Powered by Six Apart

« 聲の形(アニメ映画 | メイン | 逆転検事2(DS)第1話「逆転の標的」後編 »

2016年10月27日 (木)

2016年10月26日 (水) 今日の鯨の囀り

・@今のフィリピンに観光で行って荷物に白い粉でも入れられたら、そこらの主婦に問答無用で銃撃されそうですもんね。怖い怖い。

・ハロってマスコットキャラとしてそんなに人気もなかったのに、なんで延々とのちのガンダムで出し続けたんだろうね。

・悪徳商法の会社に悪徳とはなんだ!と抗議されたら悪質商法に名前を変えてしまうクレーマーに弱い日本社会だぜ? 電車の化粧CMへのクレームにも屈して当たり前。

・PCエンジンのレディーソードという18禁ダンジョンCRPGは、シナリオが説教くさくてムナクソ悪くて、俺はこんなゲーム本当は作りたくないんだという叫びが伝わってきて、クリアしてかなり嫌な気分にさせられたのを覚えてる。

・要するに原作漫画が大人気みたいに既に評価の固まっている企画にしかゴーサインを出せない能無しがぜーんぶ悪いんでしょw

・シンディー・ローパーの名を初めて聞いた時にはドルアーガのウネウネを思い出したし、今でもだ。誰もがそうではないだらうか?

・RT 多数決は横暴かもしれないが、少数決はさらに比べ物にならないくらい横暴ということですねw

・もし俺が漫画家だったら、原作のコマと同じカットは1つも使わないことを条件にアニメ化を許諾したいくらい。

・そもそも最も相性がいいと思われる漫画のアニメ化でさえ文法はかなり違う。漫画はその構造上、全てのキャラが饒舌にならざるを得ない。だがアニメではそんなに喋る必要はないんだよ。ましてや実写ではなおさらだ。

・RT 実際、男が弱くなった、というのは肉体的な暴力は法で縛れるが精神的な暴力は野放しで振るい放題だから、精神的な暴力で男を凌駕する女が相対的に強くなっただけ、という現実がある。言葉は十分に暴力なのだよ。

・ローンチにerをつけるとランチャーになるんだから面白い。

・任天堂はなまじゲーム機の特性を生かしたヒット作を「作れてしまう」から、サードがその後追いばかりになってしまう。ディスクシステムのゲームがゼルダタイプかADVばかりだった頃からの贅沢な悩みだよなぁ。

・BBIQブログ半日以上のメンテナンスでアクセス解析が上手く働いてなかったのか来客数が異常に少ない。

・@ 悪役が自分の悪事を解説するのって、実はリアルなんですねw

・カードリーダーを通すとフォーマットを強要されるが直に繋ぐと強要されないことからカードリーダーが廃れたのではないか。

・やっと今年公開映画のレビューが観たペースに追いついた。

・DV冤罪をなくしていくことが遠回りでも着実にDVをなくしていくことだよな。推定有罪は憎悪しか産まない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33983713

2016年10月26日 (水) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

あと、ヒッポンスーパーとかペンタトルーパーとかw

そう言えばハロの商品化は少ないですね。
いや、別にほしくないですけど。
…でも、そのうちハロが変形してガンダムになるとか出てきたら、間違いなくキット化されることでしょう。
ビルドファイターズならありそうだし。

カキコありがとうかしお

ハロは唯一、形状を変えずに継続可能なキャラってだけじゃないですかね?
プラモでは、キャラコレのおまけとして、1回だけの発売ですけどね。

シンディーローパー・・・自分はウーパールーパーを想像しちゃいます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。