Powered by Six Apart

« 2016年12月12日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年12月13日 (火) 今日の鯨の囀り »

2016年12月13日 (火)

カルドセプトリボルト語りその5〜ケルピーのタイミング

カルドセプトリボルト(3DS)
いつも通りブックはランダムで構築される「神の導き」一択。
まだ序盤ですからね。
カードの効果を覚える意味でも兎に角、色々なカードを使うことを覚えなあかんわけです。
そしたら引きました「ケルピー」。
ダイスの出目にかかわらず強制的に自分の領地に止まらせる水魔。
如何に自分のレベルの高い土地に相手を止まらせて通行料をふんだくるかが重要なこのゲームに於いては最も強力なクリーチャーの一つです。
なのに、この嫌な予感は何か。
ケルピーとオールドウィローは本来なら鉄板。
明白に攻<守だった最初のサターンのカルドセプトなんかでは勝負を一気に決めるクリーチャーとして猛威を振るったものだし、それ以降でも強いクリーチャーであることに変わりはなかったのに…。
まぁ、理由ははっきりしています。
だって、バトルアックスなりゴールドハンマーなりの+40の武器や、+20程度でも条件次第でダメージ1.5倍の強打が発動する武器が頻繁に使われる「リボルト」のバトルフィールド。
レベル2くらいの土地なら簡単に、レベル3の土地でもわりとあっさりと、アイテムで強化できない時に侵略されたら奪われることを繰り返してきたもんだから、むしろ半端な防御の頃には止まってほしくない気持ちがある。
だから一気にレベルをせめて3くらいまでは上げるキャッシュを用意してから配置しようと思ったのですが…。
やってみて気付いたんですが、今回の新ルール「ダウン状態」が足を引っ張るんですよね。
配置したばかりのクリーチャーや、レベル上げや地形変更などの命令を実行したクリーチャーは「ダウン状態」となり、全てのチェックポイントを通過することで「ダウン状態から回復」するまでは一切の命令を受け付けない。
こりゃマズい!
これまでのクリーチャーのいるマスを通過することで命令を与えられたシステムなら、ホーリーワード0で配置した次のターンにレベルを上げたり、そこまでしなくてもなんらかの方法でもう1回、通過してそう時を置かずレベル上げできたのに、それができなくなった!
レベル1の状態で「必ずそこに止まる」敵セプターから領地を守りきらなければレベルをあげることもできない。
何れも好戦的で武器カードも持ってるゾンクスとナイトホークから、手元の鎧カード3枚だけで領地を守りきれるか?
いやはや、こういう頭を悩ませるのがカルドセプトの醍醐味ですよね。
しかも、こういう時に限ってサイコロの出目が悪くてチェックポイントに辿り着けない、つまりケルピーがダウン状態から回復しない状態で、レベル1のままの領地が3回目の侵略を食らう危険性が出てきた。
どうする?
カードの引きも悪くて鎧はもう1枚しかないぞ。
仕方ないんでその前の別の戦闘でレベル2の土地を守るのを諦めてケルピーを優先、無事にレベル3に上げることができたのでした。
こういう読みが当たった時って、脳汁が出まくります。
…まぁ、その後、けっこうあっさりと奪われちゃったんですけどね。
というわけで、ダウン状態というルールはケルピーとオールドウィローの使い勝手を大きく損ねたのでありました。
バランスという意味ではいいことですけどね。
それにしても「人知れぬ私闘」でリセットするのもうこれで何回目なんだろ…。
ガンガン責めてくるキャラがとても恐ろしいのが、今作の特徴なんでしょうね。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34015913

カルドセプトリボルト語りその5〜ケルピーのタイミングを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。