Powered by Six Apart

« 焼くまでどうするの? | メイン | 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」 »

2017年3月27日 (月)

2017年3月26日 (日) 今日の鯨の囀り

・もっとも「愚かな…」に続いて「馬鹿な!どこにこんな力が!」を唱えなかったので、呪文の詠唱は不完全だったとも言える。

・「愚かな…」の呪文を唱えて逆転されなかったのはラスタルが初めてではないかな。

・オルフェンズは1期が終わった状態でそれ以上は手を広げずに運び屋・護衛業務だけやってりゃあよかったわけで、なんで世界そのものを敵に回すのか全く納得がいかんのよね。

・「監督が明言してた」って…。アニメというのは監督やスタッフのインタビューを雑誌でチェックしている人しか楽しめないものなんですか?

・日本社会にはまだ「訴えられるような人は、証人喚問されるような人は、何かあるんだろう。あんなに吊るし上げられてるんだから」という偏見がある。本来ならそのような偏見を正すべき役割の人達が、正すどころかその偏見を利用して政敵を攻撃する手段として総理夫人の喚問を求めている。以ての外だ!

・RT ただ、野党が狙えば狙うほど妻を守る一人の男として安倍首相への好感度は増していく。

・はちま貼る奴は意見の合ってた奴でもブロックw

・妻のことで怒る人間的な首相とそれを攻撃する冷酷なロボットのような野党という構図

・格闘技漫画の主人公「俺のことならいくらでも我慢するが師匠の悪口を言うとは…もうゆるさん!」安倍首相「自分のことならともかく妻のことを…」すごく人間的で共感を覚える。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34050766

2017年3月26日 (日) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。