Powered by Six Apart

« 2017年3月28日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年3月29日 (水) 今日の鯨の囀り »

2017年3月29日 (水)

小説 君の名は。

読了。
映画を既に観ていることが前提なのはノベライズの特性だけど、この物語の場合、一人称×2だけでも結構なボリュームになるから、それ以外の部分がどうしても駆け足に。
映像なら一目で済むところが長々と描写されることも手伝って、かなりデコボコとタイミングの合っていない緩急だ。
ゲームで言えばザッピングに当たる視点の切り替えもわかりづらくて、そこで止まるからテンポも思ったほどよくない。
だから、これは2人の内面を知る副読本のようなものだ。
瀧くんの周辺人物の比重が大きくて、逆に三葉の周辺が軽めなものだから、テッシーやサヤちんに感情移入する前にあの日がやってきてあれよあれよという感じ。
しかし、そこからは展開が加速。
臨場感という点で「あの日」周辺が最も面白い。
具体的な解決方法が省略されてるのは気になるけど、どう思ってどう決断するかが大切という考えで書かれてるんだろうな。
もう1冊、姉妹編があるようだから続けて読むけど、やっぱりこの1冊じゃ書き足りなかったんだと思う。

角川文庫公式サイト該当ページ
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321603000121

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34051209

小説 君の名は。を参照しているブログ:

コメント

おお!
それを次に読もうと思っておったのですが、面白いのですね。
楽しみです。

おはようございます。

君の名はは良かったですね。
映画も小説も。
小説は電子書籍ですが。

個人的には、Another Side:Earthboundの方が面白かったですね。
映画の足りないところを補っているという感じで。
オススメですよ…

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。