Powered by Six Apart

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

レイトン教授vs逆転裁判〜一章 迷宮の町

一章まで終了。
序章はレイトンと逆裁の比率が半々だったのに、一章はほぼ丸ごとレイトンパート。
だから結果的にこれまでのプレイでレイトンの比重が極めて高い。
第二章は成歩堂主人公で裁判パートになるようだから二章終了までは判断できないけど、今のところレイトンだけをやってるような気になっている。
それを制作側でも分かっているのか「ナゾ」をいつもより簡単めにしてテンポを崩さないようにしてるんだけど、そうなるとレイトン教授の博識に感嘆して人々が協力するようになるという展開に違和感があるという。
ただ、そういうリスクを追ってまでレイトンのレイトンたる探索や謎探しの楽しさをそのままに収録してるんで、レイトン好きなわたしには楽しめました。
魔法の支配するラビリンシアに迷い込んだレイトンとルーク。
ラビリンシアのオチはレイトン1作目と同じなのでは?という不安はあるものの、だからこそ変えてくれるものと期待しています。
それにしてもルークはいつからフルネームで自己紹介するようになったんだ?
番外編でコラボともなると、キャラ描写に微妙な違和感が出ちゃうのは仕方ないのかな。

公式サイト
http://www.layton-vs-gyakuten.jp/sp/

2017年1月30日 (月) 今日の鯨の囀り

・本当はオルフェンズのキャラデザインはアクが強くてあまり好きじゃないタイプの筈なんだが、内容が面白すぎて気にならなくなっている。これで慣れたんでキャラデザで拒否反応を起こしてたシードをやっと観られるかも。

・副団長が無理やり昭弘を娼館にでも連れてってれば、ラフタの気持ちに気付かないなんてこともなかったかもね。

・今年最初の映画はドクターストレンジか。評判は悪くないようだが。

・村下孝蔵「踊り子」のように延々とララララが続くのも飽きた。何度、歌ったか分からないカラオケの十八番だったけど、ララララが始まったら演奏ストップすることも多い。

・@ 演技してたはずの悲壮感がリフレインにより現実のものに…

・「関白失脚」「週刊東京少女A」「愛のテーマ(毛皮のマリーズ)」のように、歌詞を作るのが途中で面倒くさくなったので途中から同じフレーズのリフレインみたいなの、カラオケで盛り下がるから要注意なんだよな。「ごめん、ここから同じの繰り返しだから演奏ストップするね」と言わなきゃならんw

・@ あの歌(関白失脚)は2番になると「頑張れ」延々リフレインでカラオケで盛り下がるんですよ…。

・2/11に稚内コーヒーフェスタ。一応、覗いて見るか。

・ドレイク・ルフトやドナン・カシムを悪役だと思ったことがないんだけど、ラスタル・エリオンも同様で、倒すべき敵って感じじゃない。

・ミカは自分の赤ちゃんを見て初めてアトラが愛しくなるタイプだな。それまでは無感動。

・但し、しあさってを3日後とするのだけは断固として受け入れませんw 俺にとってしあさっては4日後です。室蘭ルールです。

・強力粉を「きょうりょくこ」と呼ぶ人がいるとのことだが、お互いが「きょうりきこ」「きょうりょくこ」でも会話は成立するんだから、互いに干渉しないで会話を続けるのが最も平和的な気がするね。それこそが言葉の持つ冗長性だよ。最初の一回は訂正を試みるけど、それ以降はね。

2017年1月30日 (月)

FAXはいいぞ

時々、出てくるねFAX批判が。
だいたい内容は共通していて、FAXなんて使ってる日本は電子化が遅れている、世界の標準はメールだ、日本はガラパゴスだ、というもの。
これまでは無視してたけど、なんかカチンと来る記事があったんで、ここでエア反論させていただく。
FAXを使うなという人はいったいどういう取引相手と仕事をしているのか。
どこの会社にもパソコンやネットがあるわけじゃないんだぞ。
田舎の土建屋とかだとパソコンを使える唯一の若手社員が出張中だからメールは受け取れないとか別に珍しいことじゃない。
それに比べてFAXの普及率はズバ抜けて高い。
FAX機能のある固定電話がやたら売れた時期があって、会社はもちろん個人宅でもFAXなら送れたりする。
メールにそこまでの津々浦々なカバー率は求められない。
それにウィルスのことを考えたら付き合いのない相手に添付ファイル付きのメールを送るのも憚られる。
そういうわけでFAXはしばらく現役を続けるだろうし、メールではその代わりを完全に務められないのである。
IT化は情報をやりとりする経路の全てがIT化されてないと効果が大幅に落ちるばかりかむしろ余計な手間がかかることも多い。
それが嫌だという気持ちも分かる。
しかし、メールを使わない人を小馬鹿にすることで現状を改善することは無理だし、むしろ反感を買うだけではないのか。
ドラスティックな変化ばかり求めていては却って前に進めないのだ。

2017年1月29日 (日) 今日の鯨の囀り

・恨んでもメリットがないから恨まないだけで恨みがないわけじゃないことってあるじゃん。恨んでることが伝わることが状況の改善に繋がるから恨むこともあるし。恨むなら前向きに恨もうぜ。

・ガラクタ知識が腐臭を放ってる酷い放射脳だな。速攻でブロック。

・@ それより遥か昔の「極黒の翼バルキサス」というOVAのサブキャラのリアンという娘の服もそんな感じです。どこまで遡れるか解りませんが…。

・まあ、中立を敵視するような偏った奴なんか相手にしなきゃいいのさ。

・蔦屋の期間限定ポイントが切れるってお知らせが何度も来るんだが、用途が限定されすぎだからなぁ。灯油も買えん。

・LYNXのガントレットIIIはやってみたい。まぁ、IIも見たこともやったこともないんだけどね。

・恵方巻きを咥えた親子が山頂で「エッホー♪」と叫んだらコロコロ転がっていってその先はおむすびころりんと同じになるCMどっか作って。馬鹿みたいだって?だからいいんだよ。踊らされないこっちからすると、そういうネタにしてくれたら、まぁ買ってやるかw必死っぽいしwという気持ちになる。

・ドルバックにはパワードアーマーの販促回があったのに、サザンクロスにはアーミングダブレットの販促回がなかった。…まぁ、さんざんただのパイロットスーツとして描かれていきなり実はカッコいい活躍ができるパワードスーツです、だからプラモ買ってね♪とかできんけどねw

・893、ギャング、マフィア、最も法を守らない犯罪集団でさえ国ごとの気質の違いはある。それが民族性ってもので、異国に住む場合にどこまで発揮していいのかは自らが居住地の住民と信頼関係を築く中で決まっていく。これは会社でも家庭でも集団に属する時はみんな同じだね。

・アメリカの現状を淡々と説明し、そこから来る未来予測を述べているだけで、自分がそれについてどう思うかはひとことも言ってないツイートに対してナチと同じだとか全くの意味不明だよなぁ。

・ドラクエII、III、IVと効率のいいグループ呪文と効率の悪い全体呪文をにらみながら、如何に直接攻撃とグループ呪文を組み合わせてMP消費を抑えて戦闘をこなしていくかのゲーム性だったんで、イオナズンには魅力を感じなかったんだよな。

・Amazonから閲覧履歴に基づくキンコン西野の絵本のオススメが来たw いや、そのうち読むけどさ。閲覧してたのは別の理由だからw

・フローラの髪の色は気にならないんだけど、双子の髪が紫なのがちょっとね。

・いくら不仲の夫婦でも、子供に相手の悪口を吹き込むと一時的には味方にできるけど、子供が大人になってから子供から軽蔑されるよ。

・フローラとの伏線は張られてないから順当に行けばビアンカだろう。マーリナとリナだったら迷うけど。まあ二周目でちゃんとフローラも選んだよ。

・例のセーターとバルキサスを絡めるツイートが全くない…。バルキサスはそんなにマイナーだったのか。一時期は代々木アニメーション学院のCMでガンガン流れてたのに。

・うーむ。世界中から集まった優秀な頭脳はアメリカ国籍を取ればいいんじゃないかな。国籍なんてそう取れるもんじゃない?国籍を与えられるような自分になればいいんだよ。アメリカ社会に溶け込めばいい。文化や風習を理解して。それが外国に住むってことでしょ。

・面従腹背は庶民の正当なる権利。面従腹背を許せないというやつは他人の心の中まで支配しようという粗暴なマッチョイズム体現者ってことでw

・ この記事にそんなに立腹することもあるまい。俺も同じようなことをリアルでは言うよ。腹の中で舌を出しながら。この記事は建前を教えてくれてるんだよ。みなさんも口ではこういう社畜管理者の喜びそうなことを言いながら構わず有給とりましょう!w

2017年1月29日 (日)

鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の 」

さて、ジャスレイとの決着をつける時がやって参りました。
イオク様みたいなアホな悪役ばかりだとぶっ倒した時のカタルシスも半減ですから、たまにはこういう狡猾で手強い奴がいないとね。
松下幸之助が「自分だけ儲けるのはよくない。少しはお裾分けしないと」的なことを言ってましたが、嫉妬は放っておくと凶刃となってこちらに向かってくるのでしょうね。
現実世界ならここはペコペコ頭を下げてでも関係を悪くしないよう務めたりさらには味方を作るのでしょうが、そこは番長漫画のオルフェンズ。
「そんな大人は汚い!」という視聴者の意向に背かないためにも融和はあり得ないのでした。
それにしてもジャスレイとの決着がどう着くのか期待半分不安半分です。
思い切り叩きのめしてほしい気もするけど、強気な態度に見合う強さを持っていてほしい気もする。
これでバルバトスが敵を圧倒するようだと、だったら最初から力押しでよかったじゃないかということになる。
メタな意味で名瀬が浮かばれませんからね。
…なんか犠牲者が増えそうな気がするなぁ。
で、犠牲者と言えば。
ラフタに向かって尊敬しているとか言い出す昭弘は、グレンラガンのキノンの気持ちに気づかないロシウを彷彿とさせます。
メタなことを言うと、このカップルが上手くいっちゃうと主人公を食っちゃうんで、順当な退場だったんでしょうけど、もっといい運命はなかったのかと後味はよくないです。

公式サイト
http://g-tekketsu.com/

2017年1月28日 (土) 今日の鯨の囀り

・@ 中学生と高校生で精神年齢の違いをちゃんと描いてる丁寧な人物描写の賜物でもありますねえ。

・@ サキとおケイはあの漫画の良心ですからねw

・ジブリアニメの耳をすませばから原作を経て星の瞳のシルエットに至る人があまり多くないのが残念で。森下真理子の悪口で盛り上がりたいのにw

・「耳をすませば」の原作については「まぁ確かに面白いんだけど、最大のヒット作である星の瞳のシルエットには及ばないよな」という感想なもんで、ジブリアニメから興味を持って読んだ人との感想のギャップは感じる。

・久しぶりにファイファンVのサントラ聴いてるんだけど、シアトリズム収録曲とそれ以外で記憶に残ってるか否かがまるで違うのな。当然と言えば当然なんだけど。

・叶美香の「天使も気絶するなんとか」セーター見たけど、バルキサスでリアンが着せられてた服に似てるね。時代を先取りしたアニメ、バルキサス(但しつまんない)

・RT これ、北海道の冬の狭い歩道で前を女が歩いてる時、すげえ気を使うんだよね。どうしても男の方が歩幅が広いから追いついちゃう。俺はわざと声を交えた欠伸をしたりして存在をアピールします。そいつが自意識過剰だったら人生を破壊されますからね。

・CGは原則カラーだから、この人こんなに絵が上手かったの?って漫画家さんいるよね。白黒向きの人とカラー向きの人がいるんだな。

・自分が攻撃される時は推定無罪を、攻撃する時は推定有罪を使う。これほど恥知らずなダブスタがあるだろうか?

・@ たいへん勇気ある提言だったとおもいます。我が国は推定無罪が原則です。自分の「安心」のためなら推定有罪で無関係な者まで糾弾して構わないというような連中に、これからも負けないでがんばってください!

・だいたい五代くん53歳、響子さん57歳、三鷹さん61歳だもんな。間違いなく園長先生だろう。

・何度でも言うが、特定の書籍の出版を禁止しろというのは「我々のように優れた人間以外の馬鹿な大衆は本の内容を鵜呑みにするに違いない」という最低最悪の鼻持ちならない下衆な発想から来ている。本を読んで作者のいうことを全て信じるやつなんていないわw 本の感想を語り合ったことないんか!

・前から言ってるけど、路面と路側の雪にプロジェクトマッピングで色々と描いてくれると、北海道の冬道運転の安全性が飛躍的に高まるのでどっか作って。

・しかし「現在進行形で目の前の相手に軽蔑されたり嘲笑されている事実」を「ないこと」にするための痛々しい熱弁というのは、我々の周囲にも無数にあるのだよなあ。政治家も人間だしw

・「漢字が読めなかったことへの幼稚な批判が呆れられていること」に気づかないふりをして呆れられている事実がないことにするためには、ムキになって幼稚な批判を続けなければならないという屈辱w

2017年1月28日 (土)

カルドセプトリボルト語りその10〜弱体化したフライ

一発逆転を賭けて奪ったレベル4の土地を次の自分のターンに「アースシフト」で属性を合わせる準備も万全だったのに直後の相手のターンでそこに止まられて当然ながら地形効果がないので奪い返された。
秘術で敵領地の通行料を半分にしたから何とか耐えられる筈だったのに、敵セプターが自分の領地なのにディジーズで弱体化させて通行料半分効果を上書きして消してしまったから、通常通りに徴収されて破産した。
やられたことの数々を空条承太郎のようにメモる俺。
だが俺は幽波紋使いではないから、やり返すには実戦しかないのだった。
モリーとメメンの姉妹に苦戦している。
人間かどうかも分からないデモニックシスターズだ。
「メメンとモリー」ではなく、わざわざ「モリーとメメン」と明記するあたりが、王道を微妙に外すカルドセプトらしいセンス。
「アリスとテレス」をわざわざ「テレスとアリス」というようなものである。
で、姉妹タッグvs主人公・サイク組は辛うじて制したんだけど、次のモリーとのタイマンで連敗中。
クリーチャー多めのブックで次々と置いていき、時々、訪れる侵略のチャンスは逃さないというシンプルと言えばシンプルすぎるナチュラルボーンな戦い方にいいようにやられている。
こういう敵に守勢に回っては防具がいくらあっても足りないから、こっちも同じやり方で殴り合うしかないんだろうなぁ。
面ごとにブックにアレンジを加えるのも最初は面倒に思ったが、そういうゲームなのだから腹をくくらなきゃならん。
さて、ここんとこ「フライ」のスペルカードに2試合連続で煮え湯を飲まされ激昂しております。
本当に役に立たなくなった「フライ」。
3〜4マス先の通行料2304くらいの敵領地を避けようと意気揚々とダイスを振ったら避けるどころか止まってしまう有様。
なんでこうなるかと言うと、今回のサイコロは「0」の出目を含んでるから、フライの効果でサイコロが2個から3個に増えても低い合計値がけっこう出てしまうんだな。
以前のフライは2度おいしいスペルだった。
平常時は純粋に移動距離を稼ぎ、敵の高レベル領地を前にした非常時には高い合計値を出して踏まないようにすることもできたのだ。
それが平常時の効果しか残っていないようなもので、有効性が半分以下に落ちたと言っていい。
まぁ、便利すぎるスペルが調整を食らうのは当然のことで、仕方ないんだけどね。
それに、調整の仕方に感心してもいる。
サイコロの数が増える、というのは昔から一貫して変わっていないのに、
1.普段のサイコロの数が1つから2つに増えたので、これまでの1つ→2つに対して現在の2つ→3つは実質的弱体化。
2.前述のように0の出目を持つサイコロだからますますサイコロ個数の差が出目の決定的な差では(ないことを教えてやろう!…じゃなかった)なくなっている。
という2つもの弱体化が。
カルドセプトはカードを一瞥しただけで能力が浮かんでくるところが出発点のようなものだし、ということはカード自体のスペックは(一部に例外はあるが)変えられないのだから、強化も弱体化も搦め手でいく必要があるわけだ。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

2017年1月27日 (金) 今日の鯨の囀り

・幻魔大戦は角川映画版から観たから後で石森版漫画を読んだら違和感が大きかったんだけど、一般的には逆だったみたいだね。

・デストロイヤーが駆逐艦なら、エレン・イエーガーの「駆逐してやる!」は「デストロイ!」なのか。

・miwaの今年の全国ツアーは北海道に来ないんだね。大阪か横浜のに行きたいなぁ。

・でも柊あおいの絵のままで原作版アニメを作ってくれたら、俺はそっちのほうが嬉しいけどね。

・@ 「お願いです。訴えないでください」って書くと田中圭一みたいですねw

・しかし、ワンコインラーメンなどと言われると、まるでラーメンの中に(ry

・くそっ。泣き言なんて言わないぞCPUに勝てずして人間に勝てるわけがない。

・トランプのメキシコの壁には俺も賛成できないけど、所詮は日本には直接的な関係はないわけで、激怒している日本人には違和感を感じる。

・@ 豚丼の弱点は食わず嫌いになっちゃうんですよね。わたしも最初に食べてその旨さに今まで軽んじててごめんなさいするまでは、あんなの料理じゃないと思ってたくらいで。

・@ その点、長崎ちゃんぽんも佐世保バーガーも全国どこでも食べられて流石ですね。豚丼にも頑張ってもらわないと!

・ネットカフェが信用できないからネットカフェに来て目の前にパソコンがあるのにipadでTwitterをやるというw

・ネットカフェでネットやってるんですが、前の客がAmazonで変な商品ばかり見てたせいか、どんな頁を見ても変なアフィリエイトが表示されてストレスたまるーとくんです。ネットカフェだと時々こういうことあるよな。まともなネットカフェだと利用客が変わる毎にちゃんと初期状態になるんだが…

・すすきのラーメン館はとっくになくなっていたのか。昨年に一度だけでも行っておいてよかったかな。

・稚内では珍しい冬の雨というかべた雪。もう傘なんて仕舞ってるしわりと嫌。

・@ ビーバーは尻尾に鱗があるから魚なので聖職者でも食べていい、と同じですねw 洋の東西を問わず坊主だって肉が食いたいという。

・馬鈴薯を1個だけ茹でるのには薬缶が一番だね。そのための小さな鍋を買うのも勿体無いし。

・壁があろうとなかろうと勝手に国境を超えちゃ駄目なんだから、これは象徴や意識に訴えかける問題なんだよな。

・忠臣蔵には創作が多いというのが通説だが、今でも着物の着付けや冠婚葬祭の立ち振る舞いを教えてもらえずに恥をかかされる人は多く、そういう時に吉良に腹を立て浅野に同情するのだろうなぁ、と。

・TPPのように末尾がPの略語を見ると反射的に「なにポイントだろう?」と考えてしまうのがTRPG脳w 「トータルパワーポイントかな?HPとMPの合計をTPPと定義して、それを根拠に出現モンスターを決定するのだろう」みたいなw

・韓国人窃盗団による仏像窃盗事件が起きる遥か前にそれを予見したようなエピソードを描いてたギャラリーフェイクすごいよなあ。あのエピソードでは悪役は日本の国粋主義者だったが。今でも韓国の事件が報道される度にセットで思い出すよ。

2017年1月27日 (金)

鉄路

JR北海道の試算が発表されてこのままでは2020年には札幌近郊も含めた全線運行が不可能になるというニュースに、うすうす分かっちゃいたけどそこまでかと軽い衝撃が。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000005-jct-bus_all
これじゃ、もうローカル線を廃止するなとか言ってる場合じゃない。
いや「…という空気を作りたい」ってのもあるか。
だが、もはやダラダラと結論を引き延ばす時期ではないことは伝わってきた。
分割民営化の時もそうだったが、話し合いの余地などないところまで追い込まれてから提案してくるから譲歩など望めない。
ギリギリまで我慢していきなり爆発するのは如何にも日本社会といったところである。
さて鉄道のメリットは大量輸送、定刻運行だ。
どっちも豪雪地帯で実現させる為には除雪や保線が欠かせない。
これは本来、豪雪地帯「だからこそ」より必要とされるメリットなのだが、まず大量輸送についてはそもそも北海道には輸送すべき大量の人間がいないという問題がある。
これには2つの反論ができる。
まず人が多いから大量輸送ができる。大量輸送ができるから人が増える。
これは車輌の両輪だが、本来なら民間企業は前者のみを気にかければよく、後者は国や自治体がやるべきことだろう。
ここでJR北海道は果たして民間企業なのかという問題が出てくる。
経営安定化基金があるのだから完全に民間企業とは言えず国や自治体に準ずる公的責任が求められる、というのが一般的な見方だろう。
これが一つ目の反論であるが、しかし何事にも限度というものがあるのだった。
そしてもう一つ、北海道は孤立している。
鉄路には両端とそれを繋ぐ圏域があり、その全てが人口稠密である必要はない。
内地にはその都市自体の人口はそうでもないが通勤や出張で行ったり来たりするのでライフラインとして必須であるという例がいくらでもある。
だが北海道はまるで札幌を首都とした独立した国でもあるかのように他の圏域との「フットワークの軽い往き来」がない。
そこから札幌との距離はどうなんだ人口はどうなんだといういつもの話になっていく。
道民が札幌と東京しか見ていない以上、北海道のJR路線が札幌圏が駄目なら心中するしかないのは当然の帰結なのだろう。
除雪や保線にかかるコストの問題はそれらメリットとデメリットを踏まえた国づくりの話に付随してくるものであって、本質ではないのだ。
やはりこの問題は一民間企業の社会的責任の及ぶ範囲を超えている。
そして、北海道の人口は1500万人は必要だよなぁ…といういつもの話になるのだった。

2017年1月26日 (木) 今日の鯨の囀り

・クインセッテンスなんてカードがあるからCPUはレベル5の土地を積極的に作るのでは、という気がしている。

・札幌写真集を見てたら戦前戦中にかけて札幌一中の伝統行事だったという雪戦会の写真が何枚か。雪で城塞を作って互いの本陣を目指すのだがかなり本格的だ。これの映画があったら面白そう。「この世界の片隅に」のヒットはこういう戦前戦中は決して重苦しいだけじゃなかった的な題材の発掘に繋がるのでは

・上司の読む原稿の漢字にふりがなをつけるかつけないかはいつも悩みどころなので、首相の漢字の読み間違えで叩いてる奴には、お気楽な人性を送ってやがるんだな、としか。

・@ やったことはないですがメガドライブFAN付録のmk.IIIソフト全カタログは熟読したので知ったような気になっていますw 楽しみにしてますw

・10億円が少ないという主張は、ではいくらならいいのかとセットでなければ何の意味もない

・何かの予算を削るかどうかは純粋にそれが必要かどうかで判断すべきであって、「他に削るものがあるでしょう」と言い出す奴は話を逸らそうとする卑怯者なのでいっさい相手にする必要なし。

・なんだ。また漢字の読み間違えか。あんまし騒ぐと、通常の仕事っぷりには何の問題もない総理ってイメージになっちゃうけどいいのかw?