Powered by Six Apart

« 2016年8月 7日 (日) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年8月 8日 (月) 今日の鯨の囀り »

2016年8月 8日 (月)

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第六章「列王の災難」

今週はギスカールの回。
はっきり言ってかなりの極悪人の筈なんですが、頼れる味方が殆どおらず全てが彼の肩にかかっている気苦労を思うと、なんだか応援したくなります。
…いや、それじゃまずい!
だって、ルシタニアのパルス遠征軍の実権を握ったということは彼はラスボスですよね。
にもかかわらず依然として彼から漂う中間管理職の悲哀。
ヒトカワ剥けて一国の王に相応しい威厳を身につけるにはどうすべきなのか。
…非情な命令を下すってのは、今までに散々やってるしなぁ。
それでも血を分けた兄を手にかけるのは心に後味のよくねぇものを残すぜってんでやってなかったのを今回、決行。
にもかかわらず、あまり成長していないような…。
何も原作そのままじゃなくていいんだから、ギスカールにはもっと強敵っぽい何かがほしいところです。
今回はギスカール以外もぬるくて。
人のことを信じすぎて疑いもしないイノケンティス、エトワール、イリーナ。
3人もいるから余計に目立ちます。
まぁ、イリーナについてはそこまで求めるのは酷ですけどね。
もし彼女が健常者だったら絶対に話が旨すぎる、おかしいと判断すると思う場面だけに、それにつけ込むギスカールも小物に見えました。

公式サイト
http://arslan.jp/2/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33903731

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第六章「列王の災難」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。