Powered by Six Apart

« 2016年11月25日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年11月26日 (土) 今日の鯨の囀り »

2016年11月26日 (土)

ポケモンサンムーン語りその1〜ヤクソウとやくそうの法則、敗れる

ポケモンムーン(3DS)を始めて、ちょっとだけ集中的にやりました。
逆転検事2(DS)、カルドセプトリボルト(3DS)、バンドブラザーズP(3DS)、ポケモンムーン(3DS)を並行してプレイするにせよ、ある程度まで進めて序盤の一本道進行から抜け出さないと、わけがわからなくなってしまいますからね。
南国の明るい開放的なイメージが漂っていていい雰囲気ですね。
取り敢えずリリィ村の祭りまでは進みました。
さて、ククイ博士からもらう最初のポケモンは単純に外見で水属性のアシマリにして、お楽しみのネーミングということでつけた名前はルドルフィー。
赤い鞠状の鼻がトナカイのルドルフっぽかったから。
海豚のポケモンだったらルドルフィンにしたところですが、アシマリは残念ながらアシカポケモン。
知ったこっちゃねえやルドルフィンにしようとも思いましたが、悩んだ末にちょっとだけ変えてみたわけです。
TRPGやってた頃の癖が抜けないのかキャラメイクっぽいこと、ポケモンで言えばゲットしたポケモンに名前をつけるのは凄く好き。
ここまでで4種類のポケモンをゲットしましたが、
レディバにはタックルトン
キャタピーにはムーゲント
ツツケラにはペッカード
ヤングースにはヴァカウケ
などとつけました。
どれも駄洒落とか連想です、特に説明は要りませんよね?
で、サンムーンからちょっと試してみたことが。
これまで交換に出していいポケモンと手元においておきたいポケモンの区別がつきづらかった。
ボックスを分けても久しぶりのプレイだと忘れてるし、メモなんて紛失しちゃいますからね。
そこで一計。
自分用ポケモンには片仮名で、交換用ポケモンには平仮名で名前をつければいいじゃないか!
そういうわけで今、手元には
タックルトンとたっくるとんがいるし、
ムーゲントとむーげんとがいるし、
ペッカードとぺっかーどがいるのでした。
しかし、ここで思わぬ落とし穴が。
このゲームのテキスト入力の仕様では、ひらがなの「う」に濁点がつけられないんですね。
「ゔ」は使えない。
前作以前からそうだったのかも知れませんが、今になって気付きました。
そういうわけで2匹目のヤングースは「ばかうけ」になってしまったんですが、これじゃ面白みがないよなぁ…。
インドラの光(FC)で「やくそう」は回復用「ヤクソウ」は毒だったことからヤクソウ方式と名付けたこのポケモンネーム管理方法、ちょっとした欠点があったようです。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34008669

ポケモンサンムーン語りその1〜ヤクソウとやくそうの法則、敗れるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。