Powered by Six Apart

« 2016年10月26日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 平成28年10月27日 (木) 今日の鯨の囀り »

2016年10月27日 (木)

逆転検事2(DS)第1話「逆転の標的」後編

いやはや、前編を解いた段階で書いたテキストが後編までクリアして振り返ると完全に的外れってのは今に始まった話じゃないけど、まさか複数あるとはw
まぁ、それだけ上手くプレイヤーを騙してくれてるってことなのか。
それはそうと、ロジックチェス。
失敗時のペナルティがすごく小さいからトライアンドエラー前提で難易度が高めなのがいい感じ。
チェスには知的なイメージがある。
このゲームに限らず論理的思考を旨とする知性派キャラにはチェスを嗜む趣味が設定されていることが多い。
囲碁や将棋は必ずしもそうではないというのに。
これはそこらの普通のおじさんがあちこちで指しているか否かの違いだろう。
逆にチェスのお膝元、例えばロシアなどでは、チェスイコール知的エリートなんてイメージはなかろう。
で、思うんだが、海外ではどうなるんだろうか?
現在、逆転検事2の海外移植は行われていない。
だが、本編である逆転裁判シリーズは移植に当たって、舞台をアメリカに移し、証拠品等のアメリカナイズが成されていると聞く。
ならば、もし検事2が海外移植される時は、ロジックチェスが例えばロジックショーギに差し変わったとしても不思議はない。
御剣の繰り出す飛車が容疑者や参考人の王将を討ち取る、そんな演出になるのではないだろうか。
…そうなると、今度は逆にわれわれが違和感を感じることになるんだろうがw

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/2/index.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33974665

逆転検事2(DS)第1話「逆転の標的」後編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。