Powered by Six Apart

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

胴上げ補助業というのはどうだろう

ファイターズリーグ優勝おめでとう!
普段は殆ど観戦してないけど、地元チームが勝つとやっぱり嬉しい(※)。
と、書き出しつつ、別に野球のエントリーではない。
栗山監督が胴上げされている様子を見ていて、かねてから考えていたことが思い浮かんだのだ。
胴上げの光景というものは、見る者をたいへんハッピーな気分にさせてくれる。
少なくとも俺はそうだ。
だが、その一方で、胴上げの失敗により地面に叩きつけられ重い後遺症が残ったり、ひどい場合は死に至るケースもある。
鍛えられたアスリートだからこそ危険は少ないが、一般人が真似て行うには危険がつきまとう行為だ。
とは言うものの、胴上げを禁止しろとは思わない。
小学校の組体操のピラミッドなんかは今すぐにやめてしまえと思うが、成人男子が行うならばそれはリスク管理の問題に他ならないからだ。
それに胴上げが危険というなら、お姫様抱っこはどうなのだろう。
お姫様抱っこの失敗で女性が半身不随に陥ったりもの言わぬ骸になったりという例があるかどうかは知らない。
だが、ことは男性の股間…じゃなかった沽券に関わるから、行う際の集中力は並々ならぬものであろう。
ロトの勇者が洞窟から宿屋のベッドまでローラ姫をお姫様抱っこで運んだ例からも分かるとおり、スケベパワーは男に無限の集中力を与えるものなのだ。
しかし、仮に不幸な落下が起きた場合に、女性は自らの体重が招いた事故と陰口を叩かれる屈辱を避ける意味でも、その事故を隠すことが考えられる。
知られていないだけでけっこう起きているかも知れないのだ。
俺はお姫様抱っこが好きだから(もちろん「する」方だ)禁止になっては困る。
胴上げが禁止になってその累がお姫様抱っこに及んではタイヘンだ。
いつも過度の嫌煙が酒に及んではタイヘンだと言っているとおり、推定有罪はろくな結果を生まない。
と言うわけで、胴上げをなるべく危険なく行うにはどうするべきか考え、タイトルにあるような胴上げサポート業はどうだろうかと思いついたのだ。
幹事はあらかじめ1次回の会場と終了時刻をサポート会社に知らせておき、サポート要員はそれに合わせ店の近くで待機している。
そして胴上げが起こりそうになったら連絡を入れる。
屈強なサポート要員達は、胴上げされている上司とほろ酔いの部下達の周囲を固めその趨勢を見守る。
幾人かはいつでも丸太のような腕で櫓を組めるように部下達に混じる。
そして不幸な落下が起きそうになったらすぐに身を呈してでも受け止めるのだ。
これなら安心して胴上げができるというものだ!
とは言え「そんなサポート会社に頼むなんて俺たちを信頼していないのか」ということになったり「サポート会社の話なんかされたから胴上げする気がなくなっちゃったよ。あーあシラけた」ということにもなりそうで、実際はこういう仕事は成立しないだろうなぁ…。

(※それにしてもこのまま日本シリーズに行けた場合、日程表を見たらセ・リーグ代表のホーム試合がが最初と最後の土日4試合と恵まれてるのに、パ・リーグだとそこに挟まれた平日3試合って、セ・リーグ優遇にも程がありますよね。北海道の地方に住んでたら平日だと札幌ドームに行けません…)

2016年9月29日 (木) 今日の鯨の囀り

・経済成長すれば老人の貯金はどんどん目減りしていくけど、それは自由経済の宿命なんで諦めなさい。

・RT 風魔の小次郎で「この木刀は樹齢◯年でその切れ味は真剣と変わらぬ(空覚)」って読んだ時は「だったら真剣を使えよw」と誰もがツッコんだことだろうw

・組体操がクラスの連帯感を高めるために必要だってんなら、クラス全員の合計点数を競い合う学力テスト対抗戦でもやったら?1人が悪い点数を取ったらみんなに白い目で見られるようなの。連帯感が高まるんだよね?

・長谷川豊の発言では、組体操の禁止を訴えるのは感情的、ってのが巫山戯るなって感じだったな。組体操は実質強制参加だろうが。こういう奴が組体操に参加しなかった同級生をあいつ感じ悪いよなとかネチネチ陰口を叩くんだろうな。何年も延々と。

・RT あんだって?〜屋は差別語?てことは「鍵屋〜!」「玉屋〜!」「それは差別よ!鍵店〜!」「そうだ!〜屋は差別だ!玉店〜!」「…なんだあいつら?」花火大会で場違いな声をあげる愚か者たちの姿がそこにはあった。

・小松菜奈の由花子は見てみたいけどそれだけかな。

・10月は稚内羽田間が2往復から1往復に減るのか。きっと例年のことなんだろう。季節的に島の観光シーズンも終わってるもんな。

2016年9月29日 (木)

どんどん買ってどんどん送ろう

こないだの上京で気づいたこと。
秋葉原のヤマトと佐川はもっと場所をPRした方がいいと思うよ。
それこそ電気街口の改札を出た目の前あたりにでも広告を出してさ。
いくらでかい買い物してもちゃんと宅送する場所が秋葉原にあるということ自体、知らない…ことはないけど、意識してない人は多いんじゃないか。
なんでこういうことを思ったかと言うと、グループSNEが翻訳した新作T&Tを買ったんだけど、箱が重くて重くて音を上げたんだよね。
中身がみっしり詰まってるのはいいことだけど、なんというかうれしい悲鳴。
他にも色々と買ってたし大荷物を抱えて、もう一歩も歩きたくないレベル。
で、ヤマトや佐川に発想が行かず、コンビニから送ろう、でもコンビニではダンボールは売っていない、ではドンキホーテでダンボールを買って…てことでさらにクタクタに。
(某氏には付き合っていただき、本当にお世話になりました)
で、その翌日にもう一度、アキバに行ったらラジオ会館の横の路地という一等地にヤマト運輸を見つけて、これを昨晩、知っていたらなぁ…とヘナヘナ萎れたのでした。
地方からアキバに出てくる人に、アキバに着いたらすぐヤマトと佐川の場所とその日の営業時間を確認してそれから買い物に出かけることを広く呼びかけたらいいんじゃないか。
すぐに送れると分かっていれば気分よく散財できるしね。
これは各電気店なり各種ショップにとってもいいことなんで、広告代は商工会かなんか(あるのかすら知らんが)で出してやってもいいくらい。
大荷物は狭い階段でも邪魔だし。
どうですかね?

2016年9月28日 (水) 今日の鯨の囀り

・サトシが別人と騒がれているようだが、「さとみしろう」とか「さやまとしお」とかそういう名前で渾名がサトシなのかも知れないだろう。

・なんだよ公式海賊本ってw 清純派AV女優みたいなものか。

・同じ国内でも映画の好みは分かれるのに、なんで海外でのシンゴジの評価を気にするんだ。

・100万本ゲームを売ったという嘘ならともかくw

・ゲーム世界一が嘘だったとしても別に卑劣犯じゃないし誰にも実害はないし。騒ぐようなことか。

・AV男優の胸をもみたがる人はマッチョな男優さんよりむしろぽちゃっとした男優さんの方を好むのではないか?

2016年9月28日 (水)

水着撮影会初参加

グラビアアイドルの水着撮影会に行ってきました。
と言いつつ写真がないという意味不明なエントリー。
まぁ、あまりいいのが撮れなかったんで。
代わりに本人BLOGのURLを貼ります。
行ったのはこれ↓
http://ameblo.jp/09223300/entry-12203671431.html?timestamp=1474847805
森村さきちゃんという娘。
童顔巨乳ですね。
DVDは5枚目というベテランでDVD内では堂々と慣れた様子なんですが、それでも撮影会では恥ずかしいのか顔が真っ赤。ひゃーかわいい。
なるほど、この臨場感がたまらなくて撮影イベントに病みつきになる人がいるのだな、と納得しました。
今回の旅行は人生初体験が多かったんですが、これもそう。
一度、この手のイベントに行ってみたかったんですけど、得てして東京開催ですし、なかなか機会がなくて断念していた。
だって、イベント参加券が貰える条件が東京都内の指定店舗でDVDを買うこと、なんですよ?
買う時とイベント当日の2回も北海道から上京できるわけないじゃないですかw
でも、今回はイベント前日から東京入りしてたんで、どうせアキバには必ず行くんだしもし前日に券がまだあったらそこでDVDを買って参加しよう、くらいの気持ちで立ち寄って、そしたらまだ余裕があったというわけです。
それにしても会場だったソフマップモバイル館、一般的な会社の小会議室くらいしかなくて、こんな狭いところだったんか!
ここで何度も色々なイベントがあってそれらの記事の写真からはいつも広々としたイメージを受けていたんで、これは意外でした。
ていうか、俺ここ来たことあるぞ。
いつになるか分からんくらい(おそらく10年以上は前)の大昔だけど、その頃はここも何かの売り場だった筈。
アキバの再開発でどんどんフロア面積の大きなビルが建って時代に取り残されつつあるペンシルビルが今やイベント会場として利用されているとは時の流れを感じさせます。
例えば、これだけ狭いと車椅子のファンが(DVDは知人に買ってもらって)当日にいきなり参加を申し込んできたら対応できないですよね。
いきなりやってこられたら対応できないなんてバリアフリーじゃない!とかクレームついたらヤバいw
冗談はさておき、みなさんがデカいカメラを持ってる理由が分かりました。
わたし普通のコンパクトデジカメで参加したんですが、なかなかピントが合わないこともあって、連写が効かない。
室内で人物を撮るのになんでデカいカメラが要るんだ?みたいに軽く考えてましたけど、ちゃんと理由があったんですね。
写真のことなんも知らんからな、俺は。
カメラなんかテキトーでいいとずっと思ってましたが、新たな物欲が来そうで怖いですw
何事も実際に体験してみないと分からんものです。
なかなか楽しかったんでまた参加してみたいけど、地方在住者には厳しい参加条件はなんとか…ならんだろうなぁ。

2016年9月27日 (火) 今日の鯨の囀り

・昔の人は自然の中で生きていたというが、今から見ると牧歌的に見える昔の村も当時最先端の技術で自然の脅威から身を守るためのものだろうに。

・レーシックに本当に副作用があるのかは知らんが、レーシックの成功例ばかりじゃなくて失敗例や副作用についても知ろうと「レーシック 失敗」「レーシック 副作用」で検索しても、失敗や副作用の心配はありません的な礼賛頁ばかりが検索上位を占めてて決定的に胡散臭い印象を持ったのは事実。

・アキバに久しぶりに行って思ったのは狭い店舗に掘り出し物のみを並べて勝負する店が減ったということ。トキワムセンはまだ残ってるけど、トキワムセンみたいな店がたくさんあったよな。

・RT 確かにメガドライブ版スペハリやドラクエVを出してくれたら大喜びで買う。

・イノシシの生食を批判することが刺身料理の伝統を持つ土地への蔑視に繋がらないよう、あくまで広い意味での生食について語り刺身のことにはあまり触れないみなさんの様子に、俺は心を打たれている。やっぱり日本は差別が少ないいい国だよ。これだけ思いやりがあるんだもの。

2016年9月27日 (火)

なんでそこを探さないんだw

逆転検事(DS)第4話「過ぎ去りし逆転」をクリア。
旅行中の移動時間でかなり進めると思ったんだけどなぁ。
それにしても…いやはや、前中後編毎に感想を書いてると、解いてみたら以前の前中編何れかの終了時点での感想がかなりトンチンカンなことになってたりしますねw
具体的にどこがなのか言うとネタバレになっちゃうんで言いません。
まぁ、7年も前のゲームのネタバレなんて気にしなくていいとは思うんですが、やっぱりネタバレは嫌なんで。
しかしなぁ…。
あるものを探す時に普通は最も最初に探すであろう場所を探していなかったというのは、ちょっとシラけた。
ストーリーはよかった筈なのに、そこが気になって仕方がない。
非常に頭がいい人物として描きたいキャラだろうに、これでは少しも頭がいいようには見えない。
ある程度までなら、プレイヤーが解けなくては仕方がないんだから(もっとザックリ言うとゲームだから)、ということで大目に見られるけど、その限度を超えちゃった感じ。
敷居を低くするのもタイヘンだ。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/1/index.html

2016年9月26日 (月) 今日の鯨の囀り

・プラトニックラブはきっちりラインが引かれたもんじゃないんだよ。電話で真面目な話してたらあそこが興奮してきて屹立したナニから優しい気持ちが全身に広がっていくってよくあることだろ。

・まだ見てないけど、君の名は、は富士山さんは思春期と同じような馴れ初めってことか。着替えを覗いてムラムラ来たのがキッカケで付き合い始めたけどその後の2人はベストカップルそのものって凄くよく分かったからなぁ。

・じんぽうちょう(←何故か変換できない)、をやっちゃった。東京に住んでないとこんなもんだよねw

・そう言えば山手線を待ってて来たと思ったら対岸の通過車輌でヤレヤレと見送ってふと反対側に首を返したら待ってた車輌がいきなり入ってきて驚いて、まぁ我ながらいかにも北海道の田舎者の反応なんだけど、滝沢国電パンチってこういうシチュエーションの時に思いついたんだろうな、と思った。

・フィギュアーツのマイケルジャクソンを開封したんだけど、首のジョイントが華奢で脱着が怖い。差込口が引き出せればよかったのに

・稚内着。やっぱり涼しくて過ごしやすいわ。今のうちは、だけどw

・一昨日にイエサブ秋葉原で売ってたクラシックD&Dのコンパニオン2セット、マスター2セットのうちコンパニオン1セットは俺が買ったのだが、昨日また店を覗いたら残り全て売れているとはw マスターセットはプレミアついて15Kに18Kだった筈だけど、それでもまず見ないもんな。

・東京に限らず内地で思うのはトイレが少ないこと。札幌みたいにもよおしたら近くの雑居ビルに入れば外来者も自由に使えるトイレがあることが多いなんて恵まれた環境はそうそうないんだな。札幌のよき伝統なんで受け継いでほしい。

・君の名はのヒットに対し、小倉智昭がこういうの子供が見ても分かるんでしょうか、とか言ってる時点でまだまだアニメは「アニメ」としてしか見られてないってことですね。ああいう発言を根絶していかなきゃならんのよ。

・アニメに子供向けも大人向けもない?いや、あるだろ。だって実写ドラマには子供向けと大人向けがあるじゃないか。アニメというのは絵を動かすという手法にすぎないんだから、実写にあるものは当然にアニメにもなきゃおかしいし、アニメというだけで一ジャンルになるのはアニメへの偏見なんだよ。

・しかしフォーゼは抗議を受けようが最後までリーゼントで通したわけでね。ジャスピオンのアンリの男言葉の時に比べたら格段の進歩だよ。

・はじめてジョナサンに入ったが、なるほどYシャツ美人好きにはたまらない店だな

・東京に来ると朝飯を食える店の多さが羨ましい。北海道だと札幌の中心部ですら十分ではない。点在してるという意味で。

・最近のカプセルホテルは昔みたいな奥の深いコインランドリーみたいのじゃなくてけっこう快適なんだなー。

・内地の湿気には慣れないw

2016年9月26日 (月)

国会図書館デビューしました

初・国会図書館!
国内のあらゆる出版物を網羅する国会図書館には一度、行ってみたいと思っていました。
今回の目的は
1.あるプレミア付きのコミックスのうち特定の一話だけが読みたいので、それをコピーすること。
2.ある漫画の連載中はカラーページだったがコミックスでは(さらには電子書籍でも)白黒だった話のカラーが見たいので、それもコピーすること。
の2つ。
でも、慣れないこともあってけっこう大変でした。
そもそも最初は9/25(日)に行って休館日だったことからケチがつきはじめます。
東京メトロ半蔵門線永田町駅の2番出口。
そこを使う人が多いんでしょうね。
改札を出たところにわざわざ休館日です、と看板が立ってましたw
…休館日くらい調べてから行けってハナシですが、言い訳をさせてもらうと、だって殆ど全ての図書館は月曜日が休館日じゃないですか。
しかし考えてみれば、国会図書館は貸出を行わず国内出版物の保管を主目的とする特別な図書館。
一般の図書館が日曜日に空いてるのは利用者が借りやすいように便宜を図っているだけなのですから、そんな配慮を行わなくていい以上、他の官公庁と同様に日曜が休館日なのは仕方がないのでしょうね。
というわけで9/26(月)に再チャレンジ。
でも、旅行最終日なんですよね。
13:55羽田発に間に合うか?
そのためには9:30の開館と同時に入館し、遅くとも11:30には終わらせたいところです。
…危なかったw
ミッションコンプリートは11:20でしたよ。
みなさんもこれから利用することがあるでしょうから、わたしの失敗談や気づいたことを書いておこうと思います。

流れは次のとおり。
1.検索端末で目当ての本を見つけて決定する。それを受けて司書さんが巨大な書庫から本を探してくる。だいたい20〜30分はかかるので静かに待つ。探し終わると検索端末に資料が揃った旨が表示されるので、5分おきくらいにチェックを入れる。
2.カウンターに本を取りにいく。
3.中身をチェックしほしいページが何頁から何頁までか決めて、fromとtoに栞を挟む、さらに司書さんにコピーをお願いする(自分ではできません)ための書類をプリントアウトし、必要事項を記入。コピーをお願いするカウンターに持っていく。
4.きみはコピーが終わるまで待ってもいいし、後日の郵送をお願いしてもいい。

簡単そうでしょう?
でも、本と雑誌は別のコーナーなんで別々に処理しなきゃならないのと、雑誌の検索にはコツがあってそれがなかなか分からなかった上にミスして別の号が来てしまったことで時間がかかってしまいました。
まず端末の検索画面自体が雑誌以外の普通の本に向けてレイアウトされてるんで分かりにくい。
「少年マガジン」で検索しても殆どヒットしなくて「いや、そんな筈はないでしょ?」と。
マニュアルを熟読すること暫し。
そしたら一番右の目立たないタグにキーワード検索があったのでまずは「少年マガジン」で検索。
探している「週刊少年マガジン」を全件表示し、それを発行年で絞り込む。
そしてあらかじめ用意しておいたメモを元にほしい号を決定するわけです。
しかし、ここでミスが。
週刊漫画雑誌は背表紙に何号か書いてますよね?
その数字じゃダメなんです。
雑誌の号数って正式には増刊号も合わせた数字になってるようで、例えば40号がほしいと思って40号を決定したら別の号になっちゃう。
ではどうするか、表記の最後に(40)と書いてあるのが正解です。
週刊少年マガジン35(45)…(40)とある場合、創刊して35年目の年に出た(増刊やムックも含めた)45冊目で、背表紙に書いてあるのは40号、って意味なわけです。
ここを間違えるとみすみす40分ほどロスをするし、司書さんにも迷惑をかけることになります。
…でも、わかんないよね、こんなこと。すいませんw
他に気をつけるのは開館は9時30分だけど、利用者登録はその前からやっているということ。
利用者カードがないと利用できないんで、これは早めに行っておいてよかった。
さて、郵送をお願いしたんで届くのが楽しみだ♪

2016年9月25日 (日) 今日の鯨の囀り

・差別だから悪いというわけではないからなぁ。例えば交通事故率の高い若者の方が保険料が高いのは正しい差別ですよ。「全ての若者が危ない運転をするわけでもないのに若者だというだけで一緒くたにするのは差別だ!」っつっても統計的事実を根拠にしてるから仕方がない。

・ブラックエンジェルスの大地震編以降もけっこう好きなんだけど、あの引き伸ばしを行うために神父がああなったと思うと複雑な気分だ。

・山手線で田町に着くと、「土星マンション」のタマチくんを思い出す。

・RT マッタクだ!昭和を昭和30年代のことだと思われるのは迷惑だ。昭和生まれはみんな30年代のことを知っているかのような決めつけ。生まれてねぇよw!

・上京すると限られた時間で次々と予定をこなすんで、次々とリックドムを撃ち落としてる気分になるぜw

・メイドカフェもガンダムカフェも札幌では狭い店内でメイドとマンツーマンで濃いアニメトークができる空間だが秋葉原では広い店内でショーとかなんだな。札幌方式の方が好きだけど、東京では地代も高いしたくさん客を入れないとやってられないんだろう。これはどっちがいいというわけではなく一長一短か

・国会議事堂の参観に参加しながらあの映画ではこの階段をテロリストが駆け下りるが駆け下りたら危ないだろうとか、あの中央議事堂の天辺から曲者が高らかな笑いを響かせたら地上の警官隊から聞こえるだろうかと思いながらだったので、2倍、楽しめたw

・自分が丁寧口調で論敵がタメ口だった場合、第三者から見た印象はずっと自分が有利で、そういう状況は願ったり叶ったりなのに、それがゆるせないって根っからの感情的な人間なんだなw 腰の低さを競い合うのは日本社会の悪弊っちゃあ悪弊なんだが、社会人ならそれを上手く利用しないとねw

・トレーダーの海外ゲームコーナーでドリキャスの新作アクションゲームを買ったが、そろそろ何を持って何を持ってないのか記憶があやふやになってきたw

・絵に描いたキャラは別腹ですよ。
このキャラに魅力を感じている読者も、全く違ったタイプの彼女や奥さんを大事にしているでしょうし。
ちょうど、この絵に腹..「日本版『女子高生探偵シャーロット・ホームズ』の表紙に対する一部の批判」 https://t.co/C6whHCvDNi

・もうほしい海外ソフトもあんまりないんだけどね。見つけたらすぐ買うったらマイクロマシーンズアーミーくらいかなぁ。

・海外ソフトを買う気力はなくとも眺めて癒されたかったんだ。

・海外ソフトの店がないアキバなんて魅力激減だ

・まぁ、物凄く設定に凝った超マニア向けのSFであっても、地球から見た各星座が地球から遥か遠く離れた移民星からはこう見えるって設定だけはやらないわけでねw 面倒くさいわりに視聴者は自分の星座が似ても似つかない形になったとガッカリするしでいいことないんだねw

・トミーテックの1/144バルキリー飾ってあるの見たけど大きさピタバン1/200とたいして変わらんような。ピタバンはバトロイドは1/200だけどファイターガウォークは1/144くたいだったのかもな。

・香山リカがタカラトミーから芸名の使用を禁じられる日も近そうな。

・国会議事堂を見ていこうと思ったら参観に向かう団体があったので付いてきた。せっかくだから参観していこう。

・永田町まで来たのに目当ての国会図書館が休館日だった…。調べてくりゃよかった。まぁ場所の確認と国会議事堂だけ見ていくか。

・上京しても土地勘がないので、友達の住んでいるところがいきなり呼びつけてもいいところなのかダメでも数週間前ならいいのか何時までなら飲んでていいのか、そこらへんの位置感覚距離感覚がないんだよね。そういうのを分かりやすく明示したアプリないもんかね。

・アメリカとイギリスとベルギーとケルンでビールの修行をしてきた女の子達がその技を競い合うアニメってないの?主人公の修業先はチェコでライバル校に「わざわざありきたりのピルスナーなんてw」と笑われるんだけど、やがてジョッキを交える仲になる。そしてラスボスはドイツ…完全にガルパンだけどw

・普通に面白いっていうっと興奮するほど面白くはないって聞こえるし普通にかわいいっていうとドキドキするほどかわいくはないって聞こえるよね。全然ほめてないw