Powered by Six Apart

« 2016年12月30日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年12月31日 (土) 今日の鯨の囀り »

2016年12月31日 (土)

2016映画ベスト3

今年はざっと数えて48本の映画を観ました。
以下がそのリスト。
劇場で観たものの他に、映画祭やDVDで借りて観た作品も今年劇場公開なり制作のものは含めています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー◯
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
この世界の片隅に(アニメ映画)◯
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
インフェルノ(映画
デスノート Light up the NEW world
聲の形(アニメ映画◯
スタートレックBEYOND
君の名は。(アニメ映画)◯
ハドソン川の奇跡◯
エヴェレスト 神々の山嶺
ジェイソン・ボーン
パディントン(CG映画)
アングリーバード(CG映画)
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント◯
ペット(CG映画)
スーサイド・スクワッド
ピンクとグレー(実写映画)◯
ジャングル・ブック◯
ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)
ゴーストバスターズ(2016)◯
シン・ゴジラ◯
X-MEN:アポカリプス
ファインディング・ドリー
ボルケニオンと機巧のマギアナ◯
ブルックリン◯
アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅
インディペンデンス・デイ:リサージェンス
殿、利息でござる!
アイアムアヒーロー(実写映画版)◯
貞子vs伽椰子
黒崎くんの言いなりになんてならない(実写映画)
デッドプール
スノーホワイト/氷の王国
暗殺教室〜卒業編〜
名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)
信長協奏曲(映画版)
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
マジカルガール
アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー
アンジェリカの微笑み
映画クレヨンしんちゃん〜爆睡!ユメミーワールド大突撃
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ズートピア◯
仮面ライダー1号
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
脱脱脱脱17
スターウォーズ フォースの覚醒

今年は稚内に転勤になって市内に映画館のある街は久しぶりということもあって、同館でかかっている映画は殆ど観たんですが、地方都市のミニシネコンってことでジャンルがメジャーどころに偏ってます。
それにしても激戦ですね。
正直、◯をつけた映画は、世が世なら誰もが立派な北斗神拳の伝承者として…じゃなかった、いつもの年ならベスト3に入っている映画です。

第3位 アイアムアヒーロー
血塗れゾンビアクション。
飄々と生きる役が得意な大泉洋が何時もとは正反対の生真面目で不器用な役を演じてるのがいい感じ。
邦画でここまで嘘っぽくないゾンビ表現ができるようになったのは素直に脱帽。
シン・ゴジがなかったら、この映像表現はもっと話題になっていた筈。

第2位 この世界の片隅に
今も記憶に鮮烈な泣けて笑える映画。
シルエットミラージュ(SS)じゃないけど「泣けるうちは元気」!
戦争だって日常だ。
いつだって人は生きていける。

第1位 シン・ゴジラ
この圧倒的な仮想現実は選ぶしかないでしょう。
表現力が、じゃない。
あらゆる人々の懸命なサマが、だ。
子供騙しと言われ続けたジャンルは、それへの報復のように現実を超えた現実を生み出すことがある。
これぞ結実だ!

てなわけで、邦画が豊作だった2016年。
これで種が撒かれれば、2017年はさらにすごいものが?
大いに期待ですね。
というわけでよいおとしを。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34023423

2016映画ベスト3を参照しているブログ:

コメント

ハリウッド2作は決まっているようですが、やはり国産でほしいですよね。
他の怪獣もガンガン復活するといいなぁ…

16年も沢山見ましたね。

確かに、シン・ゴジラは子供騙しとなったゴジラが、立ち直った気がします。
でも、この後の続編?新作?が大変そうですね。
期待して待ちましょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。