Powered by Six Apart

« 2017年3月13日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年3月14日 (火) 今日の鯨の囀り »

2017年3月14日 (火)

大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険- 第1話 大いなる旅立ちの冒険

文明開化の息吹も初々しい明治期の日本。
そんな中、法治国家の礎を築くべく燃える若者達がいた。
その一人が成歩堂龍ノ介。あの成歩堂弁護士の御先祖様だ。
…と非常に魅力的な設定。
しかし…。
毎度おなじみの亜内検事が出てきたからチュートリアルを兼ねた簡単に片付く事件かと思ったら、最初から大物が関わってくるようで、初っ端からフルスロットルか?と楽しみにしてたんですが…。
今まで色々と逆転裁判をやってきたけど、この第1話はちょっと信じられないくらいひどいなあ。
なんでそんなに都合のいいものが!というのは本質じゃない。
2話以降の敵はシャーロック・ホームズらしいし、ということはホームズにも同じようなオチがあったから、そういうものがあっても、まぁオマージュってことで我慢できる。
これが初逆転裁判の人のためにうんと簡単な推理にしたんだとも言えるし。
でも、あれって延々と引っ張るようなネタか?
その1からその3まで大きく3つに分かれるんだけど、その1とその2は要らんでしょう。
1/3にまとめてほしい。それくらいダラダラと長い。
で、テンポが悪いかと思ったら、今度はテンポをよくするためだけに(だよね?)犯行をペラペラ自供する。
ゲームだけじゃなく推理ものの犯人はすごく往生際がいいものだけど、あれは度を越している。
チグハグなんだ。
さらに動機も不明と来た。
どこにカタルシスが?
音楽もビジュアルもキャラ立ちも素晴らしいのにシナリオだけがひどい…。
2話以降をやる気がかなり削がれてしまいました。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34045733

大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険- 第1話 大いなる旅立ちの冒険を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。