Powered by Six Apart

« 2017年2月18日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年2月19日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年2月19日 (日)

相棒劇場版IV首都クライシス人質は50万人!特命係最後の決断

ダークナイトの件で頭に来て相棒はすっかり観なくなってたんで、反町隆史の演じる相棒は、ほぼこの映画が初めて。
臨機応変に機転が効いていい感じですね。
今回のテーマはテロとの戦い。
テロ根絶は結局のところ地道に貧しい国をなくして教育の機会均等を図っていくしかないから、右京たち警察官のやれることは対症療法でしかないんだけど、それでいいしそうじゃなくちゃならないんだよね。
テロとの戦いに終わりはない、と劇中人物も言ってるけど、別にたいした意味はなくて、相手の弱いところ、直接に戦っていないところを狙うのは動物同士だってやってることなんだから。
肉食動物にとって赤ちゃんは最高の御馳走だし。
その本分を弁えてできる範囲で最善を尽くす右京さんだけど、逮捕した後は対症療法以上のことができない自分への日頃の歯痒い思いを叩きつけるような説教モードになる。
これがまさに日本人が「人間らしい」と共感する心の流れであるが故に相棒は人気シリーズなんだと思うけど、今回はあまり「国家と個人」が前面に出ずに、国家と個人の関係はあっても祖国を愛する気持ちは誰もが持っているというところに落ちついて、右京と真犯人を等身大のところまで落とし込むことができていると思う。
組織の論理にはまりきれなかった右京さんが、みんな当たり前の人間なんだという境地に至ったかと思うと、ほんと丸くなったよ、この人はw
それにしてもポスターに写ってたスナイパーをダークナイトだと思い込んでたんだけど、よく見なくてもまるで違いますね。
なんで勘違いしたんだろw

エンドロール中エピソード あり
エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.aibou-movie.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34039069

相棒劇場版IV首都クライシス人質は50万人!特命係最後の決断を参照しているブログ:

コメント

仮面ライダーWより「男の仕事の8割は決断」。
つまり優先順位をつけてできることとできないことを割り振らなきゃ駄目なんでしょうけど、なかなか難しいですよね。

>その本分を弁えてできる範囲で最善を尽くす

それができなかった俺が通りますよ・・

抱え込むクセを、なんとか治したいんだけどなあ。

ドラマの銃撃戦だったら頭さえ撃たれなきゃどうとでもなりますからw
右京さんていくつぐらいなんだろうと思って調べたら、45歳でシリーズが始まって、その後は時間がゆっくり進む世界だろうけど、それでも50代半ばくらいですよね。
…若者並みの回復力w

劇場版のTVCMで血を流して倒れてる右京さんのシーンがあるんですがテレビシリーズで右京さんが軽快に動いているんで多分命に別状はないんだろうなぁと思ってます。
*映画はまだ観てませんw

たぶんダークナイトの布石ははっきりしたものはなかったかと思います。
犯人に対して感情的になったり荒々しく振る舞うことがあったという人もいますが、
刑事ドラマでよくある若い刑事のテンプレ行動にしか見えなかったですしね…。
リンクの件、わざわざありがとうございます。
トップページにリンクが貼ってあるので問題ないようです。

ダークナイトの件については、わたしもびっくりして頭にきましたね。ひょっとして、それまでの放送でそういう布石があった?とか思ったけど分かりませんでしたし・・・。

当サイトとの雑記のアドレスを変更しましたので、もし、直接来られている場合は、トップページのリンクからきてくださいますようお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。