Powered by Six Apart

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

鉄血のオルフェンズ第30話「アーブラウ防衛軍発足式典」

地球支部にラディーチェ以外の人材らしい人材が払底してるのって、ビスケットがもういないことを強調するためだろうなぁ…。
いや、肉体派はいくらでもいますよ。
事務屋がほとんどいない。
そのたった1人の事務屋に対してあまりにも理解がない。
まぁ「大人は汚い」と思っている思春期の少年達に理解しろって言っても難しいんでしょうけど。
タカキたち地球支部の少年達に足りないものって「可愛げ」なんでしょうね。
この子供達のために頑張りたいと思わせるだけの。
たしかにラディーチェはテイワズから派遣されたお目付役です。
でも、袖振り合うも…と言うか情が移ってくることは決して珍しいことじゃない。
「エルガイム」でギャブレーのお目付役だった筈のパメラ、アントン、ヘッケラーが、何時しかあの危なっかしい若者を支えてやらなきゃと思うようになった(※そうわたしは解釈しています)。
ギャブレーが気持ちのいい若者だったというのもありますが、女ばかりじゃなく男も愛嬌なんですね。
少年兵達は元スペースデブリで辛い境遇から脱してきたばかりの者も多く、そういう分かりやすい愛嬌は無理でしょうが、それでも1人1人いいところがある。
それが伝わるようクッションとなる者が必要だった。
メリビットはオルガの側を離れないだろうし、そうなると誰もいないんですよね。
「ビスケットがいないからこうなった」
そう思わせるための惨劇が来週以降、起きるかと思うと、とても次回を観るのが怖い気がするのでした。

公式サイト
http://g-tekketsu.com/

2016年10月30日 (日) 今日の鯨の囀り

・まだ10月でこの寒さじゃたまったもんじゃない。この冬は家にいると暖房代がかかるから、なるべく多くの時間を外で過ごそう。

・鉄華団が本宮ひろ志冨樫義博ばりの大人イコール悪病に罹っちゃってますw

・@ ガンバとカワウソの冒険の映画版は、テレビ版のオリジナル要素で犬をたいしたことがない障害として描いてたもんだから、犬が怖く見えなかったのが残念でした。原作だと恐ろしいんですけどね。

・@ まぁ、あまり気にしない人も多いですけどw 拘り出したらキリがないジャンルです。

・@ キャンペーンをやらなきゃそうでもないんですけどね。前回のセッションでキャラが何を考えていたか事細かに覚えておくって想像以上に大変です。

・@ TRPG…それは実生活の時間を貪り食らう楽しすぎる悪魔のゲームw

・RT ここで「蓮舫さんが嘘をつかざるを得なかったこの国のあり方こそが問題なのです!」とかほざく馬鹿もいるんだろうなぁw

・キリコにとってのスコープドッグは、コブラにとってのパイソン77マグナムと同じで、無骨で頼りになる男の武器というロマンチシズムなんだよな。

・ドームからファイターズが出ていってもコンサが昇格してくれれば…という皮算用を打ち砕く不振だな。

・エテ公、ポリ公、ズベ公のうちポリ公だけが一発変換。他の二つは死語なんだね。

・エテ公、ポリ公、ズベ公とはエティハド公爵、ポリアンナ公爵、ズベズダ公爵のことです(800)

・ウェーブのタコってこれだけ動くなら降着しなくてもいいやと思ってたら降着するのか!

・RE/100のバウはギミック重視なのかな?顔ばかりじゃなく胸板のボリュームが決定的に足りない。

・十字軍に参加した将軍の1人、「タンクレディ」は決して戦車道を嗜む乙女ではないのだということを、わたしは声を大にして言っておきたいのである。

・ハロウィンの仮装を見ると、ブラッドリー著「アヴァロンの霧」でクリスマスやハロウィンの原型の1つである「ベルテンの火祭り」の仮装乱行パーティーで主人公の巫女、後の妖妃モーゲンが弟であるアーサー王と交わってしまったのを思い出すんだよな。それで生まれた罪の子がモルドレッドという解釈。

・世界の何処かにはマジレスという名前の外人もいるよね?

・HJのバルバトスルプス見てるけど、バルバトスこそデュアルモデルのノリでサスペンションガッションガッションの立体が欲しい気がするね。あのフレーム見てると。

・女社会は男社会より同調圧力が強くてボスママの信仰を否定するわけにはいかないというだけで別に女が男より迷信深いわけではない。むしろ自分の言葉で明確に字画や血液型や代替医療などのインチキオカルトを否定する頭のいい人も多い。そのことははっきり言っておきたい。

・10時開店のオートバックスにちょっと寝坊して10時15分に行ったらタイヤ交換の作業は16時からできるって言われた。もうちょっと遅かったらこの寒空で自分でやらなあかんかったんだな。危ないところだった。

・運転中にスマホの全てを操作できないようにすると、建前上「うちはやってません」ことになってるハンズフリー通話ができなくなり、客が「なんですぐに電話に出ないんだよ。誠意が足りねえぞコラ!」ってことになる。俺は一向に構わんが、俺は客だと踏ん反り返るタイプの人への対応に困るかもね。

・RT そりゃあ、胡麻の油と若者は絞れば絞るほど…って言いたいんでしょw

・「〜ならマスコミがみんなライダーにしちゃうのさ。馬鹿の一つ覚えだよ」の「〜」部分に相当する条件ってちょっと思いつかないもんね

・しかし、てにをはを直した程度でプライドを傷つけられて激昂するWikipedia執筆者の話も聞くが。

・迷惑メール会社の社員を衆人環視の元で聞こえるように大勢で笑い物にする機会はないものか。

・「anazon」から注文をご確認くださいというメールがきたw 失笑すべき犬畜生

2016年10月30日 (日)

デスノート Light up the NEW world

面白かったです。
キラ後の世界。
キラやLのような天才はいないが、それだけノート犯罪の被害は悲惨なことになる。
知能犯より粗暴犯の方が厄介ということなんでしょうね。
優秀なインテリと言えどもメンタルが弱いと保身のためなら美学を捨てる。
もちろん夜神月の美学など身勝手な狂人のものだが、それは彼自身の行動を縛る。
ランバ・ラル曰く「正確な射撃は予測しやすい」わけで、だからLの後継者にしてLのような天才ではない竜崎がLを超えるとしたら、まさにその凡人の部分なのでしょう。
しかしデスノートは便利なようでルールで雁字搦めだから被害や影響は大きくても関係者は箱庭の住人達になる。
原作から拾っていなかったエピソードを翻案したギミックもあり、色々と予測のつく部分も多かったかな。
菅田将暉はいつもどおりでした。
しかし、その彼に求められているいつもどおりの役を、トコトンまで突き詰めた感じでした。
そして1作目に引き続きミサミサを演じた戸田恵梨香。
彼女は劇中でも女優ですが、ミサミサどころか清楚高田を演じられるくらいの「美人」になっています。
抜け殻のように生きてきた10年間が伺える空虚さを熱演…いや「冷」演していました。
というわけで、大きな破綻も感じない箱庭でしたが、やはり気になる点も。
例えばデスノートにあの人の名前を書いたのは誰なのか。
デスノートが効力を発揮する条件2つを満たすのはあいつしかいないから書いたのはあいつだ、と分かるんですが、それだともう1つの条件を満たしていませんよね…。
ネタバレじゃないように書いたんでここは劇場でご確認ください。
あと、松田さんは一人の人間としては夜神月のことが好きだった、というのは前作時点においては自然な感情だと思うんですが、生きているかも知れないと知った時に何の複雑な感情もなしにただ生きていること自体は嬉しいでいいんでしょうか。
でも、それらもあくまで劇場を出た後で気になる程度でしかないかな。
ずっと引っ張られて観てました。

スタッフロール後エピソード あり(席を立たないように)

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.html

2016年10月29日 (土) 今日の鯨の囀り

・「シャリを残してなぜ悪い。金は払ってるんだし」という女は、旦那や彼氏に作った料理を残されても文句を言うな。俺が稼いで養ってやってるんだと暴言を吐かれても黙って耐えろ。当然だよな?

・一度だけ「おれお前と喧嘩したくないんだわ」で収めさせたことあるけど、それが効くことってほとんどないからね。

・@ モンハン持ちにこだわる連中の中には、任天堂のゲーム機が欠陥品であるという主張の根拠としているだけの奴も多いし、そういうのがモンハン持ち用ジョイコンを喜ぶとしても、任天堂自身が欠陥を認めた証拠だ!という歪んだ喜びでしょう。アタッチメントの時もそうでした。

・@ 郊外の公園にみんなで遊びに行って缶ジュース飲んでゴミ箱がなかったんでプルタブも鞄に入れて持って帰ろうとしたら、先輩に俺だったらそのへんそのまま捨てるけどな、といかにも嫌みたらしいいい子ぶった行動をしたみたいに非難がましく言われたのを今でも思い出すなぁ…。

・飲まなきゃやってられないほどのストレス抱えたことのない人間は羨ましいわ。やりたい放題やってお気楽な人生を謳歌していらっしゃるんだるな。

・「太った医者のいうことなんて信用できない」って…。自己管理なんて太平楽なこと気にしてられない程のストレスと激務なんだって考えられませんか?口幅ったいこと言っていい気になってるルサンチマンの塊の医者叩きなんだろうな。

・グワーングワーン走る 青い光の超特急 時速250km 「もうきみの時代じゃないね」そう僕はもう超特急なんかじゃなかった。♪ #唐突にきな臭くなる童謡

・なっちゃんがね 独逸に行っちゃうって 本当かね♪ #唐突にきな臭くなる童謡

・なっちゃんはね ナチ子っていうんだ 本当はね♪ #唐突にきな臭くなる童謡

・熊さんの 言うことにゃ お前を 食べてやる♪ #唐突にきな臭くなる童謡 ああ、美味しかった♪

・なんで引き落としが10万を超えてるんだ?と思ったら、航空券レンタカーその他もろもろ旅行費用だった。

・大映ガメラ全7作を観て思ったのは、事前のイメージや言われてるほど悪くないじゃん。

・@ 実際、ランキングだけでもスイッチに移せないかと思ってるくらい。ま、技術的には簡単でも意味を感じてくれないからやってくれないでしょうが。

・@ いちいちSDカードを入れ替えるのが面倒です。DS3DS合わせた通算プレイ時間のランキング眺めるのが好きなんで。

・仮面ライダーフォーゼにちょっとだけ帰ってきてもらってニンテンドースイッチ発売の時にはなんかコラボやってもらいましょうや。

・@ @ 飲まなきゃやってられないような仕事量やストレスを与えた上司も健康非ゴールドの巻き添えになってもらいましょうや。

・ガメラ対ジグラ鑑賞中。これまでのシリーズはまだ許容できた展開だけど、これはついに下に振り切ってひどいなぁ…。これで初期ガメラがいったん終了するのも納得だ。

・@ それまでは帝国貴族とか同盟旧勢力とかはっきりした悪役が間違ったことをしていましたが、レベロのような善人でも雁字搦めになってストレスに押し潰されると判断を誤るというのが深かったです。

・@ あのシーンはいい人とされてきたレベロ委員長に向かって放たれたのがすごく重みがあって好きですねえ。

・アリスとテレス、ベンとリロ(キズム)がいるんだから、どこかにプルとニウムの姉弟とかいそうだな。

・父親が弁護士なのに自分は検事になった御剣怜侍は、父親がヤクザなのに警部になったマジンガーZの暗黒寺みたいなキャラ。

2016年10月29日 (土)

逆転検事2(DS)第2話「獄中の逆転」前編

随分と色っぽい姉ちゃんが出てきて、いきなり法の神とか言い出すもんだから、
えーと、あなたはアーキンですか?ドンブラスですか?って思っちゃったよ。
まぁ、そんなことはどうでもいいとして。
前作の不満である敵らしい敵がいなかった点。
これが改善されているのがとてもいい。
主人公が弁護士だったら検事は絶好の敵役だけど、検事が主人公になった場合、憎たらしい敵に事欠く。
例えば凶悪犯は怖い敵であって、憎たらしいわけじゃないからね。
前作の敵弁護士は憎たらしかったけど、あれはあの人個人が憎たらしいんであって、弁護士だからじゃない。
御剣も狩魔豪も冥もゴドーも検事であるというだけで主人公の弁護士にとっては憎たらしいわけで、そういう役割がなかったんだね。
そこで出てきた検事審査会なる架空の機関。
現実の検察審査会とは響きが似てるけどまるで違う。
問題ある検事を弾き出す検事の自治組織みたいなものだ。
これはもう出てきただけで検事の邪魔をすることが分かりきっている、悪役、憎まれ役をやるために作られたような職業です。
そして主人公弁護士に対する敵検事と同様に、改心されても納得がいく。
なかなかいい設定です。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/2/index.html

平成28年10月28日 (金) 今日の鯨の囀り

・最初に読んだニーベルンゲンの歌はハーゲンがハゲネ表記だったんで禿げのイメージがあれでついてしまったw

・主人公が密かに大麻を栽培してるって設定を最近は見なくなったな。「探偵はバーにいる」とか「毎日が日曜日」とか。

・枝豆とトマトジュースはいくらでも食べて飲んでいられるなあ。

・@ よくおふくろに「舌も体の一部だ!」と言ってましたw

・@ 野菜ジュース自体が青汁の「まずさを楽しむ」の先取りみたいな一面がありましたからね。まずいのは栄養があるからだ!だから効くんだ!みたいな。生卵の一気飲みに通じる文化。

・@ 最近は健康志向のせいか色々と混ぜたミックスジュースが多くてどれも美味しいですが、少し前まではゲテモノみたいな味のしかなかったですもんね。混ぜるな危険、ですね。

・あー美味い。トマトジュースの口の内側の粘膜を全て陵辱せんが如き暴力的な味わいは他の飲料の追随を許さぬぶっちぎりだね。

・好き嫌いはあっても食えないものは殆どない俺だが、里芋だけは駄目。食えない。里芋が溶けた汁すら飲めない。

・ハルヒはバンブラで弾く分には冒険でしょでしょの方がずっと楽しい。

・ネオジオポケット発売日か。ネオポケは頂上決戦だけで十分すぎるくらい元が取れるのでオススメ。テレビゲーム機用のSNK格闘よりずっと好きなくらい。中古の本体を980円か1980円かそのくらいで買ったとは思えないくらいの大満足でした。

・かっぱらいとよっぱらいの他に◯っぱらいという言葉はないかと、あから順番に試していったらわずか5番目で素敵な響きに出会えたこの感動をみんなに分けてあげたい。

・そろそろパンツァードラグーンとモンハンのコラボとか見たい

・映画のバイオハザード完結するみたいだし、次はモンハンでどうだい?

・序盤で凡ミス繰り返して死んでも構わずプレイするようじゃなきゃ結局はクリアできないにって、まさにシューティングが人生について教えてくれることの1つだよな。

・ハリウッド版ゴジラがチャイナ資本になっても俺は構わんけど、中国人だって自分の街がゴジラに壊されたら大喜びするのは我々と一緒だと思うんだよ。そこらへん出資者の「中国人の気持ち」発言が勘違いしてのものじゃなきゃいいんだけどなあ。

・会議資料完成!ホチキスをパチパチやりながら「ソーチキスってホチキスだよな。ソーチキスの極太の針で細腕と脇腹をホチキス留めされて身動きが取れなくなった苦悶のワルキューレ、なんて光景もワルキューレの冒険のゲーム内では繰り広げられていたんだろうな」なんてことをボーッと考えてましたw

・ゲーム系迷惑サイを徹底的に叩いて弱らせてゲーム名で検索してもトップ10に入ってこないようにしてしまえ。そうすれば後を継ぐ者が出てきてもそこまでは悪目立ちできなかろう。

・今日のインフェルノのレイトショー観に行ったら確実に寝落ちするなあ

・正直な話、キンタマ潰しなんてやったらどんな報復されるかわからんだろ。物理暴力の報復合戦にわざわざ乗り込むなんて馬鹿だろ。

・キンタマ潰しとか紅潮してるフェミニスト。殆どの男は痴漢なんかと一緒にされたくないんだがなぁ。殆どの女がフェミニストなんかと一緒にされたくないのと同じで。

・酒がもし新発明されたら?酒がなかったら人類の文明なんて猿のままだったろうから、こんな意味のない仮定はないな。

・机上のカフェラテの缶をちょうど両端の2字だけ隠れる位置で見たんで空目した

・あー忙しすぎる1週間だった。

・志位委員長は労組に毛嫌いされている現実を受け入れ難くてその鬱憤を蓮舫代表にぶつけてるだけだね。この件については蓮舫が気の毒だ。

・「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」ってフェミニストの行動原理というか心の叫びというか、そう連想させるタイトルだよね。

・25時まで残業して帰宅したw

2016年10月28日 (金)

平たい胴の女性

バルザックの「谷間の百合」を読んでるんですが、主人公の青年が想いを寄せる夫人の美しさを褒め称える表現がいちいち面白くて、昔の小説ならではの長ったらしい形容表現が少しも苦にならないという。
とは言え、え?と思うような場面もけっこうあるわけで、ここんとこ考え込んでしまってるのが、平たい胴の女性、という表現。
主人公曰く丸い胴の女性は我儘だが平たい胴の女性は献身的で、だからこそ平たい胴のあの夫人は素晴らしいのだとか。
???
脳裏に乱舞するはてなマーク。
丸い胴って何?平たい胴って何?
太ってる痩せてるとは違うようです。
その平たい胴のご婦人は小太りで肉付きがいいそうですから。
それに太っているなら丸い胴ではなく丸いおなかと表現する筈です。
ということは断面の形としか考えられません。
きっと彼女は前から見たウエストの幅より横から見たウエストの幅の方がずっと短いのでしょう。
(逆だったらバケモノですw)
しかし…そうと分かるほど「丸い胴」との違いがあるものなのでしょうか?
例えば巨乳は馬鹿だとかおっぱい星人のわたしからすると実に腹立たしいことを言う人がいます。
その説の正誤についてはここでは言いません。
でも、全ての女性がAカップの世界や逆に全ての女性がFカップの世界があるとしたら、そこではおっぱいの大きさと性格を結びつけるという発想自体がないでしょう。
おっぱいの大きさに幅があるからこそインチキオカルトの入る余地があるわけです。
つまり、現代の女性より遥かに胴の断面形の個人差が大きいか、或いは個人差が大きいと勘違いさせる何かがあるのではないか。
そこで「コルセットじゃないか?」と思いつく。
コルセットの締め付けが平たい胴を生むとすれば、それに耐える女性が我慢強いのも当然でしょう。
うーん、なんてことはない謎でした。
こういうこと考えながら読むと楽しいですよね。

平成28年10月27日 (木) 今日の鯨の囀り

・きたがわ翔の19のアラフォー版はあまり話題にならなかったのになあ

・東京ラブストーリーアラフィフ版のキャラデザ、俺は好きだな。年齢不詳にするよりずっといい

・インフェルノがレイトショーなの明日だけか…。

・確実に日付の変わる残業コースだな

2016年10月27日 (木)

逆転検事2(DS)第1話「逆転の標的」後編

いやはや、前編を解いた段階で書いたテキストが後編までクリアして振り返ると完全に的外れってのは今に始まった話じゃないけど、まさか複数あるとはw
まぁ、それだけ上手くプレイヤーを騙してくれてるってことなのか。
それはそうと、ロジックチェス。
失敗時のペナルティがすごく小さいからトライアンドエラー前提で難易度が高めなのがいい感じ。
チェスには知的なイメージがある。
このゲームに限らず論理的思考を旨とする知性派キャラにはチェスを嗜む趣味が設定されていることが多い。
囲碁や将棋は必ずしもそうではないというのに。
これはそこらの普通のおじさんがあちこちで指しているか否かの違いだろう。
逆にチェスのお膝元、例えばロシアなどでは、チェスイコール知的エリートなんてイメージはなかろう。
で、思うんだが、海外ではどうなるんだろうか?
現在、逆転検事2の海外移植は行われていない。
だが、本編である逆転裁判シリーズは移植に当たって、舞台をアメリカに移し、証拠品等のアメリカナイズが成されていると聞く。
ならば、もし検事2が海外移植される時は、ロジックチェスが例えばロジックショーギに差し変わったとしても不思議はない。
御剣の繰り出す飛車が容疑者や参考人の王将を討ち取る、そんな演出になるのではないだろうか。
…そうなると、今度は逆にわれわれが違和感を感じることになるんだろうがw

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/2/index.html

2016年10月26日 (水) 今日の鯨の囀り

・@今のフィリピンに観光で行って荷物に白い粉でも入れられたら、そこらの主婦に問答無用で銃撃されそうですもんね。怖い怖い。

・ハロってマスコットキャラとしてそんなに人気もなかったのに、なんで延々とのちのガンダムで出し続けたんだろうね。

・悪徳商法の会社に悪徳とはなんだ!と抗議されたら悪質商法に名前を変えてしまうクレーマーに弱い日本社会だぜ? 電車の化粧CMへのクレームにも屈して当たり前。

・PCエンジンのレディーソードという18禁ダンジョンCRPGは、シナリオが説教くさくてムナクソ悪くて、俺はこんなゲーム本当は作りたくないんだという叫びが伝わってきて、クリアしてかなり嫌な気分にさせられたのを覚えてる。

・要するに原作漫画が大人気みたいに既に評価の固まっている企画にしかゴーサインを出せない能無しがぜーんぶ悪いんでしょw

・シンディー・ローパーの名を初めて聞いた時にはドルアーガのウネウネを思い出したし、今でもだ。誰もがそうではないだらうか?

・RT 多数決は横暴かもしれないが、少数決はさらに比べ物にならないくらい横暴ということですねw

・もし俺が漫画家だったら、原作のコマと同じカットは1つも使わないことを条件にアニメ化を許諾したいくらい。

・そもそも最も相性がいいと思われる漫画のアニメ化でさえ文法はかなり違う。漫画はその構造上、全てのキャラが饒舌にならざるを得ない。だがアニメではそんなに喋る必要はないんだよ。ましてや実写ではなおさらだ。

・RT 実際、男が弱くなった、というのは肉体的な暴力は法で縛れるが精神的な暴力は野放しで振るい放題だから、精神的な暴力で男を凌駕する女が相対的に強くなっただけ、という現実がある。言葉は十分に暴力なのだよ。

・ローンチにerをつけるとランチャーになるんだから面白い。

・任天堂はなまじゲーム機の特性を生かしたヒット作を「作れてしまう」から、サードがその後追いばかりになってしまう。ディスクシステムのゲームがゼルダタイプかADVばかりだった頃からの贅沢な悩みだよなぁ。

・BBIQブログ半日以上のメンテナンスでアクセス解析が上手く働いてなかったのか来客数が異常に少ない。

・@ 悪役が自分の悪事を解説するのって、実はリアルなんですねw

・カードリーダーを通すとフォーマットを強要されるが直に繋ぐと強要されないことからカードリーダーが廃れたのではないか。

・やっと今年公開映画のレビューが観たペースに追いついた。

・DV冤罪をなくしていくことが遠回りでも着実にDVをなくしていくことだよな。推定有罪は憎悪しか産まない。