Powered by Six Apart

« 2016年8月20日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年8月21日 (日) 今日の鯨の囀り »

2016年8月21日 (日)

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第八章「風塵乱舞」

第2期終了。
アルスラーン、アンドラゴラス、ヒルメス、ついでにボダンがそれぞれ王都エクバターナを目指すキリのいいところで終わりました。
第2期の殆どをギランにおけるナルサスとシャガードの因縁が占めていたこともあって、ここのところイマイチ影の薄い王太子殿下でしたが、最後の最後にきっちり決めてくれました。
アルスラーンの決意にまず驚きを次いで嬉しそうな表情を浮かべるナルサス。
アルスラーンが決してナルサスの操り人形ではないことを、他ならぬナルサス自身が喜んでいる様子。
これぞナルサスが、そして他の臣下達がアルスラーンに中世を尽くす理由なのでしょうね。
しかも、その認識はアルスラーン派に限らない様子。
かつては率先してギーヴを邪魔者扱いし最もトラブルメーカーだったザラーヴァントがアルスラーンの肩を持ちアンドラゴラスの王太子への仕打ちに不満を漏らすのは、アンドラゴラスにしてみればたいへんよくない傾向です。
これ、戦後処理で粛清の嵐が吹き荒れるパターンですから、彼等を救うにはアルスラーンが戦後のパルス宮廷で発言力を持ってなきゃなりません。
ですから、アルスラーンがアンドラゴラスの功績で王都奪還が成されたら古いやり方を踏襲されかねないという理由で(ついでにエトワールの頼みと「たまたま」一致する形で)進軍を決めたのは、一粒で二度おいしい選択なわけです。
王者の道を貫いた事が結果として権力争いの上でも有利に働く。
まさに君主の器です。
細かいところでは、せっかくルクナバードを入手したのにあっさりヒルメスに奪われるボダンにガッカリしたり、逆にキシュワードがアルスラーンの出自について抱いていた疑惑が密書を燃やされたことで確信に変わったのは台詞で説明するよりずっとよかった。
第2期最終話ということもあって、説明的な場面ばかりで終わるかと思いきや、内容の濃い回でした。

公式サイト
http://arslan.jp/2/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33914877

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第八章「風塵乱舞」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。