Powered by Six Apart

« 「自殺島」最終回 | メイン | ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ) »

2016年8月28日 (日)

2016年8月27日 (土) 今日の鯨の囀り

・やはり毎号リアルタイムで読んでた長期連載漫画の最終回の余韻を味わうのっていいわ。これがあるからコミックス派に転向できない。

・スーパーに蛸ササメという初めて見る部位が売ってたので買ってみたんだけど、どうやら蛸の肺みたいだね。

・好きなキャラのSD版を自分で描いてみると、簡単そうに見える三頭身キャラがいかに難しくデフォルメにセンスが必要か分かってくるので、絵心がない(俺みたいな)人でもやってみるべき。漫画家ってすごいな、って思えるようになるだけでも収穫。

・余ったラードを使い切るのって他の食材より苦労する。毎日、使うと体によくないしね。

・今週のベルセルクでマニフィコさんの野望は潰えたわけだが、明らかに邪魔になったキャラの決着を最後までやってくれたのはよくも悪くも誠実だね。

・ヒートホークって絵によってはザクの腰に刃のない状態でホールドされてるし、これを設定ミスと考えずに無理やりこじつけると、実はヒートホークの何割かは先行試作型のビームタイプなんじゃないかとw

・警告を無視して違法操業か。まぁチャイナ漁船の自業自得だな。さっさと泣きべそかきながら逃げりゃよかったんだ。

・figmaのクリスタルボーイを開封したら、右手を固定してあったテープに金箔がくっついて剥がれちゃったよ。ひでぇ…

・とくれせんたぼーび #知っているとゴルスタで垢BANされること 今や「Bボタンのあるゲーム機」でプレイしてるとは限らないもんね。

・ベルセルクのパック一族は、モンスターメーカーの「戦士ミリエーヌはマリエーヌ五姉妹の2人目」を思い出すw

・今週の「ベルセルク」のバラエティ溢れる妖精達は必見。みんなD&Dやドラクエからファンタジーに入って、そうなると殆ど全てのゲームや漫画で戦闘に関係しない「ファンタジー世界の住人」はほぼ無視されている。そこがカッチリ構築されていてこそ世界を感じるわけで、そこがベルセルクのよさなわけだ

・三浦建太郎が「でかい剣を振り回すための筋肉や足の位置も考えて登場させたのに、今やイケメンホストみたいな細いキャラが振り回して…」みたいなことを。やっぱりそう思ってたんだね。普通そう思うよ。

・原哲夫と三浦建太郎の対談。三浦建太郎の信長は原タッチに似せてあるけど、原哲夫のガッツは完全に隻眼のケンシロウですねw

・相手を攻撃する時は推定有罪。自分が攻撃される時は推定無罪。人間てそういうものだよね。でも時々は振り返って踏みとどまらないと。それができないのは禽獣と同じだよ。ケダモノだ。

・反戦歌ってんなら「隣国よ 攻めやがったら やり返す だからお互い 平和でいましょう」だって反戦歌だと思うよ。

・要するに勝部大先生は名誉白人ならぬ名誉女性なんだね。本当はお前は汚らわしい呪われた男だが尻尾を振る姿が健気だから女性に準ずる者として認めてや..「リオ五輪の閉会式における日本のプレゼンムービーに制服の女子高生が出てきて大激..」 https://t.co/iHwh8pGT6c

・本当は自分より若い女がチヤホヤされるのは全て嫌なのだが、それを言うと馬鹿にされ嘲笑の的になるので、取り敢えず高校生あたりをターゲットにしてる..「リオ五輪の閉会式における日本のプレゼンムービーに制服の女子高生が出てきて大激..」 https://t.co/TcNwqkhg9l

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33920393

2016年8月27日 (土) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。