Powered by Six Apart

« 2017年2月21日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年2月22日 (水) 今日の鯨の囀り »

2017年2月22日 (水)

レイトン教授vs逆転裁判〜七章 終わる物語

短い…。
これだったら第6章と一つにまとめた方がよかったのでは?
司書のナゾミが未回収のナゾを6問ほど持ってきてそれを解いてもなお短い気がした。
マホーネへの魔女の疑いを晴らすため、そして魔女裁判制度そのものをやめさせるために証拠品を集める成歩堂組と魔法都市の秘密を探るレイトン組。
でもどちらも確信に迫る決定的な情報は得られず、いつもどおり真実は法廷の場で明らかになるのだろう。
ただ、たぶんラスボスとなるんであろうジョドーラ検察士長だが、これまでの絡みが少なめなこともあって、イマイチ倒すべき敵という感じじゃない。
ジーケン・バーンロッド卿を素直に実はいい人と思えないのも、やっぱり(実は生きていたと分かってさえ)冒頭の魔女の火刑シーンが強烈で俺の中で悪目立ちしているんだろう。
いったいどんな気持ちで「魔女は存在自体が悪だ。火刑に処すべし」って茶番をこなしてたんだろう。
裁判を見に集まった群衆を軽蔑してたんだろうか。
深く考えるとどう転んでも好きになれんから、深く考えない方がいいんだろうなぁ。

公式サイト
http://www.layton-vs-gyakuten.jp/sp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34038665

レイトン教授vs逆転裁判〜七章 終わる物語を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。