Powered by Six Apart

« 2017年1月27日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年1月28日 (土) 今日の鯨の囀り »

2017年1月28日 (土)

カルドセプトリボルト語りその10〜弱体化したフライ

一発逆転を賭けて奪ったレベル4の土地を次の自分のターンに「アースシフト」で属性を合わせる準備も万全だったのに直後の相手のターンでそこに止まられて当然ながら地形効果がないので奪い返された。
秘術で敵領地の通行料を半分にしたから何とか耐えられる筈だったのに、敵セプターが自分の領地なのにディジーズで弱体化させて通行料半分効果を上書きして消してしまったから、通常通りに徴収されて破産した。
やられたことの数々を空条承太郎のようにメモる俺。
だが俺は幽波紋使いではないから、やり返すには実戦しかないのだった。
モリーとメメンの姉妹に苦戦している。
人間かどうかも分からないデモニックシスターズだ。
「メメンとモリー」ではなく、わざわざ「モリーとメメン」と明記するあたりが、王道を微妙に外すカルドセプトらしいセンス。
「アリスとテレス」をわざわざ「テレスとアリス」というようなものである。
で、姉妹タッグvs主人公・サイク組は辛うじて制したんだけど、次のモリーとのタイマンで連敗中。
クリーチャー多めのブックで次々と置いていき、時々、訪れる侵略のチャンスは逃さないというシンプルと言えばシンプルすぎるナチュラルボーンな戦い方にいいようにやられている。
こういう敵に守勢に回っては防具がいくらあっても足りないから、こっちも同じやり方で殴り合うしかないんだろうなぁ。
面ごとにブックにアレンジを加えるのも最初は面倒に思ったが、そういうゲームなのだから腹をくくらなきゃならん。
さて、ここんとこ「フライ」のスペルカードに2試合連続で煮え湯を飲まされ激昂しております。
本当に役に立たなくなった「フライ」。
3〜4マス先の通行料2304くらいの敵領地を避けようと意気揚々とダイスを振ったら避けるどころか止まってしまう有様。
なんでこうなるかと言うと、今回のサイコロは「0」の出目を含んでるから、フライの効果でサイコロが2個から3個に増えても低い合計値がけっこう出てしまうんだな。
以前のフライは2度おいしいスペルだった。
平常時は純粋に移動距離を稼ぎ、敵の高レベル領地を前にした非常時には高い合計値を出して踏まないようにすることもできたのだ。
それが平常時の効果しか残っていないようなもので、有効性が半分以下に落ちたと言っていい。
まぁ、便利すぎるスペルが調整を食らうのは当然のことで、仕方ないんだけどね。
それに、調整の仕方に感心してもいる。
サイコロの数が増える、というのは昔から一貫して変わっていないのに、
1.普段のサイコロの数が1つから2つに増えたので、これまでの1つ→2つに対して現在の2つ→3つは実質的弱体化。
2.前述のように0の出目を持つサイコロだからますますサイコロ個数の差が出目の決定的な差では(ないことを教えてやろう!…じゃなかった)なくなっている。
という2つもの弱体化が。
カルドセプトはカードを一瞥しただけで能力が浮かんでくるところが出発点のようなものだし、ということはカード自体のスペックは(一部に例外はあるが)変えられないのだから、強化も弱体化も搦め手でいく必要があるわけだ。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34031842

カルドセプトリボルト語りその10〜弱体化したフライを参照しているブログ:

コメント

ヘイストとの差別化もあったのかもしれないですよね、パッとしない「フライ」。
戦わずして勝つ、へのブレーキですか。
実際、戦わずして勝とうとしたら、ジリジリとCPUに離されてくし、戦うべきチャンスを逃さないバランスを取ってるんでしょうね。
マジカルリープ1枚だけ持ってて使ってますよ。
便利ですよね。
連鎖はもちろん、逆回転で緊急回避もできるし、もう何枚かほしいところです。

今回のフライは本当に役に立たないですよね。
前作では必ず入れてましたが、今回は一枚も入れてません。

というか、高速周回するスペルは軒並み弱体化されてますね。
闘わずして勝つ、いわゆる「焼きブック」が猛威を振るったから、
それをさせないための配慮かなと思っています。

代わりに「マジカルリープ」(1~4好きな場所に止まれる)
便利ですね。手に入れられてましたら是非使ってみて下さい。
CPUとの勝率がかなり変わりますよ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。