Powered by Six Apart

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016映画ベスト3

今年はざっと数えて48本の映画を観ました。
以下がそのリスト。
劇場で観たものの他に、映画祭やDVDで借りて観た作品も今年劇場公開なり制作のものは含めています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー◯
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
この世界の片隅に(アニメ映画)◯
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
インフェルノ(映画
デスノート Light up the NEW world
聲の形(アニメ映画◯
スタートレックBEYOND
君の名は。(アニメ映画)◯
ハドソン川の奇跡◯
エヴェレスト 神々の山嶺
ジェイソン・ボーン
パディントン(CG映画)
アングリーバード(CG映画)
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント◯
ペット(CG映画)
スーサイド・スクワッド
ピンクとグレー(実写映画)◯
ジャングル・ブック◯
ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)
ゴーストバスターズ(2016)◯
シン・ゴジラ◯
X-MEN:アポカリプス
ファインディング・ドリー
ボルケニオンと機巧のマギアナ◯
ブルックリン◯
アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅
インディペンデンス・デイ:リサージェンス
殿、利息でござる!
アイアムアヒーロー(実写映画版)◯
貞子vs伽椰子
黒崎くんの言いなりになんてならない(実写映画)
デッドプール
スノーホワイト/氷の王国
暗殺教室〜卒業編〜
名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)
信長協奏曲(映画版)
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
マジカルガール
アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー
アンジェリカの微笑み
映画クレヨンしんちゃん〜爆睡!ユメミーワールド大突撃
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ズートピア◯
仮面ライダー1号
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
脱脱脱脱17
スターウォーズ フォースの覚醒

今年は稚内に転勤になって市内に映画館のある街は久しぶりということもあって、同館でかかっている映画は殆ど観たんですが、地方都市のミニシネコンってことでジャンルがメジャーどころに偏ってます。
それにしても激戦ですね。
正直、◯をつけた映画は、世が世なら誰もが立派な北斗神拳の伝承者として…じゃなかった、いつもの年ならベスト3に入っている映画です。

第3位 アイアムアヒーロー
血塗れゾンビアクション。
飄々と生きる役が得意な大泉洋が何時もとは正反対の生真面目で不器用な役を演じてるのがいい感じ。
邦画でここまで嘘っぽくないゾンビ表現ができるようになったのは素直に脱帽。
シン・ゴジがなかったら、この映像表現はもっと話題になっていた筈。

第2位 この世界の片隅に
今も記憶に鮮烈な泣けて笑える映画。
シルエットミラージュ(SS)じゃないけど「泣けるうちは元気」!
戦争だって日常だ。
いつだって人は生きていける。

第1位 シン・ゴジラ
この圧倒的な仮想現実は選ぶしかないでしょう。
表現力が、じゃない。
あらゆる人々の懸命なサマが、だ。
子供騙しと言われ続けたジャンルは、それへの報復のように現実を超えた現実を生み出すことがある。
これぞ結実だ!

てなわけで、邦画が豊作だった2016年。
これで種が撒かれれば、2017年はさらにすごいものが?
大いに期待ですね。
というわけでよいおとしを。

2016年12月30日 (金) 今日の鯨の囀り

・@ 漫画だったら「まずお前が食べてみろ」と言えるのでせうが…

・@ つゆがないって全然だめじゃないですかw

・@ 今一歩の気が利かなかった感じですねw

・と言いつつ年越し蕎麦を一度も食べたことのない吉宗であった。じゃなかった。俺であった。

・年越し蕎麦が大晦日に食べるものって言うなら、年越し蕎麦なんて言うなよ。年越さないうち蕎麦と言え。

・男は家を出たら7人の敵…。俺は7本の矢が降ってくるって教えられたな。俺の生まれた室蘭だけかな。

・@うちだけかな?主語で囲って主語を修飾する目的語プラス主語でも囲って…。すごく理解しやすかったのですが。

・@ 英語教師から英文はまず複数種類の括弧で囲うことを教わりましたし、それと同じなのでは?

・@ただ英語も接頭語や接尾語は実質的な表意文字の役割を担っていると思うのです。…それを差し引いても日本語は難しいですけどねw

2016年12月30日 (金)

2016遊んだゲームベスト3

今年も色々なゲームを遊びました。
例によってつまみ食いが多くて、1回だけ遊んで後は放置みたいなのは省いてますが、それでもこれだけになりました。

ポケットモンスターアルファサファイア(3DS)
逆転裁判5(3DS)
ポケモンピクロス(3DS)
ファイナルファンタジーVII(PS)
ドラゴンクエストVII(3DS)
電撃文庫FIGHTING CLIMAX(PS3)
ジャッジメントシルバーソード(WS)
ああ無情、刹那(DS)
すれ違いガーデン(3DS)
すれ違いシューティング(3DS)
すれ違いフィッシング(3DS)
逆転裁判6(3DS)
逆転検事(DS)
逆転検事2(DS)
めがみめぐり(3DS)
ポケットモンスタームーン(3DS)
カルドセプトリボルト(3DS)
バンドブラザーズP(3DS)
サクッと!株トレーダー(3DS)
サクッと!スロットカー(3DS)
サクッと!勇者食堂(3DS)
サクッと!大砲忍者(3DS)
サクッと!探検隊(3DS)

うーん、3DS率が高い!
なんか生涯プレイ時間の2番目に長いゲーム機になっていそうです。
(※因みに1位はDS。だってラブプラス+だけでざっと2500時間を超えてるし)
やっぱりすれ違い通信が大きいよなぁ。
わたしは元々、自分が遊びたいゲームを遊ぶ人で、みんながやってるかどうかなんてどうでもいいんですが、通信機能を使ったゲームが主流になってくると、分母の大きさは魅力ですもんねぇ。
で、この中で、ベスト3ですが…。

3位 逆転裁判6(3DS)
それまで外伝には興味がなかったのに、続いて逆転検事、同2と遊び、これから大逆転やレイトンvsも遊ぶであろう原因となった「6」の熱中度は真実!裁判システムを「作る側」になって相手を一方的にハメる後味の悪さが「4」の欠点だったことをちゃんと分かってて、理不尽なシステムをシステムの枠内で食い破る快感を提供してくれてる。オドロキくんの育ての親も格好いい。

2位 カルドセプトリボルト(3DS)
単に攻撃側有利であるのみならず、使用コストのバランスもよくて一時たりとも気が抜けないストイックなゲーム展開。「一周」の考え方の練り直し、運転資金の枯渇が起こりにくいことも併せて安易な集中増資もセコい増資も死に繋がる。カルドセプトは生まれ変わった!「明るいキリコ」な主人公もよし。

1位 ポケットモンスタームーン(3DS)
南国舞台ってこと以上に開放感がある。カメラアングルの工夫で3Dと2Dの利点がミックスされたマップを歩くのが楽しいんだね。ポケモンと言えば育成なのは間違いないけど、より一般的なCRPGの楽しさと融合し寄り添っている。Zパワーのエレガントなポーズも癖になるし。

とは言えカルドセプトリボルトもポケモンムーンもまだ途中なんで、来年になったらコロッと手のひらを返してるかもw万に一つくらいの確率で。
来年はNintendoSwitchも出るし、今年同様いいゲームに巡りあいたいものです。

2016年12月29日 (木) 今日の鯨の囀り

・処◯膜って破るんじゃなくて削ぎ落とすんでしょ。正確な表現をするなら。誤解を招くような表現が正しい日本語として定着してる。まぁ、削ぎ落とすったらスプラッターな感じでイメージ悪いけどさw

・ポケモンムーン、めがみめぐり、カルドセプトリボルト、バンブラP、逆転検事2の並行プレイで忙しいわたしの目に飛び込んでくるセガアーカイブス3の楽しそうなツイート…。

・納豆のケースに残ったネバネバにご飯を入れて食うのも旨いが、こっちは何十年もやってないなぁ。

・板に残った蒲鉾を包丁で削ぎ落としながら食べるのが好きなんだが、板のない蒲鉾が増えてその楽しみが奪われている。

・日本語のパピプペポにはギャグっぽい響きがあって、アレッポという地名もなんか真面目な話題にそぐわなかったりするんだが、まぁそこは何とか眉間に皺を作りながら聞くわけだ

・まあ、蓮舫の「こんな日程をありがとう」は捻くれ者の俺なら親しい人相手なら言いそうな台詞でもあるw 党内の挨拶にあまり外部の人間がどうこう言うのもどうなんだろう。

・とは言え清水鉄平が自ら企業のネット工作の薄汚さを明かす本を書いたら俺は喜んで買って読むよ。犬に飼い主を裏切れというのはなかなか難しいと思うが、それしか元はちまの生きる道はないな。

・宝石の擬人化はトルコ石で積む。何度も言ってるけど。「異世界にトルコって国があるの?」という当然の疑問に答えられない。ターコイズと言い換えたって笑いものになるだけだし。

・オバマ政権8年と聞いて、そうか、ザ・松田の連載開始はもう8年前なのか、と。

・ブラック企業ばかりでなく、レッド企業やブルー企業もヤバそうだ。グリーン企業はホワイト企業と同じ側。イエロー企業はよく分からない。

・RT ホント、ショーもねーな。もし俺と同姓同名の犯罪者が出てきて、そのことで俺にアヤつけてくるボケがいたら、徹底的に叩いてやるけどな。場合によっては心に一生、深い傷を言わせるほどにだ。

・コミケ楽しそう。来年には行ってみたい気がするけど、特に欲しい同人誌もないんだよな…。

・ファウンデーションってTRPGになってそうだよな

・最終的な地震克服は高度なモジュール構造に行き着くのだろう。ファウンデーションの帝国首都星トランターのような。

・危ない、ラフコ社長!日本を褒めるとネトウヨにされてしまうぞw

・村下孝蔵も「初恋」で「鬱という字 書いてみては 沈んでたあの頃」と歌っている(800)。鬱とは初恋と同じくらい辛いものなのではないだらうか。とテキトーなことを言うw

・え?ネトウヨってチャイナに忠誠を誓わない人全員でしょ?

・俺が自宅ではストーブをガンガン炊くものだから、よその家にいくとたいてい寒いwよくみんな耐えられるな。

・そう言えば昨年末は帰省したにもかかわらず風邪で寝込んでた。

・ガードナーは高校の時に知って夢中で読み漁ったな。特に「スポーツの試合における「いい流れ」は統計学上、存在しない」は衝撃だった。

・@ え?ストライダー飛竜の武器がキット化される夢ですか?(違)

・今こそ「はちま奇行内部告発本」の出るべき時だ。ちゃんとカネを払って読むから誰ぞ書けや。

・#権力の手先は真実を見ようとしない というハッシュタグを作った奴が、どんなツラをして目を爛々と輝かせ鼻の穴を膨らませ得意満面で「正義」の心に燃え我こそは衆愚を目覚めさせるジャンヌダルクとばかりに思い上がっている様子を思い浮かべるだけで、その知将っぷりに失笑と反吐が止まらないw

・報復には限度というものがあって同じことをやり返していいとは限らない。特に当事者じゃない場合にはね。例えば娘を乱暴された父親が加害者の娘に同じことをしたら、そんな父親はクズでカスでゴミだよね?これに反論する奴は一人もいないと断言しよう。それを踏まえて加害者と被害者の関係を考えよう。

・ノーマルZパワーのエレガントなポーズのコツがやっと分かってきたぞ。斜めに広げる前に右膝を曲げるのが「溜め」でそこからバシッバシッと決まっていくんだね。よく考えられてるわ。格好いい。

2016年12月29日 (木)

ポケモンサンムーン語りその7〜セルジオとランス・カルザス

ポケモンムーン(3DS)。
現在、第2の島・アーカラ島の真ん中あたり。
まだ5番道路です。
ヨーテリーの名前はいつもはジョーですがジョーフィガとしました。
意味不明ですねw
ジョーヒガシだとマンマだし、だからジョーフィガシにしたかったのですが、それだと6文字に収まらない。仕方のないことです。
ププリンにはMs42ch。
まぁ、レポート見るなら42チャンですからね!
イーブイはEVってことでリーフィット
ドロバンコにはハリコノーマ
ヤングースとかツツケラとかアゴジムシとかメレメレ島から引き続き出ているポケモンもいるんで、ゲットしなきゃならん種類は少なめですが、イーブイの2匹目をゲットしようとして延々と粘ったこともあって結構な時間がかかってしまいました。
既にプレイ時間が28時間だもんな。30時間台でクリアしている人もいると聞きますから、如何に自分がスローペースか、ですね。
さて、サンムーンにおけるライバルキャラと思しきセルジオが出てきました。
もちろん楽勝の完勝です。
ポケモンのバトルシステムとバトル漫画に出てくるような二枚目のライバルってのは相性が悪い。
こういう時、わたしはラングリッサー(MD)に出てくるランス・カルザスを思い出します。
ランス・カルザスってのは敵の黒騎士で騎兵部隊を引き連れてるんですが、三竦みシステムで乱戦の中で如何に自分だけが有利な組み合わせを維持し続けるかが醍醐味である同ゲームにおいては、堂々と騎兵部隊「だけ」で攻めてくる彼は(槍兵>騎兵という力関係なんで)槍兵部隊の絶好のカモ。ただの1回の激突で10vs10の兵力が10vs0となる完勝なのでした。
ポケモンサンムーンにおけるセルジオも相性のいい攻撃をすればそれで終わりという点でまさにランス・カルザス。
エンカウントでは手に汗を握るバトルとなることも多いことを思うと、バトルシステムとストーリーには得意不得意や相性があることを意識してしまいますね。
…まぁ、わたしはブラックが初ポケモンのまだまだ青二才なんで、そのうち初期ポケモンをプレイして噂に聞く初期の強いジムリーダー達と戦ったら、印象も変わると思いますけど。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2016年12月28日 (水) 今日の鯨の囀り

・バイトって基本給ないよね?完全従量制だよね?てことは6時間労働×4人でも2時間労働×12人でもトータルコスト変わらないよね?休みを希望する学生バイトがいてもそこを埋めるバイトを雇えばいいんじゃないの?教えるコストは専門のコーチャー職を設ければいいよね?それが正社員の仕事だよね?

・なんでもかんでもステマステマうるさいはちまだったが、個人ブログのあくまで一消費者としての意見のふりをして企業サイトだったはちまこそがまさにステマサイトだったな。とっくに知ってたことだが。

・RT イヤイヤイヤイヤ! 「他にもやってるところがあるだろう」で特定違反企業への処分をやめさせなし崩し的に全ての企業への処分をやめさせようとしているんじゃないかと邪推してしまいますよ、こっちはw

・@ いい方向に働きました。普通ああいう二線級複数主人公の群像劇かつ本編のミッシングリンクってマニア向けでつまらなくなるのに、むしろ面白いんですからすごい。

・はちまに接触する奴は危印でいいだろう。

・@ 「デマをばら撒く風評加害者」あたりが言い訳をゆるさない正確な表現となりそうですね。長いですがw

・@ うーむ。風評の元となっている現象と風評の区別がついていない連中なのですね。自分達は絶対正義だから加害者であることは意地でも認められないといったところでしょうか。

・@ デマ屋という言い方では生温い。ちゃんと風評加害者と呼んであげるべきなのでは。最近そう思っています。

・ガソリーヌはブーメランを投げた。それがいつの日か彼女自身につきささる。もう与党の政治家が何かを秘書のせいにしても彼女は何も言えない。言えるわけがない。

・いや、従業員の給料を上げたがってる経営者は少なくないと思うよ。同業他社が上げずに自分だけ上げると不利だからできないでいるだけで。給与アップとそれに伴う価格転嫁に限ってカルテルを認めるというのはどうか。

2016年12月28日 (水)

バンブラPで「機動武闘伝GガンダムBGM」を弾く〜合奏用メモその24

バンドブラザーズP(3DS)で「機動武闘伝GガンダムBGM」(投稿者は「アリアス」さん)を弾いてみました。
こないだGガンダを初めて通して観たばっかりでテンション上がってますからね。
本来のBGM名が長いせいか単にBGMとなってますが、もちろん最も盛り上がる逆転勝利の時に流れるあれ「我が心 明鏡止水~されどこの掌は烈火の如く」です。
これは個人的に弾いて楽しいパートとそうでないパートをメモっておく合奏メモです。
8パートありますが、苦手なドラムは省いてあります。

凡例:
YBあり:YBYBなど、YとBの連続した組み合わせ部分がある。
ソロあり:ソロ演奏の見せ場がある。
スローあり:但し速いパートの骨休めのみ。
回転あり:十字キーあるいはボタンを順に回転させるように押す箇所がある。

ストリングス① 評価B 回転あり
4小節中3小節ブランク1小節2打鍵を繰り返すんでメリハリ効いて弾きやすいです。
簡単でそれなりに盛り上がります。
冒頭は難しいですけど。

ストリングス② 評価A
①とは打って変わって長押しの多い弦楽器パート。
伸び伸びと美しい音色
ピックベースの面白さも兼ねています。

ストリングス③ 評価A
要所要所で難しすぎない程度にトリッキーで楽しいです。
ストリングス3パートの中では一押しです。

ピックベース 評価A
ピックベースがこんなに楽しい曲はバンブラじゃ珍しいです。
隠れたオススメ。

トランペット 評価B ソロあり
出番が少なめなんで評価を下げたけど、ストリングスの合間に入ってくる感じなんで目立ちます。

トロンボーン 評価A
トランペット同様に出番が少なめですが、こっちの方が好きかな。
あと初心者向けです。

アルトサックス 評価A ソロあり
ソロ格好いい!
一押しです。

つまらないパートがないアップテンポな曲。
初心者にも優しい譜面です。

バンドブラザーズPの公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/anej/

2016年12月27日 (火) 今日の鯨の囀り

・ポケモンのマグニチュードという技名を見てるとグランディアのラップの「マグニチュードだ。オラ!」を思い出すんだ。

・買ってきたアイスを食べようとしたら腹痛というトンビに油揚げを食らっていたが、やっと回復してきた。

・ファウンデーションが漫画になってたとは知らなかった。

・村上隆はこないだの上京でブロードウェイのジンガロ横丁を見てからすごく親近感の湧く人になってしまったw

・佐川の荷物叩きつけ事件のニュースを聞いて、ドグラ・マグラのアンポンタン・ポカンくんが「脳はものを考えるところに有らず!」と叫んで脳を地面に叩きつけるパントマイムを行うシーンを思い出したのは俺だけ…だろうなぁw

・ゲートボールはむしろ老人コミュニティを崩壊に導くって言うしね。だから田舎町のスポーツセンターには使われないゲートボール場が多い。はっきり言って無駄。

・ローグワンって第一愚連隊ってことだよね。帝国を裏切った彼がそれを名乗った時、覚悟が決まったんだろうね。

・スターウォーズ「反逆者達」は面白かったけど、ラストがオチてなかった。ローグ・ワンは綺麗にオチてるね。

2016年12月27日 (火)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ハンマー・ヘッド・コルベットかっこいい!
衝角シップと思わせておいて突き破るのではなく叩きつけるためのハンマーヘッド。
それを実現させる強力な推進力。その説得力たる多連装エンジン。
この最大の見せ場たる、実際のところEP1〜3や7ではついぞ登場しなかった新たなフェイバリットメカが、主人公達どころかサブキャラですらない名もない兵士達の操艦に拠るものってのが、この映画の性格を表しているように思います。
ルークやソロ達のような時代の主役たる英雄ではない人々の草の根の抵抗運動を描いたスピンオフ。
故にジーン達だけではミッションを達成できず、様々な人達の活躍が「連鎖反応」を引き起こすことになります。
帝国はいつも恐怖による支配を企み、却って多くの反逆者を生むわけです。
とは言え綿密な計画どおりでは娯楽として意外性に欠けるので、臨機応変に対処しなければならない。
この繋がりが上手い。
よく考えると、これってどこかで感じたような感覚だぞ?そうだ!わらしべ長者だ!バケツリレーだ!となるのですが、そうは思いながらも引っ張られていくんですよね。
こういう複数主人公ものってダメになることが多いのに、よくもこうまで疾走感の溢れる楽しさにしてくれました。
EP7より好きかもしれません。

スタッフロール後エピソード なし

公式サイト
http://starwars.disney.co.jp/home.html

2016年12月26日 (月) 今日の鯨の囀り

・ポケモンはいいなぁ。嫌なことでも、1、2の…ポカン!で忘れられて。

・安易な廉売で自分の首を締めるピザ屋。ど根性がえるの梅さんが余り物の寿司の無料サービスを始めたらヒロシ達が調子に乗って高いネタばかり注文して…というエピソードで子供心にヒロシ達に嫌気が差したことを思い出す。

・@ ビリギャルいいですよ。ギャルであることも彼女の大切な一部で、ただのサクセスストーリーじゃないです。

・秋本治「ブラックティガー」やっと読めた。かきざき和美の「タルナ」を思い出すな。こういう強いねえちゃんとネズミ男の冒険譚って大好き。

・バンブラPで小白竜が配信されてる。

・@ 昔、もこちゃんてゆう京都弁のAV女優がいたってハナシ。前にしましたっけ?

・キュウレンジャーでもきっと乙女座は強い。乙女座が弱いと乙女座の男が「やっぱり男のくせに乙女なんて弱いよな」みたいに悪ガキの餌食になるから乙女座は強く描かざるを得ないんだね。

・人物重視の人間が他者の人物を見抜く目を持っているわけじゃないし、実力主義の人間が他者の実力を見抜く目を持っているわけじゃない。そんなのまわりの人物重視や実力主義を唱える奴を見てりゃ分かるでしょw

・ガス会社のチラシが入ってて、風呂釜の水抜きは「毎晩」行うようにと書いてあった。さすが稚内だ。でも毎晩、入浴すれば、それでいいような気がする。

・オスプレイ反対なんてまともに相手にする価値ないって。全ての軍用ヘリ反対というなら、初めて議論のテーブルに着けるけど。ヘリの一種にすぎないオスプレイだけ俎上に乗せるならその理由が明確じゃないとね。単なる機種交換だろうが。

・チャイナは秩序が嫌いなのか?平和が嫌いなのか?列強から勝手な秩序を押しつけられたという認識なのだろう。しかし秩序は秩序だ。殴って欲しいものを手に入れてからその状態を秩序としたい、それだって秩序だろ、という考えもあろう。だが、それはもうゆるされないんだよ。

・トランプに対抗?いや、そのトランプのやってることがチャイナへの対抗なんだが。主語と目的語を逆にしちゃいかんよ。そもそもチャイナが他人のものを欲しがらなきゃ何も問題は起きないのに自覚ないのかね。戦争ができる国兼戦争をしたがってる国なのではないかと邪推してしまうよ。

・感情的な放射脳が冷静に対応してくれてる相手に向かって貴方は感情的だと罵り、対話を打ち切った後のツイートでキレられたと自己正当化してるのを朝から見せられてウンザリ。自分の意見に反対する者は「感情的」で「キレて」いるとは随分と都合のいい甘えきった社会性の持ち主である。これぞ放射脳だな