Powered by Six Apart

« 2017年3月11日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年3月12日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年3月12日 (日)

鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」

「元准将」という嫌味ったらしい呼びかけとは裏腹に、古巣の火星支部の黙認という望み得る最良の結果を引き出したマクギリス。
もちろんギャラルホルン本隊から討伐されるのを待つばかりという状況に変わりはありませんが、積極的に火星支部から邪魔されるよりマシというものです。
さて、圧倒的な大軍を敵に回して如何に生き残るかというのは、他のロボットアニメの最終決戦でもよくあることですが、戦略レベルでの駆け引きを丹念に描き、戦闘場面でも用意した戦力以上のことはできない描写を徹底してきたオルフェンズだけに、絶望感は一入です。
今回は一話かけて、その外堀がどんどん埋められていく様子が描かれました。
今更のように「俺達には敵はいなかった」と述懐するオルガ。
そりゃ自分達を酷い目に合わせた相手を叩き潰すってのは、あくまでマクギリスの考えであって、鉄華団の目的は居場所を作るだけですからね。
別にラスタルやギャラルホルンが憎いわけでも倒すべき動機があるわけでもない。
だから投降するってのは本来ならいい方法なんですよね。遅すぎなければ。
ユージン副長がマクギリス売り渡しをやっと提案できたけど、こういう提案をもっと前から言える組織じゃなきゃ駄目だったんですよね。
そして、それが駄目なら後は夜逃げ。
別人になってこそこそ暮らすために地球にIDを書き換えに行く、そのためには圧倒的な包囲網を突破しなくてはならない…随分と盛り上がらない最終目標だなあ、と思います。
「子供は結局は大人には勝てない」を描くことに何のカタルシスがあるのか分からないんで、そうあってほしくはないと思っていましたが、やっぱりそうなるのかなぁ。

公式サイト
http://g-tekketsu.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34047604

鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」を参照しているブログ:

コメント

革命家やテロリストが偽名を使ってあちこち潜伏するのはよくあることなだけに、とうとう本格的に後ろ暗い集団になるのかい!という。
なんともセコイというかスケールが小さいというか。

生き残りをかけた逃亡になるかと思ったら・・・
IDを書き換えに行く?って、なんかトーンダウン(^-^;
大丈夫か?鉄血!!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。