Powered by Six Apart

« 立て替えた町内会費が回収できない | メイン | 君の名は。 Another side:Earthbound »

2017年4月27日 (木)

2017年4月26日 (水) 今日の鯨の囀り

・「誰が言ったかではなく何を言ったかだ」という理想と「お前が言うな」は真っ向から対立する。だからあまり使いたくないんだけど、そう思うことはもちろん多々ある。この2つの間で揺れ動くのが人間なんだろうな。

・失敗ばかり繰り返したチャイナの宇宙開発が結実したのは、プラネテスのドルフ事業部長のことを思い出せば納得がいくよね。「次は失敗しません」それが通用する国は強いということ。

・ずっと日本ではローマ皇帝のネロよりフランダースの犬のネロの方が有名と思っていたけど、最近はそうでもないのかな?

・プロパガンダという言葉は誰もが知っているのに、なぜ誰もプロパガンダムというモビルスーツを描こうとしないのか。

・日本海という名称にイチャモンをつける人は、人口わずか4000人の寒村オホーツク市に面しているというだけでオホーツク海と呼ばれているとか、ローマ帝国の地中海に面したちっぽけなアジア自治州の東側が全部アジアになったとかアフリカ自治州もそうだとか、そういう歴史を学びなさいねwと。

・職業に貴賎なし、AV女優も立派な職業と言いながら、奥さんや彼女や娘さんがAVに出演するなんて大抵の男は嫌だろう。それは厳密にはダブスタだが、人として自然な感情と言える。実際のところ、AV女優が激減して止むを得ぬ事情があるケバい女優ばかりになったとしても一向に構わんぞ。

・AV出演強要については確かに職業選択の自由は尊重されるべきだが、おとなしくて強く言われると逆らえないタイプの子をなし崩し的に出演させる場合でも本人の意志と言えるのか、相手の人のよさに付け込むこと自体なくしていかねばならないのではないかという観点も忘れてはならないだろう。

・正論を吐いてはウザがられる人生を送りルサンチマンを溜めてきたような奴が公園のツツジを子供が吸ったくらいで叩くんでしょw へー、正義の味方なんだ!かぁーっこいーいw と小馬鹿にして終わる話。

・ボロボロの老舗モンターク商会が争えないのをいいことに同じ名前の会社を作ってブランドイメージを横取りするマクギリス…というような都合のいい解釈をファンはするものなんだよ、もしお話さえ面白ければ。矛盾を叩かれるのはつまらないから。

・審議拒否ってのは牛歩ならぬ零歩戦術かな

・まあ、俺も含めてみんな自分の周りの声と態度のでかいウスノロをニュースのクレーマーに当てはめて叩いてるわけです。でもその人物像って大きく外れてないでしょw

・消防署に理不尽なクレームを入れた奴は今ごろ歯軋りして屈辱に震えてるだろうな。いいザマだ。

・うどんは消化にいいし食べてる途中で連絡があってもすぐにポンプ車で出動できるだろう。それにそのうどん屋と火災現場との距離は消防団本部にあった時と比べて長いのか短いのかケースバイケースだろう。無問題だな。

・朝日新聞さんが血ヲタを笑う記事を載せてくれるとは見直しました。血液型性格判断なんか迷信ですよね。記事の切り抜きは大事に取っておきますよ。

・#東北でよかった かあ…。何度も言ってるけど福島県田村市の入水鍾乳洞は並外れた達成感が得られるワイルドスポット!冒険してる感がたまらん。行ける距離に住んでる人は絶対に行くべき

・馬鹿なクレーマーを嘲笑するネットの声。それを見た身に覚えのあるクレーマーが怒り狂って面白いこと言わないかなあ、ってワクワクしてる

・貼り紙からクレーマーの人物像を想像してみんなで笑い者にする性格の悪い娯楽をもっともっと流行らせようぜw

・昼飯の時は社員証を外す。それはバカがウザいから

・「キャラが自分の手を離れて勝手に動きだし当初の予定とは変わってしまった。死ぬ筈が生き残ったキャラもいる」と語る作家の後書きからは創作に対する喜びを感じてこちらまで嬉しくなる。それに比べて、バッドエンドと決めていたから不自然でもバッドエンドだ、という頑なさのなんと盛り下がることか。

・例の「先進国一の怠け者」だけど、傑作サラリーマン川柳として名高い「無理をさせ無理をするなと無理を言い」に下の句が加わった感じだね「無理をやめたらそれでいいのか」…最後の7文字に「無理」を入れようとしたけど無理だったw

・…よい風呂の日?『い』はどこ行ったんだよ『い』は。こういう普通なら数字になるべき音を意図的に無視した不自然語呂合わせは嫌い。

・はっきり主人公イコール悪と位置付けてぶれることなく描ききったOO1期という傑作と比べると、鉄華団を極悪人と考えていたなんてのは何とも薄っぺらい。

・「自分達だけが今村元復興相を攻撃し自分達の敵は彼を擁護していなければならないのにむしろ叩いているなんてゆるせない!」という間抜けなスタンスには失笑

・連休で養った筈の英気がたった1日でゴリゴリ削られた。休みを取ったことを後悔するレベル

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34057411

2017年4月26日 (水) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。