溜飲を下げ、後は何も考えない。そんなところでしょうねw

・確かにゾッとしない履歴書だけど、学生にこういうのを書かせている空気の正体について考えたら、この学生は責められないでしょう。