Powered by Six Apart

« 2017年1月18日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年1月19日 (木) 今日の鯨の囀り »

2017年1月19日 (木)

カルドセプトリボルト語りその8〜二属性盾の駆け引き

竜眼のゼネス登場。
まだクエストモードをチマチマやってます。
毎度おなじみながらすっかり風格を備えた姿にこっちまで嬉しくなります。
ゼネスの竜眼っていう個性の出し方、好きなんですよね。
かねこしんやの漫画版では元は人間で竜眼を移植されたという設定で、紅衣の公子コルムの「リンの眼」を彷彿とさせるんだけど、漫画版の聖典性がどのくらいか分からないし、ゲーム版ではそういう種族か突然変異の異形なんだと思ってる。
戦神って言うくらいだから後者かな。かけがえのない1人だけの存在。
で、そういう人間以外の種族なり存在ってのは、特に主役級やメインキャラ級だとゲームに限らずファンタジー漫画や小説なんかでは人間から大きく離れないようになってることが多い。
人間の顔をベースに、顔色を変えたり、角や牙や羽を生やしたり。
そうすることで人間を主人公にした物語で培ってきた演出なり作劇なりを踏襲できるからだ。
もちろん俺はそういう作品を楽しんできたけど、人間である読者に理解できる範囲内でしか人間から離れられないことを必要悪として許容しているんだよなぁ、俺は、と時々、冷めたりする。
で、たまに異質な種族を異質に描くことに誠実なゼネスのような例があると、同じ問題意識を共有している!と嬉しくなるわけなのでした。
それにしてもここらへんに来るとCPUも癪なことをやってくるんで、今まで以上に気が抜けません。
二属性盾が強力でわたしも持てる限り持ってるんですが、偵察員サイクあたりは何枚もブックに入れてくるんで攻めるに攻められずズルズルと先行逃げ切りされることもチラホラ。
二属性盾、めちゃ強力ですよね。
確かにファイヤーシールドやアースシールドと言った一属性盾の完全な上位互換ではない。
①どんなクリーチャーが使っても火属性攻撃を完全に防ぐ
②火属性クリーチャーが使えば凡ゆる通常攻撃を完全に防ぐ
のうち②の効果のみですからね、二属性盾は。
でも単色デッキより柔軟に状況に対応できる二色デッキで属性盾の枚数を圧縮できるのは大きい。
一属性盾を4枚×2で8枚も持ってたらデッキを圧迫するから、こればかりに頼るのは危険だったけど、火と土と両方に対応できるシールドなら上限の4枚あればいい。
これまでだって属性の合ったブックにしか組み込んでなかったんですから実質的な上位互換ってわけです。
で、これを無駄に使わせるためにたいして要らない土地を敵が何も使わなければ奪える程度の攻撃力のクリーチャーで侵略して、首尾よく失敗して盾を使わせられたらサイクくんが「よく考えずに攻撃しない方がいいぞ」みたいに勝ち誇るから「アホw 計画どおりじゃw なんだかんだCPUはアホじゃのお」と勝ち誇り返すんだけど、その次のターンでまた同じ盾を山札から引かれて意気消沈とか。
一喜一憂。熱い駆け引きです。
でも、このニ属性盾の強さはスペルやスクロール攻撃をもっと使ってね、という制作側からのメッセージなんでしょうね。
サターン版からこっち、スペルもスクロールも何かあった時のために持ってるって程度でしたが、ちゃんと使い方を覚えたほうがいいのかもしれません。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34029851

カルドセプトリボルト語りその8〜二属性盾の駆け引きを参照しているブログ:

コメント

初代サターン版みたいに防御型戦略に分があったり、ドリキャス版みたいに侵略が強かったり、ちょっとくらいバランスに隙があった方が入り口は広いのかな、という気がしてます。
…いや、いかん。これは言い訳だw
バランスよくスペルも入れることは考えていかなきゃなぁ…。


フルアタ流行る→ 無効盾流行る→
巻物流行る→ 防具流行る→…(最初に戻る)

このゲーム、これの繰り返しかなーと。
どれもバランスよく入れないと詰みますねー。


しかし児斗玉さんの日記読んでると着実にシステムを
理解していってる感じが出てて楽しいです。
引き続き攻略日記を楽しみにしています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。