Powered by Six Apart

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

通知表のマイルドな表現

上京して妹の家に顔を出して、その流れで姪っ子の通知表を見せてもらったのですが…。
姪っ子の成績はとてもよい。
さすが俺の姪だ。エッヘン!
だが、なんだか釈然としない。
このとても長文な項目名の数々はなんだ。
読解力とか思考力とかじゃいかんのか。
これではどうとでも取れるではないか。
理由は想像がつく。
俺の姪のようには成績が良くない児童はもちろん3段階評価で低い方の欄に◯がついているのだろう。
その場合でも親御さんの逆鱗に触れないようにとの配慮であろう。
「理解力C」「集中力C」と書かれるより、「文章の意味を正しく理解しうんたらかんたら〜あまりできない」とあった方がショックは少ないし、怒鳴り込んで来られた時に説明しやすい。
つくづく「…教師ってのは本当に大変な職業なんだな」と嘆息した次第である。
でも、どんな書き方をしようと3段階評価であることに変わりはないんだよな。
そうごまかされる人ばかりじゃないと思うんだが。

2016年12月25日 (日) 今日の鯨の囀り

・@ 他の生命活動社会活動と違って前向きにならんと始まりませんからね。

・世の中には人を測る物差しがたくさんあるけど、見下すことがゆるされている物差しとゆるされていない物差しがあって、それが必ずしも合理的な理由だとは思わんのよ。

・ドイツの「難民申請が通らなかったドイツ◯ね」テロ案件。エンデ「鏡の中の鏡」に出てくる貧民が主人公の善良な青年に憎々しげに投げつけた台詞「あんたがあそこであいつにしてやったことを、まさかわたしには断ろうってんじゃないだろうね!?」(虚覚)を思い出すよ。

・オルフェンズのモビルアーマーってダンボール戦機WARSのキラードロイドっぽい。

・共働きじゃなきゃ暮らしていけない程度の給料しか払わなくて済むことで企業は得をしているのだから、保育園を余計に作るのにかかる費用は企業が負担すべきではないの?メリットによって発生したデメリットはメリットを享受している者が埋めるべきだよね?

・千歳のレトロイングさんのサイトに入荷していたマスターシステムのサーガイアが、たぶんほんの数分差で誰か他の人の手にw クリックしたら在庫数が1→0になりましたという表示が。次頁以降をチェックしてから買おうなんて悠長なこと考えてたからだなぁ。しまった。

・ネオジオングやデンドロビウムステイメンや黒犬騎士団長ワイアルドの元ネタってヴァグランツの王様なのか、その前にもあったのか。

・稚内空港の状態によっては引き返すかもしれないフライト。引き返すことになったら明日の打ち合わせができなくなる…。

・@ 需要掘り起こしとセットになるでしょうね。「その時間で届くなら仕込みを考えても開店時間に間に合うな。扱ってみるか」に繋げられるかどうか。どのみちその方面の開拓は必須です。

・札幌のような180万都市が郊外にしか高速を走らせてないっておかしいんだよ。札幌駅から大通を経てすすきのまでの大消費地にスピーディーかつダイレクトで納品できた方が効率的だし全北海道が潤う。地方は後でいいんだよ。高速自体のメリットより作ることで金が落ちるメリットばかり考えてる視野狭窄

・羽田発稚内行きは天候調査に入ってるってメール来た。さて無事に帰れるかw

・ドミノピザの地獄絵図について検索したら、まあたはちまが上位に来やがった。クリスマスなのにムナクソ悪いな。カスは俺の視界に入ってくるな。

・@ 一時的に札幌周辺に集中したほうが結局は北海道全体が潤うのに地方がそれを分かろうとしないってのは高速道路なんかもそうです。

・知らない街の鉄道移動は、いつトイレに行きたくなってもいいようにトイレの場所を常に意識しておけるようになった。こういうのも旅慣れなんだろうな。

・五反田名物鯛めしを結局、食べなかったな。夜になってからほろ酔い気分で2軒目に行こうと思ったけど何処か分からなくなって、夜に店を探し回ってたら客引きが寄ってきてウザいから行かなかったんだよね。

・「クリスマス商戦を煽ることがクリスマスの痛ましい投身自殺に繋がったとの反省から今年から一人でもクリスマスを楽しんでものを買ってもいいんだよという商戦に切り替えました」がぼっちマスとやらなんじゃないかと邪推。wをつけようと思ったが反吐が出そうなんでやめた。

・クオリティ競争は一流の経営者しかできない。 価格競争は二流の経営者でもできる。 そういうことなんだよね。

2016年12月25日 (日)

鉄血のオルフェンズ 第38話「 天使を狩る者」

禁断の力。
代償と引き換えに絶大な力を得るというのはバトルものにはよくある展開ですが、右半身不随というのはなかなかないですよね。
感覚を失ったりゾンビにされたり悪夢に魘されたり、まぁ色々とありますけど、どれも自由自在に行動できる点で作劇の邪魔にはならない。
それに対し、現実にもある障害である右半身不随で、もはや他者の手を借りなければ歩くことすらできない様子は、幾多の代償描写の中でも突出して生々しい。
そうまでして力を得る必要があったのか?
これからオルガは何度も何度も自問することになるのでしょう。
モビルアーマー完全破壊という戦果は「出来過ぎ」です。
オーバーキルです。
もちろん劇中世界を神の視点から見られるわれわれ視聴者からすれば、もうこれしか手は残っていなかったと分かります。
しかし鉄華団の連中がそう思えるかどうか。
今回の作戦は途中まで上手くいっていました。
モビルアーマーこそ破壊できないものの街から注意をそらして追っ払うこともできたでしょう。
イオク様が邪魔をしなければ、ですが。
もっと自分が上手く戦っていれば…。
ミカヅキの痛々しい姿を見る度にそう思う団員たちも出てくるのでしょうね。
それもあるんで、アトラがクーデリアにミカヅキとの子作りを勧めたのは、わりと自然な成り行きに感じました。
ウラシマンのソフィの「リュウにからだ預けちゃう!」と同じです。
ミカヅキにはこの2人がいるんですよね…。
でもオルガには誰もいない。
壊れてはいけない立場にあるオルガが不憫です。
普通だったらラディーチェみたいに破れかぶれになるよなぁ…。

公式サイト
http://g-tekketsu.com/

2016年12月24日 (土) 今日の鯨の囀り

・未だに宗教やボランティアの勧誘や募金とかに声をかけられると「俺を組みし易いと値踏みやがったな。勧誘なんかさせられてる木っ端の分際で。俺を軽く見やがったてめぇなんぞの言うことを一言だって聞くものか!」ってどす黒い気持ちが湧き上がってくることがある。この屈辱あればこそ迷信には屈しない

・支那そばはラーメンと刀削麺の中間的な素朴さがたまらないよねえ

・有楽鳥という鳥がいそうだけどいないよね

・南半球の暑いクリスマスって夏だからミニスカートだろうし開放的な気分になってるしカップルのイチャイチャ度は日本よりずっと高いんだろうなぁ。日本では冬の寒さがある程度のブレーキになっているのだろう

・2016年もあと少し。2026年問題まであと10年だ。2026年は丙午。もし日本人が1966年当時同様の迷信を信じる馬鹿ばかりだったら出生率がまた下がってしまう。だが少子化に悩む日本に迷信信仰を楽しむ余裕などない。10年後を見据え今から迷信が如何に馬鹿なことか教えるべきではないか

・いや、確かにその程度のことで踏ん反り返ってる奴は俺も嫌だけど、その人はあんたのルサンチマン塗れの視点から見ればそう見えるだけで世間一般の平均からはそう見えない可能性もあるよねえw

・台場着。台場をお台場と呼ぶのってよく考えたらおかしいよな。だって高田のお馬場って言わないでしょ

・@ あとセガでも後期型のメガドラでは初期ソフトに動かないものがあったり、サターンでもそういうのがありましたね。そういうことがあまり起きないのが任天堂の強みであり、「枯れた技術」故の信頼性なのでしょう。

・両国のビール店で人生で初めて食べたエミューが網走の農大で飼育したものだったとは驚きだった。

・@ @ 思い出すということはなくなっているということですねw

・やはり地階同士を繋ぐだけの歩道橋は敬遠されるということか。

・夢のクリーンエネルギーたる核融合が実現するのは何十年も後だろうが、「核という言葉がつくから原発と同じだ!」と喚く連中が湧いてくることを予測して、今のうちから別の言葉に言い換えてはどうだろうか。

・また主は来ませりが流れてきた。何度も言ってるけど「シュワキマ」星って何処の星だ。「シュワキマせい!」って何をしろってことだ?とガキの頃全く意味不明だった。

2016年12月24日 (土)

逆転検事2(DS)第4話「忘却の逆転」中編

証拠品リストの左上にバッジがないとなんかしまらないなぁ。
本編でも外伝でも弁護士バッジや検事バッジは必ずリストの最初にあって、それが馴染んでたからあるべきものがない感じ。
これって一時的に検事バッジを失った御剣の空虚を体感。
システムとストーリーの有機的結合。
ゲームをやること、ゲームでストーリーを追うことの醍醐味ってこういうことだと思う。
否が応でも感情移入は高まろうというものです。
4話中編までやりました。
単に検事が主人公で悪人を有罪にしていくだけでは芸がないってんで、色々と敵役も工夫してるわけですが、弁護士と同じことをやるんじゃ今度は意味がない。
そこで御剣の検事としての適性を問題視する検事審議会の登場、でも揃いも揃って小物くさいもんで、あまり脅威という感じがしないんですよね。
これはわざとそうしているのか。
敵があまり悪目立ちすると、検事のままでいるか父と同じ弁護士に鞍替えするかというミツルギの苦悩がぼやけてしまうかも知れない。
ここらへんの匙加減って難しいんでしょうね。
ところで、ロジックチェスを面白いと思ったのは初めて。
やはりこれまでは制限時間等の制約が温すぎたんだな、その証拠にゲージの減りが早くなると緊迫感が生まれてきます。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/2/index.html

2016年12月23日 (金) 今日の鯨の囀り

・クーリ・スマスが今年もやって来る、って歌さ。クーリって延ばされてそこでいったん区切るもんだから、苦力(クーリー)を連想しちゃってなんか嫌なのって俺だけ?いや、もちろん俺だけだろうなw

・電気街口にトキワムセンがないと寂しいな

・@ 漫画でもドラマでもそうですが、一見さんに食いつかせなきゃならんジャンルと最初から最後まで体験してくれるジャンルの違いでもありますね。

・押忍!闘え応援団の「苦手なフレーズを捨てて得意なフレーズだけでゴリ押し」ではクリアできないっていうストイックな得点システムが大好きなんだけど、他の音ゲーでは採用されてないんだよね。親切さや間口の広さもいいけど、それだけが持て囃されているからなぁ。

・ずっと道民だから炬燵ないんだよね。一度もあったことがない。部屋全体を暖めるのが北海道流。部屋全体を暖めるのは水道の凍結を防ぐ意味でも効果的で、別に冬にアイスを食べたいからではないw

・地方だと誰かが歩いてるのを見たことがない歩道橋とかありすぎる。

・山手線って◯◯方面ってあっても東京の地理に不安内なこっちからするとどっちに乗っていいか分からんのよ。

・ビルの2Fに直結している歩道橋が、そのビルが閑古鳥であるため無用の長物と化している光景が普通な地方に住んでいると、ちゃんと機能している都心はすごいな、と。

・「反対ばかりしないで対案を示したらどうですか?」「対案だと?対案を示すということは問題や弊害の存在を認めるということ!そんな問題や弊害など存在しない!そうやって問題や弊害があることにして俺達を迫害しようと言うんだろう!騙されないぞ!うがあ!」って感じなんだろうなぁ…。

2016年12月23日 (金)

ポケモンサンムーン語りその6〜やり残しの適量

メレメレの花園のオドリドリのレベルの数字以上の嫌らしさとテンカラットヒルには梃子摺ったものの、メレメレ島「しまキング」のハラさんを倒し、やっと第2の島、アーカラ島に辿り着きました。
まぁ、島の玄関口、カンタイシティに着いてすぐにメレメレ島に逆戻りしたんですけどねw
イベントが起こって次の島に旅立つ主人公、その胸にはまだ見ぬ世界への憧れが!
にもかかわらずプレイヤーは「まだやること残ってるんだけど…」と思っている、というのはCRPGにはよくあることです。
そう、やること全部やっておかないと、また戻るのは嫌ですからね。
行ける場所は全て行ってゲットできるポケモンは2体ずつゲットしました。
もちろんお楽しみはネーミング。
バルチャイにはチャリメロ
チュリネにはミツハ
オドリドリにはトドメマリコ
ヤドンにはハングド
メレシーにはアバオアクー
ダンゴロにはヒペリオン
…だってダンゴロ見てたらヤマト2の主力戦艦を思い出しますよね?わたしだけ?
イワンコにはコッチャナイ
ワンリキーにはトリトラマン
相変わらずなるべく脱力系の名前をつけて楽しんでます。
ところで、テンカラットヒルのダンジョンの中に崩せない岩があります。
あと、島の一部が海からじゃないと行けない模様。
これは「用意されたやり残し」でしょう。
うん、定石通りに2つくらいです。
CRPGにおいては「やり残し」の適度な量が決まっていますよね。
あるマップをクリアして次のマップに行く時に、大抵はその時の能力や装備では行けない場所や開けられない宝箱などがあるものですが、それが多すぎると覚えきれなくて、後で回収のために戻ってきても「もしかしたらやり残しが他にもあるんじゃないか」と思ってしまって、下手したらゲームそのものへのモチベーションがなくなってしまう。
今じゃそこらへんの匙加減を間違えているCRPGは殆どなくなりました。
たまには、そういう定石を崩すCRPGが久しぶりにあってもいいのでは?と思わなくもありませんが、いざやるとなるとやっぱり嫌気が差すことと思うのです。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2016年12月22日 (木) 今日の鯨の囀り

・注ぎ足しカレーってのは新しく作ったカレーに前日の残りをスプーンかおたまに1杯分を足すだけだから1月前のカレーは1分子たりとも残っておらず衛生上の問題は全く生じない、って程度の自明の理すら理解できない人が多いことを知った時、放射脳を撲滅ずるのは不可能だと思い知った。

・情け無用ファイア!

・雨が降ってやがるw 北海道ならこの季節は雨なんか降らなくてサラ雪だから傘なんか要らないんだけどなあ。

・出たな!改札の中にトイレを設ける東京の駅!改札の外にトイレがあるから駅路用者以外もトイレを使える北海道を見習えと言いたいね。駅利用者以外に使わせないなんておもてなし日本の精神に欠けるんじゃないのお!?ギャハハ!

・20年ぶりに中野・高円寺に来たけど、ブロードウェイってアキバほど疲れないし集積されてていい感じだね。

・もしアルマーニがブランドとして下火になったら「今時、アルマーニでもあるまーに」という駄洒落が飛び交うのだろうなぁ…

・「金剛か。堂々として名前もいい!」

・何が正しいか正しくないかよりその波及効果の方が大事、というのは行き過ぎると傲慢以外の何者でもあるまいに。

・いや、面白いと思うよ?「おでんをツンツンされても俺達にビビって何も言えない店員のことを考えると笑える」「俺たちの嫌いな真面目くん達が怒る顔を想像するだけでウケる」そんな思考パターンなんでしょ。よくいるタイプの動物だし。

・@ 地下鉄はもちろん、バスやタクシーでさえゲーム進行に支障ない頻度で利用できるとなると、そこそこの規模の街じゃないと成立しませんね。

・リアル桃鉄もいいが、リアルスコットランドヤードとかもしあったら面白そう。既にやっててもおかしくないか。

・そもそも全ての専業主婦が自由を奪われ打ちひしがれ横暴な夫に耐えながら生きている悲しい思いをするのはいつもオンナという仮定がおかしい。そういう人「も」いるだろうし救われるべきだけど、そのためには全ての男を悪とする推定有罪にすべし、まで来るとおかしい。

・ベイマックスの地上波放送でも「感動もの」として推すんだね。

・これから上京するわけだが、この週末の東京は暑いらしいし、稚内用と東京用の2着の外套が必要なのは地味に嵩張る。

・3DSのセガアーカイブズ買わないとな。FINALと名前がついてからがむしろシリーズの始まりなんで、これからも末長く出してほしいw

・@ 3.8頭身のモナーはキモいというスレもありますしね。嘘です。ないです。やはり多くの先人が手がけてきた2頭身3頭身には一日の長が。

・かわいいは正義、って正義という名前の美少年の男の子に妖艶なお姉様がアッハーンウッフーンと言い寄ってきて「かわいいわ正義」と抱きついて正義くんの方は鼻血ドバー!とかそういうことですか?

・@ホビットもハーフリングもネルウィンも体とのバランスを考えて顔を作らないとチグハグなことになりますわな。

・@ デフォルメってセンスが要りますからね。描いたことのない人だと誰でも描けそうとか言いますが。

2016年12月22日 (木)

猫のお寺の知恩さん 第2巻

今回から知恩さんを気にしている年長の男、流石先生が登場しました。
兄が寺を継いだから教師になったけど本当は住職になりたくて仕方がない様子の今時、珍しい好男児。
跡継ぎのいない寺で家事一式を取り仕切ってる知恩さんのお相手にハマり過ぎるくらいハマってます。
年齢ははっきりしないけど、20台半ば〜後半として、19歳の知恩さんとだったらバランスも悪くない。
もし彼が本格的に恋のライバルになるとしたら、知恩さんを挟んで15歳の源ちゃんと流石先生に歳上と歳下から挟まれて、ますますめぞん一刻っぽくなってきますね。
それまで家事ばかりしていて女子力というか生活力の塊のような知恩さんが、源ちゃんの入学式に正装で来たら清楚な美人っぷりに周囲がどよめくあたり、音無響子さんがテニスクラブで明るい一面を見せたのを彷彿とさせますし。
因みにどよめいたのは劇中人物ばかりでなく、わたしもどよめきましたw
それにしてもやっと手に入りました。
そんなに凄い人気とも思わないんですが、予約も通販も利用せず店頭で見かけたら買おうと考えていたら、11/30の発売から今まで行きつけの数店の書店を回っても全く見かけない。
やはり確実に売れる分しか刷らない仕入れない並べないってことなんですかね。
ビッグコミックスピリッツの凋落をまざまざと体感させられてしまいました。

スピネットの該当ページ
http://spi-net.jp/weekly/comic067.html

2016年12月21日 (水) 今日の鯨の囀り

・@ 女の子同士の褒め言葉「カオちっちゃ〜い!」の限度を超えてますねw

・実は俺は「高卒や中卒でもちゃんと家庭を持って2〜3人の子供は持てるだけの収入が得られる職がある程度は潤沢に得られる社会を実現する」という前提付きで某議員の無理に大学に行かなくてもいい、という意見を一つの意見として認めてもいいと思ってるんだ。賛成するかは別として。

・どうしても迷信を信仰したいなら馬鹿にされるリスクくらい負えってだけのことだよ。

・!? 迷信を信じる馬鹿を馬鹿にすることと戦争犯罪にいったい何の関係が?

・@ アメコミ映画におけるトニースタークは例えれば永井豪ワールドにおけるデビルマンみたいになってますねw

・一回目の鑑賞時は水原哲の傍若無人さに腹が立ったが二回目の時は「断りきれないすずを半ば強引に嫁にした奴らの家に乗り込む」というストーリーが彼の脳内で出来上がっててそれが故の喧嘩腰半分だったのかなと。

・年金が貯蓄方式か世代間扶養方式かなんて無意味な議論で、年金を含めたあらゆる経済において貯蓄は貯蓄であるように見せかけるバーチャルリアリティじゃないですか。兌換通貨じゃなくて不換通貨なんだから。結局、我々みんながこの国を富ませていかなきゃならんだけのことだよね。

・マッツァリーノの反社会学で、金持ちのバカ息子やバカ娘が散財するのは社会の格差を縮める健全な行いだから嫉妬などせずむしろおだててもっと散財してもらおうってあったな。某衆議女史についてもその対応でよかろうて。

・「セブン」という映画があるね。大罪はたった7つだから映画1本に収まるんだ。さて「煩悩」という映画を作るとしてどのくらいの長さになるかw

・アレッポと聞く度に、塩野七生の十字軍物語の最終巻をまだ読んでないことを思い出す

・ハリポタにしろスターウォーズにしろ、本編のニュージェネレーションとスピンオフの同時進行されると、そのうち何処まで何を観たのか分からなくなってくるんだよな…。アメコミ映画がそうなってるように。

・RT こんな風に学歴欄を空欄にしてるくらいで、空欄にするということは何かあるにちがいないニヤニヤと邪推されるとなるとますますフェイスブックなんかやりたくないな。まーイヤラしいw

・カリカチュアという言葉を初めて知った頃にちょうどバイファムやってたもんだから未だに仮カチュアと連想

・@ わたしは1時間×2セットなんですが、確かに一気に観たいですもんね

・@ 防水DVDプレイヤーで入浴中に映画を見るようにすると捗りますよ。