Powered by Six Apart

« 2016年11月17日 (木) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年11月18日 (金) 今日の鯨の囀り »

2016年11月18日 (金)

ファイアードレイクは雷属性であるべきだ

カルドセプトリボルト(3DS)、少しずつプレイ中。
先ほどファイアードレイクというカードを入手した。
コスト80のST30HP40と低めだが、STは炎領地の数ごとに5が加算されるから、炎属性のクリーチャーで固めたデッキで同属性の領地を次々と連鎖させる戦略との相性はとてもよさそうだ。
それにしてもファイアードレイク。
TRPG黎明期のモンスターマニュアルに載ったこともあり、実に多くのCRPGに登場するモンスターだ。
しかし…これを火の属性に入れるのってなんか抵抗があるんだよね。
だって前述のモンスターマニュアルにちゃんと書いてある。
木の小屋に雷が落ちてすっかり燃えてしまうことがある。その燃え盛る炎の中の燃えるような姿の竜がファイアードレイクである(虚覚)、と。
てことは姿が炎のようなだけでファイアードレイクって雷の精霊なんじゃないの?
炎の中にいるのは落雷の結果の火事故であってさ。
カルドセプトには雷属性はないから風属性となるけど、風属性にはサンダービークとかもいるわけだし。
俺がこの解釈を気に入っているのは、ファイアーという形容詞がつきながら雷属性というのが面白いからだ。
ファイアーなのに雷だなんておかしいだろ、というツッコミは当然に入るだろう。
しかし、そのツッコミに俺は内心で叫ぶ。まさにそれだ!と。
だって現実世界でも本来の用法からするとおかしい言葉なんてたくさんある。
何故なら言葉には冗長性があるからだ。
ゲームなり漫画なりの劇中世界にも現実世界同様の「いい意味でいいかげんな(これが「冗長性」)」言葉があったほうがよりリアル、迫真というものじゃないか。
RPGとは空想世界に耽溺するゲームだ。
キッチリした設定は素晴らしいし俺も大好きだが、そのキッチリにはいいかげんさをキッチリ設定することも含まれるべきではないか。
その突破口、橋頭堡たり得るからこそ、俺はファイアードレイクを雷属性と考えたいのだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34003933

ファイアードレイクは雷属性であるべきだを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。