Powered by Six Apart

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

バンブラPで「サクラ大戦3」主題歌「御旗のもとに」を弾く〜合奏用メモその21

バンドブラザーズP(3DS)でサクラ大戦3(DC)の主題歌「御旗のもとに」(投稿者は「こいちゃ」さん)を弾いてみました。
CGとアニメの融合の先駆けとも言うべき美麗なOPは作品世界への見事な導入となっていました。
これは個人的に弾いて楽しいパートとそうでないパートをメモっておく合奏メモです。
10パートありますが、苦手なガクダンセットは省いてあります。

凡例:
YBあり:YBYBなど、YとBの連続した組み合わせ部分がある。
冒頭サビor前奏:冒頭に十分な長さのサビか前奏がある。
ソロあり:ソロ演奏の見せ場がある。
スローあり:但し速いパートの骨休めのみ。
回転あり:十字キーあるいはボタンを順に回転させるように押す箇所がある。

アルトサックス 評価A 回転あり
何処となく寂しげなアルトサックスの音色。
アップテンポな曲の主旋律がこれであることで、じっくりと聴かせる曲になってますよね。

ストリングス① 評価A 前奏 回転あり ソロあり
出番が来ないな、と思ってたらいきなり回転が来るんで注意。
間奏の主役期間が長くて、ここが気持ちいい。
連弾についていけなくてもそれ以外の箇所で十分に満足!

ブラス① 評価A 前奏 回転あり
前奏というか印象的な出だしの担当。
失敗すると恥ずかしいw
要所要所の印象的なフレーズを担当し、最後のシャノワールの猫の指差しから光武F煽りアングルのシメまで演れて大満足です。

ブラス② 評価B 前奏
ブラス①同様に出だしが気持ちいい。
比べるとおとなしめなんで、気分で好きな方を。

ストリングス② 評価A 前奏
出突っ張りで楽しい。
連打あり長押しありでバラエティに富んでます。

ホルン 評価A 前奏 ソロあり
間奏主体でメリハリが効いてます。
特に2連打+3打目長押しが続くあたりのソロが気持ちいいかな。

フルート 評価C 前奏 回転あり
ある程度までは回転でフォローできるけど、基本的にムズいです。

ストリングス③ 評価B 前奏 回転あり
素直に弾けるんで星の数よりさらに簡単。
ちょっと面白みに欠けるかな。

アコーディオン 評価A ソロあり 回転あり
1番の最後「正義を讃える」が終わる頃になってやっと出番が。
出番は少なめなんだけど…。
ソロあり、というかソロしかない。
出番の全てが見せ場なんで、練習し甲斐あります。

バンドブラザーズPの公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/anej/

2016年11月24日 (木) 今日の鯨の囀り

・多様性は認めたいし受け容れたい方なんだけど、中には絶対に嫌な風習や考え方もあるわけでね。例えば日本国内で一件でも名誉殺人が行われたら一気に反イスラムになっちゃうかもしれん。

・性病予防を呼びかけるなら島耕作より右曲がりのダンディの方がいいなぁ、と思ったが、もうかなり昔の漫画になっちゃったもんなぁ。

・ガメラ小さな勇者たちを観てるが、ガメラがゼンゼン出てこないでなんだか腹が立ってきた。

・カッコーと鳴くから郭公という例もあるのだし、ポケモンだって鳴き声から名付けられてることが多いんじゃないの?

・ううむ。大学教授の中には先生と呼ばれないと怒る人がいるのか。作家や漫画家には逆に先生と呼ばれると怒る人がいるが。この違いは何?

・@ あと、スーパーポケモンスクランブルも。ゲットしたポケモンが手元に飛び出してきて乱戦の中でも判別が容易なのは、ゲーム性と結びついた立体視の好例です。

・或いはピカレスクロマン(犯罪者が主人公の小説)のようにミクロマン(ミクが主人公の小説)なのかも

・えっ?ミクロマンって、初音ミクにロマンを感じる人のことでしょ?(800)

・ああ!都民は分かってない人がいるんだな。ボンネットの上の雪を落とさないで走ってると、ちょっとした下り坂でもフロントガラスに滑り落ちてきて視界を奪われるぞ! 前に対向車がやらかして肝を冷やしたもの。

・「窮地に立たされたガンダムの運命は!」のチープ感がジオンが連邦市民に降伏を迫る宣伝放送っぽくてよいw

・@ 率先して金を渡したなら、無理に奪われるより数倍まずいでしょうにねえ…。

2016年11月24日 (木)

魚の性転換を擬人化漫画に採り入れよう!

魚の性転換の本を読んでて、まぁなかなか面白かったんだけど、性転換というより性の違いも魚のようにシンプルな生き物にとっては成長の過程の一段階に過ぎないってだけなんじゃないの?と考えたらロマンが跡形もなく消え失せちゃって、結局、人間の事情とか環境を動植物に投影するからこそのロマンなのであって、各種族にしてみたら当たり前の成長戦略に過ぎないんだろう。
それはいいとして、魚の性転換を反映した擬人化漫画ってなかなかないよなぁ、と思う。
例えば基本的に全てメスだが群れで最も体の大きいメスがオスに性転換して繁殖する、そのオスが死んだら次に大きなメスがオスになって…というベラという魚がいる。
これを擬人化すると、清らかな乙女ばかりが集まるミッション系女学院の女子寮で度を越した友情を育む2人の乙女ギョーナとウオナが女子寮で唯一の男フィシュエルに害意を抱く、「ギョーナお姉様。あのフィシュエルさえいなくなればお姉様が次の男になってわたしたちは結ばれるのよ」「ウオナ!そんな恐ろしいことを考えてはいけない」みたいな泥々の愛憎劇が生まれる。
オスになると派手な外見になる性質も反映させれば、地味な服装だったギョーナが男になった途端、校則でゆるされた派手な服装になり、他の女生徒にも好かれるようになり、やがて嫉妬に狂ったウオナは…みたいにますます泥々の俺好みの展開に。
絶対に面白いと思うんだけどなぁ…。

2016年11月23日 (水) 今日の鯨の囀り

・氷点下10度か。道理で寒いと思った。

・呉には呉呉服店があるのだらうか?

・なんだ。モンハンの実写映画、ロケ地を探すのが面倒くさいから現代を舞台にするのかw

・実際に蓮舫の旦那がペット以下かどうかは犬が誰の命令をきくかで容易に判断できる。犬は家長を見分けるからね。

・ココナッツサブレの小分け包装以上に嫌なのは小枝の小分け。めんどくせーw

・3Dで修正しきれないほどのバグを抱えてしまったら絵師さんに大量に一枚絵を発注して2Dゲームとして作り直すというのも一つの方法かもな。

・ファイファン15のバグって3D関連だけなんでしょ?ストーリーもシステムもそのままで2D版を出せばストレスなく遊べるんじゃないかな。これまでの10年を思えばほとんどないような手間で出せる。

・@ Ⅵまではローマ数字でもまだいいんだけど、Ⅶ以降は視認性に問題が出てきますからね。

・犯人はヤス、に形だけでも苦言を呈するべきだったんだよ。ネタバレをゆるさないゲーム業界、という空気を醸成することを何十年も怠ってきた。

・サターン版シェンムーの開発中素材を上手く繋ぎ合わせたミニアドベンチャーみたいなのサターン25周年くらいに出してくれたら大喜びで買うんだけどな。

・来年の旅行は岩手の鍾乳洞にしようと思ってたが呉を優先することになりそうだ。

・設定温度を26度にしてガンガン焚いてるのにストーブから離れると肌寒いという。

・RT そう言えば札幌で歩いてて「なんでこんなところにキャバクラが?」と思ったらヘアサロンだったってこともあったな。看板のセンスが色といいレイアウトといい完全に指名できる女の子の列挙でw

・RT これ本当にそう思う。そもそも鉄華団の少年達の境遇が悲惨でそこから抜け出す方法がないからこその危ない綱渡り稼業なんだろうに、自由に辞めて地球で働かせてくれてしかもネクタイ締めるような仕事?脚本が仏心を出しちゃったのがこっちに伝わってきてリアリティの中にいきなりメタがって感じ

・安いプリンのラインナップを減らしていって高付加価値にシフト。それだけのことに批判の声殺到のヤフコメにウンザリ。なんて傲慢な。みんなが労働に見合った報酬を得られる社会のほうが回り回って自分も幸せになるだろうに。

2016年11月23日 (水)

逆転検事2(DS)第3話「受け継がれし逆転」前編

いやーかかったかかった。
カルドセプトリボルトとポケモンムーンを始めたものだからこっちに割く時間がなかなかなくて、この前編だけで2週間くらいかかってます。
ただ、かなりの充実感がありました。
もともと意外なキャラの登場が売りの一つとなっている逆転検事ですが、今回の過去編での客演はサプライズという点でこれまでで最高かも知れません。
ただ…できればこのまま中編と後編に進みたいほどどのキャラクターにも愛着が湧いてたんですが、中編では過去編たる前編では明かされなかった謎を明かすということでまた現代に。
こうなってくると前編自体がサンドラの冒険というかクエストオブカイというか(どっちもやってないけどw)、そりゃあ結末はある程度、想像がついちゃいたけど、なんか納得がいきません。
スターウォーズのEP1からEP3もそうですが、絶対にハッピーエンドにならないことが分かってる過去編ってただでさえ難しいし、それが自分で操作するゲームとなると尚更なんですよね。
それはそうとダンスをしながらスイーツ(笑)を作るダンスイーツですが、らんま1/2に出てくるライバル達が使う架空の格闘なんとかみたいで、なんか懐かしかったです。
スペチャンの敵にもいそうな感じですw

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/2/index.html

2016年11月22日 (火) 今日の鯨の囀り

・@ 四辺のうち二辺が並行なら台形。つまり平行四辺形も長方形も正方形も台形の一種なんですよ。

・俺だったら、平行四辺形を描けと言われて長方形を描いて不正解にされたら素直に引き下がるけど、台形を描けと言われて平行四辺形のなり損ないを描いて不正解にされたらトコトンまで噛みつくだろうな。

・RT もっと言うと台形を描けと言われて正方形を書いても間違いじゃないんだよね。

・最初はローレシアの王子だけだったのがトンヌラやサマンサが加わるとモンスターに一度も攻撃されないまま一方的に殲滅できる可能性が高まる。これが集団的自衛権の有用性なんだね。

・明日はハリポタ観に行くけど、ここんとこの傑作アニメ映画3連発でボルテージ上がりまくってるんで、相当のレベルじゃないと物足りなく感じそうで…

・@ ああ、懐かしいですね…。文庫本サイズで廉価のTRPG関連がたくさん出てて、イチバンTRPGに勢いがあった頃だと思います。

・RT ミサイルを撃ち尽くして戻ってきたズサ隊に「ビームサーベルで戦え」(不正確)と言い放ったマシュマーも戦友会には呼ばれなかったことでしょう…って死んでたかw

・いつか結婚することがあったら「発泡酒にNOと言える既婚者の会」を立ち上げようと思っていたが、酒税統一により意味のないものになるだろう。

・第三のビール廃止か。いいことだ。税制の網を潜る為だけにわざわざ不味い物を作る。俺は気楽な独身生活だから拒否できたが全国のお父さん達が家族の為、家計の為と血の涙を流しながら飲まされてきたことを思うと他人事ながら憤りを禁じ得ない。

・呉はすごくたくさんの映画の舞台になってるだろうから、呉に行く前に観ておきたい映画とか言い出したらキリがないだろうなあ。

・11月88日はいいハッハッハの日。ハッハッハッハッハ!

・「フッフッフッ…」「なんだその漫画みたいな笑い方は」「今日は11月22日」「…だから?」「いいフッフッフの日なのだよ」「…」「フッフッフッフッフ…」

・呉や広島には前から行きたいと思っていたが、近いうちに行ってみようかな。

・アニメのMONSTERでテンマに2発目を撃たれたロベルトが後ろに吹っ飛ぶのヘンだよな。あそこは後ずさりながらよろめいて自らの体重で既に燃え上がってもろくなっていた手すりごと落下するのが正解では?

・スーパーの駐車場の凍結路面を歩いていて自動車とすれ違う時って、もし俺がここで滑って転んでクルマの前に倒れたら、と最悪の想像をしちゃうんだよな。もちろんそんなことは一度もなかったけど、それでも。道外に住んだことがない俺だけど、凍結路面は怖い。

・マッタクだ。看護婦ものAVは最後までナースキャップをかぶっているべきだ。

・男をATM扱いする風潮があると聞くが、あれはミサイルであって徹甲弾ではないということを理解しているのだろうか?格好つけて近代兵器に翻案することなく、伝統的なファリックシンボルたる剣や槍に喩えていただきたいものだ、とわたしは強く思うのだ。

・カビゴンとダイビングビートルは似ている。

・日本舞踊ってお金のかかる趣味なのか。中学生日記で団地住まいの大人しい男子の将来の夢が日舞関連だったの覚えてるけど、無理のある設定だったってことかな。

・グッスマオンライン。さっきから何度も試してるのにショッピングカート画面に行くアイコンが表示されない。どうなってんのよ。

・碧志摩メグのPRアニメは素潜りの一部始終を、実写ではなかなかカメラが追いきれず照明の問題もあり分かりやすくならないところを、アニメーションならではの写実性を以って描いてくれるものだといいな。アニメはジャンルに非ず表現の一つに過ぎないという理想を1つ1つ積み上げる一石になってほしい

・NewHorizenの登場人物が大人になった設定の英語教科書ってあるんだな。 前にネットで見たような気もするが、実物を見て改めて衝撃を。そして前の時と同じことを思った。俺が使ってたのはNewPrinceだからタローエレンが大人になってイチャイチャしてるのあったら買うのになぁ、と

・figmaの天使像ってドクターフーの天使に流用できそうな。

2016年11月22日 (火)

プラックソード

カルドセプトリボルト(3DS)。
ついさっきも白旗を上げてしまったのでなかなか先に進みません。
現在、クエスト3「街の漂流者」を構成する全13ステージのうち6つまでクリア。
なまじ白旗を上げられるものだから、ちょっとレベル4くらいの土地に止まっちゃうと、つい簡単に撤退しちゃいます。
それでは強くなれないような気もするんですが、まぁ対CPU戦ならそれでもいいか。
さて「プラックソード」。
なんですかね、この元ネタが即座に分かるネーミングはw
使ったら敵に反撃されてコリコリ弾力ある頸動脈でも触られそうな縁起の悪い名前ですが、レア度Nのクリーチャーが使えば強打になるという軽めのデッキには特に相性がいい武器です。
ちょっと強力すぎる気はしますけどね。
強打の条件がこれだけ緩くてロングソードより強いST+40もの威力はちょっと。
英語音声ではsword of pluckと言っててpluckで体言止めされてるのも「PLUCK(勇気を)!」とプレイヤーに言わせたいがためにも思えます。
…いや、英語だとそうなるのは分かってますけどw
ラックアンド〜という接頭語がつかなかったのは(もちろん文字数の問題はあろうが)微妙なニセモノ感を出すためのもので、ストームコーザーなんかと同じなのでしょう。
カルドセプトはTRPGの空気をかなり色濃く受け継いでいるゲームだと思いますが、その空気の中にはこういうパロディてんこ盛りのノリも含まれているんだよな、と考えるのです。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

2016年11月21日 (月) 今日の鯨の囀り

・サンのカードは売り切れ。ムーンは人気がないみたい。まぁ見るからにサンの方がパッケージかっこういいもんな。

・@ 本来なら大手メーカーや、他にもゲーム雑誌なんかは、ああいうゲーム系迷惑サイトを批判する役割の筈ですよね。

・「この世界の片隅に」は泣けて元気になる映画だよなぁ、と考えてたらサターンのアクションゲーム「シルエットミラージュ」のOPテーマ「泣けるうちは元気」を思い出したよ。

・RPGツクールプレイヤーとポケモンムーンを立て続けにダウンロードしたらそりゃあ途中でバッテリー切れるわなw

・@ 但し悪徳イケメンホストが家出中学生を食っちゃうのはロ◯コンではありませんw イケメン様はロ◯コンではないのですw

・オリジンのキシリアのお色気は虹色のトロツキーにおける川島芳子の描写と似ていることで、キシリアに川島芳子的背景を匂わせている、という効果があるのでは?別に読者サービスじゃない。

・人格に問題のあるクリエイターを見ると逆にこの人の作る作品のよい部分を見つけることで作者と作品を分けて考える柔軟性のトレーニングとしようと闘志が湧く俺みたいなのは少数派なんだろうなw ある意味、歪んでる自覚はあるw

2016年11月21日 (月)

この世界の片隅に(アニメ映画)

戦争中でも日常はある。
しかもその日常は別に暗くない。
人間はどんな状況でも何か楽しいことを見つけて明るく笑って生きることができる。
涙と元気が同時に湧いてくる、泣けるハッピーな映画だ。
これまでの戦前戦中戦後を描いた作品では人々は一様に暗い顔をして溜息をつきながら生きていて奴隷のように打ちひしがれていたという描写が多かったが、それが如何に一面的なものの見方だったのかがよく分かる。
色々な証言や本からそのことは分かっていたのだが、こうして映像になると説得力がいや増す。
すずを演じる能年玲奈(のんと改名)の演技は素晴らしかった。
ある出来事で強くなりたいと誓う彼女だが、困ったねぇ、といいながらのんびりとした笑顔でそれを乗り切るすずの姿は十分に強い。
ボーッとした声の印象がだんだんと変わっていき、その芯の強さが伝わってくるようになる、その過程はぞくぞくするような快感だ。
ドルトン・トランボが赤狩りで干されてそれでも匿名でアカデミー脚本賞を獲った時に
「彼の名前を奪うことはできても才能を奪うことはできなかった」
と誰かが言ったそうだが、まさに能年玲奈の名前を奪うことはできても才能を奪うことはできなかったわけだ。
意図的にパターンを崩しているところもあって、戦争ものではこういうキャラは生きる死ぬどういう目に遭うという類型が必ずしも通用しない。
そのことで真剣な物語づくりの姿勢が何時しか観劇するこちらの居住まいを正させ、各人物についてこの人に生きていてほしい死んでほしくないという気持ちが湧き上がってくるのも素晴らしい。
劇場で聞こえたすすり泣く声も、それが故であろう。
だが、涙とは次に笑うためのもの。
実に読後感のよい映画であった。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://konosekai.jp/

2016年11月20日 (日) 今日の鯨の囀り

・実家でおふくろが相棒の再放送を観ててカイトくんが出てたんで「あ、ダークナイトだw 悪い人だw」と軽口を叩いたが、どうやらおふくろはダークナイトの件を忘れていたようだ。悪いこと言っちゃったな。

・MONSTERのリヒャルトは安物の国産ウィスキーは飲まないという人だった。同様にもし俺の死体の横に発泡酒の缶があったら「児斗玉文章(仮名)が発泡酒を飲む筈がない。これは殺人だ!」と推理していただきたいw

・紋別市渚滑町の老婆殺し、やっと曽孫が犯人として捕まったんだな。去年の今頃は紋別に泊りがけの出張する時にただでさえバイオマス発電所工事で宿が不足気味だったのが大量の捜査員の投入で周辺の市町村に至るまで全く宿がなくて困ったものだが、やっと平常に戻るのだね。