Powered by Six Apart

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

クラバート

水車小屋で働きながら魔法の勉強をする少年、クラバート。
しかし魔法使いの勉強よりも水車小屋での粉挽き職人としての仕事の描写の方が圧倒的に多く、それが殊の外に面白い。
少年が職人として一人前に、そして大人になっていく様子は頼もしい。
もっともそんな感じだから魔法使いとして強力になっていく感じはあまりしない。
キツい労働と勉学の日々の中で培われていくのは、専ら判断力や決断力や慎重さや勇気。
だがそれこそ少年が自分を縛る軛から脱出するのに必要な力であり、その後の人生でも大切になってくるものだ。
本当に大切な力は魔法じゃない。
シンプルなテーマがラストで結実し、実に快感だ。
クラバートが魔法を学ぶ水車小屋は近代的な学校ではない。寺子屋だ。しかも住み込みの。
生徒である職人にいわゆる人権はなく、教師でもある親方の所有物のようなものだ。
これはとても自然なことだ。
現代の学校でも教師は生徒にいうことをきかせるのに苦労する。
魔法で他人を意のままに操ることのできる人間が、その能力を使わないということがあり得るだろうか?
そしてできる以上は、生徒に課すルールもエスカレートして当然。
だから親方は最初から最後まで憎めなかった。
悪人ではあるが、環境で悪人になった人に思えたし、これはスピードワゴンでも否定できないだろう。
魔法は彼を不幸にしかしていない。
親方は若い頃の過ちから闇の道を進むしかなくなった人だ。
特にはっきり描かれているわけではない(※示唆されてはいる)が、悪魔に生贄を捧げる契約をしているのだろう。
その強大な魔力は、悪魔から見返りに与えられているものと思われる。
彼が不幸な人間であることを示すエピソードは多い。
例えばある場面で他人の手柄を素直に横取りしておけばいいものを拒絶してしまい、それが結果として傍目には潔い人物のように「見えてしまう」。
ここから彼は確かに悪人だが、悪人である以前に人間嫌いであることが分かり、その背景にあるのがあの事件だとすると、彼の辿ってきた道が朧げに見えてくる。
罪の意識から必死になって逃れるだけの人生であり、強力な魔法使いでありながら孤独で小さい。
行間からそんな人物像が浮かび上がってくるからこそ、終盤の嫌がらせの効果的ではあるが卑小な様子、異様さが引き立つ。
だからあのラストも必然だ。
呆気ないとの声があるが、延々と魔法の応酬などあっては、能力どおりの結果にしかならなくなる筈でそうならないと却って不自然になるし、これくらいがちょうどいいと思う。

偕成社公式サイトの該当ページ
http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=1845

2016年9月24日 (土) 今日の鯨の囀り

・シンゴジラも君の名はも聲の形も稚内の映画館ではやってくれないのだが、こも3作品のヒットが地方の映画館の上映ラインナップに対する考え方を変えてくれるのでは、と期待している。

・「仮にクレーマーに毅然と対応する社会が来るとしても、我が社が先鞭をつけるのだけは嫌だ」多くの会社がそう考えているのだろう。もちろん今回の近鉄も。

・入水鍾乳洞Cコースの一番奥まで行って出てきた!タイヘンだったけど楽しかった!

・福島駅の東口西口地下連絡通路は、札幌駅高架化前の南口北口地下連絡通路を思わせて凄く懐かしい。札幌駅のあれは入り口を塞がれただけでまだ残っている筈。もう一度、通ってみたいなぁ。

2016年9月24日 (土)

入水鍾乳洞に行ってきました

今回の福島旅行の最大の目的である入水鍾乳洞に行ってきました。
文字通り洞窟の床を沢が流れる中を遡りながら進んでいく鍾乳洞。
下の公式サイトでは膝まで水に浸かりと言ってますが、一昨日から昨日の雨で水量が増していて膝どころか腿くらいまで浸かることも多かったようなw
たっぷり「入水」を堪能いたしました。
画像はありません。
ネットで事前情報をチェックしたんですが、個人ブログで写真を載せているものが殆どなかった。
これは…写真なんか撮ってる場合じゃないからじゃないかと思ってデジカメを持っていかなかったら、予感的中。
進むだけで精一杯でとてもそんな余裕はなかったです。
難易度別に3つのコースがあるのですが、もう二度と来れないかも知れないことから、一気に最も難しい一番奥のCコースまで。
最近は客も減ってるらしく、本来ならガイドさん1人につき5人まで案内してくれて、ガイド料4600円は割り勘なんですが、わたし1人のみの参加だったんで、ちょっと高めの洞窟探検となってしまいました。
でも楽しかった!
こんなに達成感のあるアウトドアは滅多にないですよ!
かかった時間も90分ほど。
温泉が気持ちよかったなぁ…。
さて、これから行く方のために自分なりに気づいたことを書き留めておきます。
参考になさってください。

持ってくればよかったもの
・ヘルメット
はいw けっこう頭をゴツゴツぶつかってしまいましたw
普段は気をつけてるからぶつけないんですよ。
でも人間は疲れると判断力が低下する。
試行錯誤して手と足をここに置けば…抜けられる!と思って不用意にグイと身を乗り出して痛っとなる。
ただ…ヘルメットを被ることにより通れなくなるんじゃないかと思われる隙間もあったんで、工事用ヘルメットのようなゴツいのはダメでしょうね。
タオルやバンダナを巻いたりキャップを被るだけで、だいぶ違うと思います。

・雨合羽
今回、仕事で使っている雨具の上下を着込んで臨んだんですが、意外な盲点が。
手首足首がゴムで締まるようになっているよくあるタイプなんですが、天井が低く川底に手をついて進まなきゃならない時に袖から入ってきた大量の水が出ていかない!
姿勢も腹ばいに近いからTシャツの胸や腹の方に行って全身ビチョビチョ、これでけっこう体力を消耗します。
昔ながらの袖口が広く開いた雨合羽の方がいいと思いました。
どうせ洞窟から出たら着替えるんですから前屈姿勢時に腕「だけ」が濡れるようにしたほうがいいです。

・足首で固定できるサンダル。
まず長靴は論外なんです。
土産物屋のおじさんが教えてくれましたが、水で重くなって歩けなくなる。
そこで水のたまらない履物としてサンダルがレンタルできるんですが、もう色々な角度の足場で体重を預けるもんですから、脱げそうになるんですよ。
ていうか、1回、脱げました。
ガイドのお兄さんが下流側にいたんで拾ってくれましたが…。
自分で絶対に脱げないようなのを用意したほうが確実かな。

持ってこなくて正解だったもの
・デジカメ
上でも書きましたが、写真を撮るような心の余裕はありません。
そもそも両手で岩をつかんで身体を踏ん張らなきゃならん時、デジカメはどうするのでしょうか。
何処かにぶら下げておくという手もありますが、「あと少し腹が出ていた頃だったら、ここは抜けられたかどうか…」という箇所もあるのです。
そういうところではデジカメが岩にゴツゴツぶつかることでしょう。
余計なものは持たない。
鉄則です。
…帰路でスマホを鷲掴みにしながら進んでくる若者と出会いました。
いや、撮りたい気持ちは分かるけど、それもっと奥に行ったら絶対に持て余すから!

どちらでもないもの
・ジョギング用首かけライト
これは半々ですね。
首にかけられるので両手がフリーになるというのはとてもよかった。
両手を使わなきゃ進めないポイントも多かったですから。
でもやや力不足。
だって特定の方向を照らしたい時は結局、手でつかまなきゃならんのですから。
そういう時に限って両手は岩を掴んでるもので。
ヘッドランプがあればだいぶ楽だったでしょうね。

参考になりましたか?
行けるところに住んでる人はぜひ行くことをオススメします!

公式サイト
http://abukumado.com/see/irimizu

2016年9月23日 (金) 今日の鯨の囀り

・まず中2病の凸森の口癖を頭に思い浮かべていただきたい。その上でファイファンVのラスボス「エクスデス」の名前も思い浮かべるのデス。もうエクスデスを格好いい名前とは思えなくなっている自分がそこにいるはずデス。

・全ての映画を字幕付きにというのも一つの方法だが、例えば魅惑の小三角形が文字に隠されるという悲劇が起きないと言い切れるのか

・たった3文字や4文字の固有名詞がなかなかかぶらない。これも舌が奏でるバリエーションのおかげだ。人間の最も重要な機関は舌かもしれない

・反ワクチンカルトについても触れて欲しかったが、怒り狂った信者が放送局に何をするかわからんしなぁ…

・福島ローカルニュースで麻疹ワクチンの有効性を訴えてくれてる。

・くまもんデザイナーの奈良国民文化祭ロゴのデザイン料を30万に値切ろう訴訟の原告市民団体の裏にある感情を邪推してみた。「仕事というのは額に汗して行うものだ。チャラチャラと絵や音楽をやって金を貰おうなんて気に入らない」これが庶民感情の美名に隠れた妬み嫉みです。

・苛烈な言い方ってのは恫喝に転化しやすいからね。あと、よく分かっていない第三者に「よくわからないけど怒ってるほうが正しいんじゃないか」と思わせる「効果」がある。意識せずにならそうなってしまうことも多いけど最初から第三者の目を意識してその「効果」を利用しようってのは見透かされるもんだ

2016年9月23日 (金)

ハートウォーミングコップ・イトノコ

逆転検事(DS)第4話「過ぎ去りし逆転」を中編までクリア。
若き日の糸鋸圭介の心温まるお話だった。
イトノコ刑事は御剣や狩魔冥のようなトップクラスの知性の下にいるから見劣りしてしまうけど、決してダメな刑事じゃない。
わざわざ灰原巡査のようなダメ警官キャラがいるのも、彼を比較対象にしてイトノコ刑事は十分、普通の刑事なんですよ、ということを製作者側は言いたいのだろうし。
そのことがこっちには分かっているから、彼が疑われる原因となった一見、無責任に見える行動にも何かわけがあるんだろうな、と思いながらプレイする。
そして、真実が明らかになり、やっぱりね、と嬉しくなる。
ミツルギ・イトノココンビの馴れ初めとしてはかなり納得のいくシチュエーションだ。
で、こんないいやつを頑張って救わないとな、という気持ちの湧き上がったところで中編おわり。
もう、見事にミツルギとシンクロしてしまうんですね、これが。
これまでの逆転裁判シリーズの引きの中で今のところ一番じゃないかな、これ。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/1/index.html

2016年9月22日 (木) 今日の鯨の囀り

・人工透析が本当に自堕落な生活の結果だと仮定して、飲まなきゃやってられない程のストレスを与えたチンピラ上司や同僚の財布には手ぇ突っ込まなくていいんかい?

・福島駅連絡地下道の自衛隊ブースに飾られてる74式90式10式のプラモだが、90式だけ縮尺が小さくないか?一瞬「F90が小型MSなのは90式戦車が小さいからではないか。そのことに俺だけが今まで気づかなかったのか?」と不安になったが、もちろんそんなことがあるわけはなかったw

・1年前に行った福島のバーに行ったらちゃんと覚えてくれてた♪
まぁ客商売ってにはそういうものだろうけど、それでも嬉しいね。

・福島着。明日はレンタカーでスカイラインを通って会津若松市まで行く予定だけど、残念ながら曇りだとか。

・矛先が高木美保に向いてよかった、とホッとしている奴もいるんだろうな。

・まぁ、これをキッカケにして過度なクレーマーはカスであるという認識を社会で広く共有していかないとな。クレーマー自身にとってもブレーキがかかって一線を踏み越えなくなるからいいことだし。

・高木美保をさんざん口汚く罵ってちょっとでも反論してきたら「ナニ反論してやがんだ我慢しろ」とかは、さすがにやりすぎなんで自重しようね。怪物と戦う者、深淵を覗く者…

・高木美保に限らず出演者達は現場にいたクレーマーからの抗議を恐れて車掌さんを一方的に悪いことにしたんだろう。だが言い草が不遜だったな、お痛が過ぎたな。クレーマーの人数の数倍から数十倍の人間から抗議を受けることになったわけだ。ざまあねえな。

・ギャ+プラスでギャプラスなら、ゼプラスやドラプラスもあっていい。

・妻夫木聡主演の「悪人」で被害者を置き去りにした上に笑いものにしていた運転手がクラスメイトに罵倒されてただろ。なんでもかんでも茶化しやがって、みたいに。近鉄の車掌さんを笑いものにした連中に対して俺はそっくり同じことを思っているよ。反吐が出るね。

・車掌さんの動画を大勢の人が撮ってたらしいが、それをネットにアップした瞬間、投稿主は人間のクズとして叩かれる流れだな。その空気は十分に醸成されている。

・流石に特急から特急に乗り換える僅か6分の間では、如何に札幌駅と言えどMii1人としかすれ違えないか。

・なんでもかんでも馬鹿にされてると感じる繊細さの背景にあるのは、俺を敬え尊敬しろ、だろ?その恥ずかしさを自覚しろっての。

・うーん。根室出身者が「札幌に出てきて鮭を食べた時、腐ってるかと思った」と言うのを聞いてもなるほどなと思っただけで、この時に限らず類似の会話で田舎が都会を馬鹿にしていると感じたことなんてないけどな。ただの感想だろう。センシティブな人が多すぎるよ。

・元カノの理不尽な言い掛かりに耐えかねて理路整然と反論したら逆ギレするなと言われて、その時はそれこそその言葉に「キレ」たよw

・「なんで俺だけ言われるんだ。みんなやってるのに」という言い訳に対しては「お前が叩かれることがこれからの抑止効果になるんだよ。お前は抑止効果のための生贄になるんだ。わかったか!」としか思わないw

・逆ギレという言葉を使う奴は「自分は100%正しくて相手は100%間違っているのだから相手が反論するのは全て逆ギレ!」みたいに思っている勘違いヤローが多い。

・客からの暴力を防ぐために「やいばのよろい」を装備。

・電車が事故で遅れたらその旨が改札の際にICカードに記録されそれを会社に提示すれば全くおとがめなしってシームレスにしてシステマティックな流れを実現できないものかねぇ。

・エレベーターガールがいなくなって幾星霜。エレベーターの事故でエレベーターガールと2人きりで閉じ込められ、彼女を背負ってロープを伝って降りるという夢も叶わぬ過去のものとなった。

・予約商品の発売が12月に延期とメールが。やだなぁ。12月上旬とか中旬ならいいけど、どうせ12/31なんだろ?帰省中に荷物が届かないように気を使ってるのにこれだ。

・たまこまーけっとは確かにアレだったけど、元凶の鳥の元ネタであるGuGuガンモは面白いんでそこらへん勘違いしないでほしい。

・昔、TRPGでマスターやってて、メガドラゴンという黒いドラゴンを出して、スピードショック、サウンドショック、ビジュアルショックの3つの特殊能力を披露したことがあったなw

・「GPSはCIAの一機関なのだ」「グレートパーソンSなのだ」

・レトロフリークと互換性を持つ携帯ゲーム機はほしいよなぁ。出先で続きを遊ぶの。

・ただなんでも横文字にすりゃあいいってものでもない。モンスターペアレンツ、略してモンペア、モンペも、昔から「馬鹿親」って言い方があるんだから、それでいいじゃんって思ってた。

・美深着。ビフカって書くとカフカやケフカの親戚みたい。

・本当はアニメや漫画を二次元と呼ぶのは好きじゃない。だって明らかに縦横高さがある世界じゃない。

・縁側を求める人が増えてるそうで俺もそういう家に住みたいけど、それはそれとしてなんでみんなベランダ使わんの?って思う。ベランダで読書したりビール飲んだりすりゃあいいじゃん。やらないのって「誰もやってないから」っていうくだらない理由でしょ?そんなん何かをするしないの理由にすんなってw

・特急サロベツは全ての到着駅アナウンスが「停車時間は僅かです」なんだけど、これは絶対に降りるなよ、置いてくぞ、って意味なんだろうが、だったら車内に自販機くらい置いてほしいよ。

・ボーグマンのOPのDon't look back!は「ドルバック!」としか聞こえず、なんで他の番組の宣伝をしてるんだろうと。

・ボーグマンと言えば、ダストジードがJOJOっぽい喋りをした時に「味っ子っぽいと言われますがJOJOです」とスタッフが訂正しなきゃならんほどにJOJOはマイナーだったなぁ、と思い出す。

・Pixivとかに世間一般的には下手と言われるんだろうけど、ヘタウマというかなんだかすごく味わいがあって俺としては大好きだぞ、って絵があった時に、どう褒めていいか困るよね。嫌味だと思われたら嫌だし。

・まぁ、車掌さんではなくクレーマーに少しでも責任があるかのように報道したらこっちにまでクレームが来るからってんで車掌さんが一方的に悪いように言ってるんだろう。我々おとなしい大衆の声はきかず怒号を放つチンピラタイプの視聴者の声に寄り添うのが記者の矜恃らしいw 毅然としろよ。

・まぁ、車掌さんを自殺未遂に追い込んだクレーマー達はその晩は「聞かれもしないのに」あいつが勝手に飛び降りてこっちはすごく迷惑だ。俺は悪くない、と飲み屋で豪語してたに違いないけどな。

・極悪人をギャグのネタにして笑い飛ばすって健全だと思うんだけどね。暴走族を珍走団と呼ぼう運動にも通じるものがあるし。

・ヒットラーがヒトラーになったのは、「ヒットラーをひっとらーえろ!」みたいな駄洒落を生真面目な人達が嫌ったからではないか、とずっと思ってるw 違うと言っても信じないw

・弥明後日という言葉が使える機会は逃さない室蘭生まれの俺w しあさっては誰が何と言おうと4日後だ!それが室蘭ルールだ。文句あっか!

2016年9月22日 (木)

敵キャラとしての弁護士

逆転検事(DS)第4話「過ぎ去りし逆転」を前編までクリア。
前中後編のうちの前編の割にはけっこうボリュームがあったように思う。
これまでは前編だけボリュームが少なめなのが通例だったのだが、そういうメタな理由でストーリーの予測がつくよりはずっといい。
過去話ということでデビュー戦の若々しい御剣や、こっちは若々しいを超えて天才少女と言った風情の狩魔冥が楽しい。
メイちゃんのムチムチ大冒険はこっちの狩魔冥でやってほしいくらい。
本編では18歳の彼女が、13歳の頃も後の片鱗を見せるキツい感じなのが、まぁ当然ではあるが当然のことを当然のようにやってくれてていい感じなのだ。
いや、21歳のハマーン・カーンと14歳のが殆ど別人だったことを思いだして、本来はこのメイみたいな感じだったんじゃないの?と。
閑話休題。
第4話にして初めて「敵の弁護士」が登場。
ペルソナ(PS)の登場人物にしか見えない葛氷見子(かずらひみこ)だ。
ゲームである以上、真犯人よりも真実よりも依頼人の利益の方が大事、という現実的な弁護士の在り方はタブー、あくまで真実は一つってのが逆転裁判だから、検察側が主人公になったとしてもはっきりとした悪徳弁護士は出せないだろうな、と思っていた。
それもあって早い段階で妹の無念を晴らすのが隠れた目的の人だって出してきたのは納得がいく。
現実世界では必ずしも正義の味方ではない弁護士だからこそ、ゲームの中くらいそういう人ばかりであってほしいよね。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/1/index.html

2016年9月21日 (水) 今日の鯨の囀り

・えーとw「ゲームが面白ければグラフィックは重視しない」「ゲームが面白くグラフィックがよければもっといいじゃないか」には落とし穴があってさ。もう10年以上もグラフィックがいいイコール写真に近いで、状況が把握し難い当たり判定がラフであるやり残しなしと確信できないと欠点だらけなんだわw

・長谷川豊は「透析?なんて遅れた治療法を(虚覚)」と言ってあっという間に治してくれるレナード・マッコイ船医を見習うべきだね。

・ゼロリスクってバジリスクやボアリスクの色替えモンスターみたいw

・ゼロリスクの人に「でもクルマのマフラーにフェラチオして排気ガスをディープスロートしたらあっちゅう間に死ねるで。そのクルマの横を歩いててもなんともないけどさw」って言って反応を試したいけど、そういう機会がないんだよね。ゲラゲラw

・札幌じゃスープカレー店はカップルで入るオサレな店ってイメージなんで、そのうち男性のみの入店禁止スープカレー店が出てきても不思議ではない。まぁ、俺も含めたスープカレー中毒男の群れが騒いで中止に追い込まれるだろうが…

・二文字三文字四文字くらいの語を言葉狩りで禁止にしたって、世界に無数にある外国語の中にはその同じ言葉がすごくいい意味だってケースはたくさんある筈で、その言葉を巻き添えで禁止にするの?って思うわけだ。

・ワールドカップの日韓共催を押し切られるような弱さがわが国民性だ。オリンピックの東京沖縄共催も押し切られるような気がする。

・イエサブの秋葉原店に行ったら色々と買ってしまいそうだ。そして片っ端から自宅に郵送しそうだ。

・広報わっかないの表紙が祝サハリン航路再開。一度くらい行ってみたいけど、片道4時間半かけてユジノサハリンスクに行ってもロシア語なんて英語以上にチンプンカンプンだしなぁ…

・アキバに行くのも何年ぶりなんだろ。ただ、もう昔みたいに海外ゲームを買い漁る気力はないんだ。

・帰化すれば参政権が得られるんだから外国人参政権がないのは差別じゃないよね。どうしても帰化したくないなら、そういう人が日本のことを考えて投票するとは思えないからますます参政権をあげられない理由が増えるだけ。外国人のままで参政権がほしい理由、ちゃんと説明できるの?

・興行成績や売り上げに逃げた途端、そいつは自分は内容で語れない馬鹿です、と白状してるも同じ。

・気持ちは分かるけど「お前の好きな映画より俺の好きな映画の方が興行成績は上なんだ」なんて恥ずかしすぎるだろう。それだけは言っちゃいけない。映画好きなら自分の言葉でいいところを語れよ。

・5年ぶりくらいにSDカードを買いに行ったら、もうSDHCカードばっかりなんだな。10年以上前の211万画素のコンデジなんでSDしか使えないんで諦めた。まぁ、512MBのカードで1000枚は撮れるからなくなることはないと思うが…。

・ラピュタの発声可能上映やって各劇場ごとに観客の一斉バルスのデシベルを競うというのはどうか。優勝劇場にはバルストロフィーが飾られるのだ。

・魚醤で刺身を食ったらなんか台無しだったw 一口でいいや。

・男性のみの入店禁止と言えばまず思い出すのがプリクラコーナーだろう。なぜそうなのか納得のいく理由があり誰も文句を言わない。さてそれを踏まえて件のイタリア料理店が男を同じような目で見ていたとするなら…?そう思ってしまうのはわたしの邪推であろうか。

・RT その車掌さんにクレーム入れてた奴はうんといやなきぶんになってこころをやんでほしい。

・長谷川豊の◯◯は自業自得である、の◯◯に「働きすぎで心を病むこと」とか「言葉の暴力を受けて働けなくなる」とか入力したらさらに許せなくなるな。

・RT まあ、ハンドル→インド人はこんなところだと思った。時間的余裕があれば気づくし確認も取るんだろうけど、ギリギリだったんだろうな。

・シャリを残すオンナなんてごくごく少数しか実在しないと思うが、仮にいたとしていくらそういうオンナに媚を売って擁護しても美味しい思いはできんよw

・RT いや、その理屈は飛躍しすぎているだろ。沖縄の独立を考えている人がある程度の数に達していて初めて成立する暴論。実際は日本のままでいたい人が全沖縄県民の99%くらいなんじゃないか?アンケートしてみるといいよ。ありもしない民意をあると強弁し煽動するから叩かれる。

・シャリを残すことについてバイオゴリラは何か言ってないのか。

2016年9月21日 (水)

「様」と「御中」

ネットの掲示板なんかで定期的に出てくる話題なんですけどね。
その度にズレてんなーと思ってるんですけどね。
会社宛の郵便物の宛名に「御中」ではなく「様」が増えているという話。
まぁ、そりゃあ気にはなりますわな。
わたしも気になります。
当然、自分で出す時は必ず御中にしてますし。
で、わたしばかりでなくそういう人が多いのか、現状を憂いたり嘆いたりする声がネット上にチラホラ。
社長に「様でいいから」と言われて納得がいかないとか、大企業や官公庁でも「様」になってるところがあっておかしいとか。
そしてビジネスマナーを重視しない常識のない人が増えているとか言って溜飲を下げているケースが多いのですが…。
いや、違うから。
たぶん理由は「取引先に外国人が増えてるから」だから。
その社長さんが御中じゃなくて様にしろって言ってるのも、ビジネスマナーなんて当然に分かった上で、「様」に統一した方がトラブルが少ないと思ってるんでしょ?きっと。
様と御中の使い分けで日本語勉強中の外国人顧客に不快な思いでもさせたらタイヘンだ。
そういう風に外国人に配慮するのが正しいかどうかは別にして、これはグローバル化の流れの中の1つなんですよ。
移民の国アメリカでは移民が間違えやすい英語の表現は変わっていっていると聞きます。
1st2nd3rdが正しいところ、1st2st3stでも通じるしそういう表記も増えてるとか。
会社名に様をつけるのも、この2st3stと同じで、時代の流れと言うしかない。
わたしは抗うつもりですけど、まぁ…抗いきれないんじゃないかなぁ。

2016年9月20日 (火) 今日の鯨の囀り

・RT 号泣ってのは「大声を上げて泣くこと」だからね?映画館で号泣するのはやめてくださいw 迷惑だからw

・Gレコのエンディングをカラオケで歌う時、人はついあんなポーズやあんなポーズをとってしまうのではないか。

・まどマギのさやかは花澤さんをかわいくしたような感じ…と言おうとして誤解を受けかねない発言と気づいて口を噤んだことが。花澤さんてのは「いーそのくん」の方だからね?

・MKが札幌駅高架下からハンズの近くに移転したらしいが、ハンズとワンセットで寄れるからよかったんじゃないかな

・こないだのアクセス札幌の同人誌即売会は会場の不便さの割には人がいたけどやっぱり今はなきテイセンホールには及ばないよなぁ。周りに食事する場所もないし。

・RT 俺はこういうホモは大嫌いだね。あらゆる同性愛は異性の肉体を十分に楽しんでから自らの意志で選び取るべきであろう。それを未体験のうちから同性愛に引きずり込もうなど、性の自己決定権の侵害、人間の自由意志への許し難い冒涜以外のなんだと言うのだ。凡ゆる選択は判断材料を与えられてこそだ

・プリマのお徳用ウィンナーのチープな味。これはこれでたまにすごく食べたくなるんだよな。で、食べてる。うまい。

・物語シリーズのその時その時で最も面白いと思える展開にするためなら前巻までの設定や人物描写に必ずしも囚われないという姿勢はすごく少年ジャンプ的で、時々もの凄く腹が立つことがあるんだけど、まぁそれも含めての物語シリーズなんだろうな。

・あー、そう言えば細田作品もセルフリメイクたるサマーウォーズから一般に受け入れられたんだっけ。

・RT 自分達の信じている神は自分達にとってだけの神で自分達以外にとっては存在すらしないどうでもいいもの、という現実を受け入れられるかどうかだよね。それすら受け入れられないのは現代社会と齟齬をきたすし、狂信者まであと一歩。

・新海誠がポスト宮崎ポスト細田ってのは、ラノベっぽくないって共通点か?でもジュヴナイルっぽいよねw

・RT 火の鳥でも茜丸の我王への報復は悪いこと扱いだもんね。

・消防団ってのは、地元に密着した企業に勤めているから入らざるを得ない人で構成されている部分も大きいから、消防団の人手が足りないってのはつまり…

・「すぐに否定しないから怪しい」なんてのは他人の心の中まで支配しようという支配欲のあらわれだから、そういうことを言う奴は嫌い。

・最近のドラマでは、すぐに反応しなかった相手に「その“間”はなんだ!怪しい!」みたいな展開が多いけど、別に怪しくなくてもすぐに反応できないことくらいあるだろうがよ。いちいちそんなところまでチェック入れる奴、現実にいたら細かすぎてウンザリだw

・明後日から東北旅行なのに、なんで台風が来るのさ。

・NHK教育の語学講座のテキストって発売日が早くなったのか? もう来月分が入荷してた。まさか今更の話題ってことは…。

・こないだの番組で新海誠監督が社長の息子と聞いて、ああ親からの仕送りが期待できる金持ちじゃなかったら薄給のアニメーターは続けられないって本当なんだな、と寂しい気持ちになった。

・一般女優の名前を一文字だけ間違えて検索したらAV女優の結果が出た。よくあることだけど、これは供給がやたら多いから似たような名前ばかりになることと、延々と名前が残り続けるインターネットの特性なんだろうなぁ。最初に名前をつける時はタイヘンだ。

・回転寿司でシャリを残してそれを自慢する女なんて見たことないけど実在するのか?架空の痛い人物をでっち上げてみんなでそれを叩いたり笑ったりして溜飲を下げるのは感心しないな。そんな下品なオンナ、いたとしてもごく少数派だろうに。

・RT …まぁ、物理的な暴力は少しでも振るうと犯罪だけど、精神的な暴力はよほどのことがないと罪に問われないから、物理暴力に長けた男と精神暴力に長けた女では結果が見えているのですよw ここから尻に敷かれていた方が得であるという処世術が生まれる。

・単3電池で動くクールピックスA10の人気は、如何に専用バッテリーにうんざりしている人が多いかということだな。この人気を受けて各メーカーでバッテリーを共通規格にしてくれないものかな。

・クールピックスA10大人気だな。Amazonで数百円レベルだけどプレミアついてる。一時的なことだと思うんで供給が落ち着いたら買う。