Powered by Six Apart

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

レジ閉めで合わなかっただろうなぁ

某スーパーで3104円の買い物をしたんですよ。
で、小銭が多くなるのが嫌だから5110円を払った。
誰でもよくやることですよね。
そしたらお釣りが合わない。
5000円を払った時のお釣りしか来ない。
だから、お釣りが少ないですよ、と言った。
怪訝な表情をされた。
で、レジの中の金額をチェックすれば、こっちが正しいことは分かるわけなんだけど、何せこれから帰省先から自宅に帰るところで、JRの発車までそう十分な時間もなかったし、ああ、いいですと言って引き下がった。
もっと怪訝な表情をされたけど、こっちだって急いでいるんだし、110円ぽっちのためにリスクを負うわけにはいかない。
てなわけでひょっとしたら「釣り銭を誤魔化そうとした客」疑惑を持たれただろうし、但しその疑惑はレジの締めで110円が合わない時に晴れると思うし、研修中の名札が胸につけてあった女の子なんで先輩に怒られたんじゃないかとも思ったんだけど、まぁ仕方ないねということで心残りながら札幌を離れたのでありました。
…そこそこ可愛い子だったし、時間があれば釣り銭間違い対応の実地訓練に付き合ってやってもよかったんだけどね。

2016年8月30日 (火) 今日の鯨の囀り

・酒という薬物の力を借りてやっと精神の平衡を保つ。何と脆弱な生き物であることか。

・人間がこれほどまでに酒を愛するのは何故かという問いへの答えが考えることから開放されることなのだとしたら、人類の知的活動全てはいったいなんだったのか。人間は考えたくない生き物なのか。それに付け込む者達にどう対抗すべきなのか。問いは尽きない。しかしながら泥酔なう。

・泥酔なう。マウント泥酔国際スキー場。ぐへへ

・セガがオルタンシアサーガ略してオルサガというゲームを出してるようだが、高校生の頃、仲間内でオルバシームサーガというリレー小説を書いてて「オルサガの続きまだ?」みたいな会話をかわしていたから、オルサガという言葉を聞かされると催促されているようで穏やかではないw

・ファンロードだかに載ってた「北斗ラ行変格活用」「ありっ!」「おりっ!」「はべりっ!」「いますがりっ!」で覚えたんで、今さらいますがりじゃなくていまそかりが正しいんですって言われたって困るのだよw!

・Amazonは他の通販サイトでやってるように「◯◯円以下になったら通知する」機能をつけた方がいいんじゃないの?だってテンバイヤー氏ね!

・サーバインは俺が知らなかっただけでみんな知ってたのだね。でも…HJに告知あったっけ?

・AmazonからROBOT魂のサーバインとボゾンの通知がきた。どっちも買うしかないわけだが、最速情報がAmazonって時代なんだな。

・ずっとガンバロンのOPを「トブーン、バクシーンは駄洒落なのになんでフライヤーは英語なんだよ。おかしいだろ」と思ってましたが、ヒライヤーだったんですね。すんませんw

・我が名はいももち三太夫!

・大作RPGを作るのに2〜3年かかるとして、2〜3年後に大手量販店に一定規模以上の売り場が確実に存在していると言い切れるゲーム機がどれだけあるか。だからCRPGはゲーム機メーカーが自ら出すのが一番いいんだね。

・アイコンという言葉を目にすると「愛子という女性が同級生からあいこんという渾名で呼ばれているということはあるのだろうか?」などと考えてしまうのだった。

・差別をなくしていきたいとはみんな思ってるだろうさ。でもグレーに見えるだけで無関係な人ごと推定有罪で根こそぎやってしまおうなんて絶対に看過ならない。

・RT ふうむ。イタリアンスパゲティ、和風うどんに対応するのはインデアンカレ(ry

・稚内のゲーセンにも艦これアーケードがあるんだが、だいたい高校生か大学生がやってるんだよな。

・モンスターメーカーは腐らせるには惜しい題材だ。

・RT 今のドイツボードゲームブーム(静かな)からモンスターメーカーやドラクエカードゲームは切り離されちゃってるのよね。

・11月末発売のモンスターアーツシンゴジ、やっぱりAmazonでプレミアついてんのな。買わねぇよw テンバイヤー氏ね!

・Aさんが自分の好きな作品を貶した時、Aさんの好きな作品を引き合いに出して「分かります!同じ理由で◯◯もダメですよね」と返せればいいんだが、なかなか綺麗な形には収まらないよなあ。

2016年8月30日 (火)

対策されてないネットカフェ巡り

いやー面白い!
これだからネットカフェ巡りはやめられませんね。
特に普通の喫茶店や書店が一部の席だけPCを置いているようなところ。
こういうところはネットに詳しくないんだか経費をケチってるんだか分かりませんが、最低限のソフトを入れてないことがある。
普通は電源オフで全ての入力情報が消えてしまうようになっていて、例えばわたしの検索履歴その他もろもろが次の客に知られることはありません。
しかし、そういうソフトを入れてないとなると…。
どうやらわたしの前の客はちょっと政治的に偏った方のようでした。
わたし、個人情報が残ってるPCを見つけると、ブラウザの窓や任意の入力欄にあいうえお順に打ち込んで、前の客がどういう入力をしたか一通りチェックしてどういう人か想像して楽しむことにしておるのですが、なかなか人間模様が反映されていて面白いです。
まぁ、単なる想像ではあるんですけどね。
この人だって、政治的に偏った人なのか、偏った人をヲチしている人なのか、分かりませんものね。
あくまでプロファイリングごっこではありますが、たまにこういう興味深い検索履歴入力履歴の人がいるんで、ちょっとした暇つぶしにはなるわけです。
ただ、あまり性格のいい趣味ではないんで、時々、バチが当たることが。
前に他のネットカフェでサーフィンしてたら、ガチホモなアフィリエイトがズラリ並んでてサーッと青ざめたことがあるんですよね。
わたしの前の客がこういうのを見てニヤニヤしてたのかと思うと気持ち悪くて気持ち悪くてすぐに店を出てしまいました。
ほどほどに、ってことかな。

2016年8月29日 (月) 今日の鯨の囀り

・言わんこっちゃない、と聞く度に「イワン・コッチャナイというロシア人はいないのだろうか?」と考えてしまうではないか。

・小山田いくにシンゴジを観せてあげたかったよな…

・バンダイのマッスルビルドシステム、すごいな。誰もが思うだろうけど、このシステムで範馬勇次郎の背中を見たい。

・おお!T&T発売日の頃にちょうど札幌に行く用事があるから通販じゃなくてイエローサブマリンで買うかな。…とらのあなやヨドバシじゃ扱わないよな、きっと。

・無数の槍を四方から突き刺された弐号機とシンゴジのあの攻撃はビジュアルイメージ的に重なる。

・RT 分かるんだけど、そういう語学初心者を「調子に乗って」と感じること自体が、日本人が語学に弱い理由だと思う。みんなして足を引っ張って萎縮させるんだもの。

・逆転裁判6のレビュー「も」長くなってしまった。ネタバレしないようにゲームの面白さを語ると長くなってしまうんだよなぁ。

・HJのクリアレジンで置き換えたフィギュアーツシンゴジ。あのゴジラには骨がないかも知れないことを考えると、クリアパーツであることが二重の意味を持つように思われてくるのだった。

・HJシンゴジ特集読書中。竹谷さんも初ゴジラがモスゴジなんだな。俺もモスゴジが最初なんだが、確か凄く有名な映画の同時上映だったんだよ。リバイバルで。だからモスゴジが最初だった人は多いと思う。

・なんだかんだで続きが観たくなったのでガメラvsバルゴンを借りてきた。1作目は色々と荒い映画だったけど、少なくとも特撮周りはちゃんとしてるから。続くからにはそれなりの理由があるんだな。

・ドクターフーを知ってから毎週のようにSFドラマが放映されていることが羨ましくて仕方がなくなった。だから巨災対シリーズとか夢見てしまうんだ。

・うん。シン・ゴジラの続編じゃなく、巨災対が様々な人類への脅威に立ち向かうウルトラQやサンダーバードっぽいのが観たいな。それだったらテレビドラマでも可能だしね。

・「ダンジョン飯」を楽しみながら、四半世紀ほど前にはTRPG専門誌に「モンスターを食べる漫画を読んだ。食文化に対する浅薄な理解が云々」みたいなコラムが載ってそれが当時のファンの支配的な考え方だったことを思い出し、結局こういうのは空気を作り出すほどの実力があるかないかなのだなぁ、と。

・若かりし頃、特撮ヒーローものの敵組織がなんとか帝国ってのが嫌でたまらなかったことがあったなぁ。国ってどこに国民がいるんだよとか植民地がなきゃおかしいだろとかツッコんでた。今では全く気にしなくなりましたがw 某カルト宗教が国を模したことも大きいかな。

・ただ、モビルスーツは大方の人間より比重が小さいから、実際はそんなに怪力ではないかも知れない。

・しかし、孫文の「美味しいものに国境はない」ってMASTERキートンでしか読んだことないけど、本当に言ったのか?

・孫文は美味しいものに国境はないと言っているが、異性の肉体美を愛でることにも国境はない。

・ブルキニ姿の同胞の女を見た男のムスリムが女の脚線美に敬意を払うことを覚えればそれはやがて抑圧からの開放にそして異国の価値観を受け入れることにやがては世界平和に繫がるのだからブルキニを禁止してはいかんだろう。己の下心に向き合ってこそ人間は自由になれるのだ!

・火吹き山の魔法使いに出てくる鉄の一つ目巨人は鉄でできた彫像なのに、生身の一つ目巨人と技術点も体力点も同じなのなw

・RT その悪習は0080から始まったんだよな。バズーカあるのにパンツァーファウストとか馬鹿丸出しだよw そういう意味で「ロボットの骨格でしか撃てない銃器」であるザクマシンガンこそガンダムにおけるセンスオブワンダー!

・航空機のチケット取るのにANAのサイトが死ぬほど重たくて、今日が28割のリミットなんでイライラ。てっきりこの悪天候のせいでアクセス集中かと思ったけど、ipadが重たい時の解決法「言語設定を英語にしてから日本語に戻す」をやったら解決したんで単にバッファが食われてただけだった模様。

・甘え上手が得なのは男も女も関係なかろうに。プライドと秤にかけて自分自身で選んだことに今更、泣き言はやめるがよかろう。

・アシモフのロボット三原則もアシモフの意向を無視して権威として利用されてて俺も何度も腹立たしい思いをしてるんだよな。アシモフ自身が三原則の欺瞞を主題にした長編を発表してるよ、って何度も言ってるんだけどね。聞きゃあしない。

・RT 手塚治虫という権威を人権の象徴として利用するのがあまりに便利なものだから実際の作品のことなんかどうでもいいって人はいるわなぁ

2016年8月29日 (月)

逆転裁判6(3DS)

長かった!
やっと長い長い第5話「逆転の大革命」をクリアし、オドロキくんが弁護士として一人前となるまでの大スペクタクルを存分に楽しませていただきました。
力づくの後付けでもグイグイ引っ張られりゃそれでよし!
全編を通してストーリーとキャラの良さが際立った一品でした。
まぁ、力づくというのは強引な展開が目立ったからですね。
ちょっと前のエントリーでナユタを悪人だと書きましたが、実際、テリーマンやトキの改心前のような極悪非道っぷりでしたからねぇw
それを力技で感動まで持っていく場合、他の作品では呆れてしまうことも多いんですが、これでもかとナユタが実はいいやつだが心を鬼にしなければならなかった理由や描写を機銃掃射のように叩きつけられると、なんだか何時の間にか感動してしまうのでしたw
強引、大いに結構!
ラスボスは「滅茶苦茶なやつ」でした。
法と理論と整合性で戦うべき法廷で大前提を覆すルール違反をやらかす、弁護士なら絶対に負けるわけにはいかない相手。
「2」の悪役・王都楼は着々と己の犯罪が無罪となっていく中にあって、たとえ今の裁判に勝ったとしても悪くなったイメージは取り戻せないことに自覚的でした。
それに比べて今回の悪役は誰にどう思われようと痛くも痒くもない感じ。
法をせせら笑ってすらいる。
だからこそ、クライン王国という異国、弁護士が忌み嫌われ被告人が有罪になったら弁護士も連座する弁護罪なんてものがある国で、それでも弁護を行う王泥喜法介や成歩堂龍一に感情移入できるのでしょう。
やってる間、ちょっと不安だったんですよね。
被告人が有罪で死刑になったら弁護士も死刑だなんて理不尽な法制度の中、それでも脅しに屈しないからには、それだけの強い理由が要る。ゲームだから、ではなくプレイヤーとしても自分を納得させたい。どうせゲームだし死なないことは分かっているから、というメタな冷笑が浮かんだ故の「退かない」という選択では艶消しだ。
その不安が杞憂に終わり「ここは引き下がれないだろ」という気持ちを湧き上がらせてくれ2人と理想的なシンクロをさせてくれた場面は、このゲームの白眉と言えるでしょう。
「4」でナルホドくんはルール違反をやらかしました。
法にではなく推理ゲームを知的遊戯たらしめているルールへの違反です。
推理ゲームに十戒はないけど、あるとしてそのレベルの違反。
ゲーム発売当時に導入された我が国の裁判員制度をモチーフにしたシステムで、証拠がなくても状況証拠の積み重ねで裁判員の心象を最悪にすることで仇敵を牢獄に送り込んだ。
個人的にはこういうのもありかな、と思ったけれど、評判の悪い理由もよく分かる。
大きい仕事ができる大物弁護士になったのか、という頼もしい感じ以上に、体制側の人間になったのかというガッカリ感が強かったのも事実ですからね。
そのリベンジになっている。
現実の事象とシンクロさせるという方向性を一度の失敗であきらめずに再度チャレンジしている。
逆転裁判をプレイしていると検事がワルモノに見えてきます。
その反面、現実世界では凶悪犯罪者の弁護士が激しいバッシングに晒される。
ナルホドくんにヤジを飛ばすクライン法廷の聴衆達はわれわれの姿でもある。
弁護罪はポピュリズム次第で導入されかねないもので、決して荒唐無稽な設定ではない。
そして卑弥呼を思われる託宣の儀式。
古代の裁判はこう行われていたんだろうな、と思わせてくれるこの儀式は、クライン王国に不思議なリアリティを与えてくれました。
…まぁ、儀式へのツッコミ自体は難易度の高い謎解きを仕込もうとすると高すぎてしまうから易しくせざるを得ないのは難点ですけどね。
概してシステム自体の面白さよりもシステムとシナリオの相乗効果の方を優先しているので、仕方ないかな。
まさにシステムに裏打ちされたストーリーを楽しむゲームと言えましょう。
あと、もっと真宵ちゃんを登場させてほしかったなぁ。
もちろんそうはならなかった理由は分かってるけど、それでも。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutensaiban/6/sp/

2016年8月28日 (日) 今日の鯨の囀り

・旧ガメラを観てみた。…1作目はこんなんだったのか。少年をストーリーに絡ませようとして周りの大人が無能に見えてしまう…

・RT 自作TRPGのキャラシートの性別記入欄にSEXと書くのが恥ずかしかった記憶がw

・RT 「思い出のマーニー」もあのあたりをよく知ってるから細かいところが気になって仕方がなかった。

・未来少年コナン放送当時にキット化されたキャラってダイス船長だけだよな。コナンfigma化はそういう意味で快挙。

・好きな作品を愛でる行為を政治的思想に絡めないってのは意識してやらないと難しい。政治って言葉の意味する範囲は広すぎるからね。

・今,気づいた。恐竜探検隊ボーンフリーのOPは歌詞に恐竜の名前が少なすぎるんだ。もっと色々と連呼すべきだったのでは。

・子供の貧困の解決方法の1つとして共同親権はやるべきだろうね。会えない我が子のために養育費を払う男がどれだけいるか。憎くて憎くてたまらない元夫に我が子を会わせないことで復讐したいという個人的な事情を税金で支える必要があるの?

・未来少年コナンがfigmaになるのな。みんな大好きムスカ大佐の番は来るのかな?

・這い上がるチャンスが与えられないのが貧困てことで。

・よろしい。この中でヒラリーと聞いて鼻から牛乳と思ったことがない者だけが石を投げなさい。

・RTニットーのやるっきゃ騎士なつかしいw いのまたむつみのレダは作ったことある。原作アニメ観てないけど。

・アニメのCDはOPとED収録かつノンテロップOPED収録のDVD付きで1500円くらいが個人的適正価格。

・しかしまぁ、現実の中世風世界にゴムはない!を突き詰めちゃうと靴底もゴムにできなくなって甲冑でガチャガチャ歩く格好いい騎士もお前リアルじゃないから登場させないwってことになっちゃうんでリアリティにも限度ってものがあるというw

・サラシだと透ける可能性がある。何重に捲くかでキャラクター性が出るかも。委員長系の真面目ヒロイン(聖騎士)が3重くらいにグルグル撒いてるのを見たバリボー系あっけらかんヒロイン(魔術師)が「もっと開放的になりなさいよ!」とかでポロリやっちゃってそれを見た主人公が鼻血というテンプレw

・ゴムのない世界で登場させるべき水着。サラシとフンドシのセパレートで泳ぐファンタジーRPG娘たち、ってのでどうか

・悟空をゴクウと書かれると寺沢武一の方かと思っちゃう

・「リアルじゃない」と言えば、ファンタジー世界の女の子が現代風の水着を着て泳ぐのもリアルじゃないと思ってたし今もそう思ってます。しかしリアリティを重視してトップレスで泳ぐことにしたら水泳シーン自体がなくなっちゃうので何が正解かは迷うところ。

・「ふんどし女子急増」か…。TRPG盛んにやってた頃の俺は「ゴムのないファンタジー世界にパンツもパンティーもある筈がない。だからよくあるゲーム絵のパンチラはリアルじゃない。女性キャラのスカートの下は褌であるべきだ」って思ってたなぁw

・RT ゴルスタに対する捏造もほどほどに。とは言えゴルスタ側も逃げ回ってるから何時までも言われる。ちゃんと発言した方がいいんじゃないの?

・汽車に乗ってアイルランドのような田舎へ行こう、ってあの島にはアイルランドと北アイルランドしか国はないんだから、北アイルランド人が隣国・アイルランドを田舎だと言ってる歌。

・さて寝るか。月曜の朝は3時起きという漁師なみのスケジュールなんで日曜の夜は21時には就寝せんと。なんじゃそりゃだなぁ。

・RT しかし、ドラクエIIIの「りりょくのつえ」で知ったのかも知れん

・小島組もときメモドラマシリーズでギャルゲー制作の経験を積んでたんだから、メタルギアばかり作らずにラブプラスドラマシリーズでも作ってくれてりゃラインナップも偏らずに退社に追い込まれずに済んだんじゃないのかねぇ。まぁ「ギャルゲーなんかを作らされたことは屈辱だった」のかも知れんけど。

・手帳にわざわざ誰にどういう居留守を使ったか書き込む俺。まさにシティエグゼクティブって感じのスケジュール管理だぜw

2016年8月28日 (日)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)

ちょっと邦題がよくないなぁ。
Out of the Shadowsを直訳したら影の中から、ってところで、まさに前作では人知れず陰からニューヨークを守っていたタートルズ達が表舞台に出てくるか否かって感じで今回のストーリーそのもの。それが単に「影」じゃ分りにくいでしょうに。
てなわけで果たしてミュータントは人間社会に受け入れられるか、というX-MENではお馴染みのテーマで話は進んでいくんですが、そこは亀忍者はよいこのヒーローですからね。
そうひどい迫害も受けないんで、そのテーマは薄味。アクションシーンだけ観ていられる映画となっています。
今回の敵はいつものシュレッダーに加えて地球破壊を企むエイリアンとシュレッダーの部下になるサイとイボイノシシのミュータント。
シュレッダー自体は自分一人の力では不足になってエイリアンと同盟を組むことになり圧倒的な存在感がなくなったけど、世界観を広げるためには仕方ないのかなぁ。
同じマイケル・ベイ作品であるトランスフォーマーも2作目でのメガトロンは精彩を欠いていましたしね。
でも、その分、おバカな2人組はキャラが立ってた。特にマナウス戦。
猥雑でエネルギッシュなNYはタートルズのもう1つの主役であるけど、ブラジルのジャングルでのバトルがビジュアル的に新鮮でした。
アクション面では、亀のミュータントならではの防御力の高さを表現するためにパラシュートなしの空挺作戦という人間だったら赤軍でしかやらないような荒技を難なくこなすのはダイナミックだったかな。
もっとも同じようなことを繰り返すのはどうかと思いましたが。

公式サイト
http://tmnt-shadows.jp/

2016年8月27日 (土) 今日の鯨の囀り

・やはり毎号リアルタイムで読んでた長期連載漫画の最終回の余韻を味わうのっていいわ。これがあるからコミックス派に転向できない。

・スーパーに蛸ササメという初めて見る部位が売ってたので買ってみたんだけど、どうやら蛸の肺みたいだね。

・好きなキャラのSD版を自分で描いてみると、簡単そうに見える三頭身キャラがいかに難しくデフォルメにセンスが必要か分かってくるので、絵心がない(俺みたいな)人でもやってみるべき。漫画家ってすごいな、って思えるようになるだけでも収穫。

・余ったラードを使い切るのって他の食材より苦労する。毎日、使うと体によくないしね。

・今週のベルセルクでマニフィコさんの野望は潰えたわけだが、明らかに邪魔になったキャラの決着を最後までやってくれたのはよくも悪くも誠実だね。

・ヒートホークって絵によってはザクの腰に刃のない状態でホールドされてるし、これを設定ミスと考えずに無理やりこじつけると、実はヒートホークの何割かは先行試作型のビームタイプなんじゃないかとw

・警告を無視して違法操業か。まぁチャイナ漁船の自業自得だな。さっさと泣きべそかきながら逃げりゃよかったんだ。

・figmaのクリスタルボーイを開封したら、右手を固定してあったテープに金箔がくっついて剥がれちゃったよ。ひでぇ…

・とくれせんたぼーび #知っているとゴルスタで垢BANされること 今や「Bボタンのあるゲーム機」でプレイしてるとは限らないもんね。

・ベルセルクのパック一族は、モンスターメーカーの「戦士ミリエーヌはマリエーヌ五姉妹の2人目」を思い出すw

・今週の「ベルセルク」のバラエティ溢れる妖精達は必見。みんなD&Dやドラクエからファンタジーに入って、そうなると殆ど全てのゲームや漫画で戦闘に関係しない「ファンタジー世界の住人」はほぼ無視されている。そこがカッチリ構築されていてこそ世界を感じるわけで、そこがベルセルクのよさなわけだ

・三浦建太郎が「でかい剣を振り回すための筋肉や足の位置も考えて登場させたのに、今やイケメンホストみたいな細いキャラが振り回して…」みたいなことを。やっぱりそう思ってたんだね。普通そう思うよ。

・原哲夫と三浦建太郎の対談。三浦建太郎の信長は原タッチに似せてあるけど、原哲夫のガッツは完全に隻眼のケンシロウですねw

・相手を攻撃する時は推定有罪。自分が攻撃される時は推定無罪。人間てそういうものだよね。でも時々は振り返って踏みとどまらないと。それができないのは禽獣と同じだよ。ケダモノだ。

・反戦歌ってんなら「隣国よ 攻めやがったら やり返す だからお互い 平和でいましょう」だって反戦歌だと思うよ。

・要するに勝部大先生は名誉白人ならぬ名誉女性なんだね。本当はお前は汚らわしい呪われた男だが尻尾を振る姿が健気だから女性に準ずる者として認めてや..「リオ五輪の閉会式における日本のプレゼンムービーに制服の女子高生が出てきて大激..」 https://t.co/iHwh8pGT6c

・本当は自分より若い女がチヤホヤされるのは全て嫌なのだが、それを言うと馬鹿にされ嘲笑の的になるので、取り敢えず高校生あたりをターゲットにしてる..「リオ五輪の閉会式における日本のプレゼンムービーに制服の女子高生が出てきて大激..」 https://t.co/TcNwqkhg9l

2016年8月27日 (土)

「自殺島」最終回

ヤングアニマル誌の長期連載「自殺島」が終わった。
足かけ8年。
島に連れられてきた当初は生きる目的を見失い次々と仲間が死んでいく中で暗い未来に怯えるだけだった彼等も、見違えるように逞しくなった。
彼等と別れるのが寂しい。
作者の森恒二の連載をやめたくない気持ちが湧き上がってきた気持ちがよく分かる。
これほど綺麗に完結しているからわがままな気持ちなのは分かるが「去り難い」のだ。
連続自殺未遂者が棄民として捨てられ出ることをゆるされない孤島「自殺島」。
そこで繰り広げられるサバイバルがこの漫画の骨子だ。
舞台設定はバトルロワイアルなどの殺し合いものに似ている。
実際、農耕や牧畜で生きるセイ達と享楽に耽るサワダ一派は敵対し、終盤では集落毎の全面戦争に発展する。
だが戦争はあくまで生きるための手段であって目的ではない。
特筆すべきは戦う勇気を存分に描いた上でそれを上回る勇気として戦いをやめる勇気を描いたことだ。
戦いをやめるということは相手を信じるということだ。
愛する者や守りたい者が危険に晒されかねない状態で相手を信じることは難しい。
そこで葛藤がないのはただの無責任であり、決めた後でも本当にこれでよかったのかと思い悩むものだ。
しかし、それでも決断しなければ先に進まない。
そうした決断を繰り返すことと、セイを始めとする未遂者達が生きる力を取り戻していく過程が軌を一にしていることこそ、この漫画のテーマなのだろう。
思えば、恐怖で他人を支配するサワダも悪意ある言葉で人を殺すカイも実は弱さを持つ存在として描かれているが、2人に共通するのは「信念」を「勢い」を持って貫くことで決断から逃げていた点だ。
生命に感謝すること、自然の営みを感じること、様々な生きるこということの意味が語られてきた本作は、悩む者たちが悩まない者たちに打ち克つ話だった。
日頃、色々と思い悩むわれわれの生き方も決して無駄じゃない、とこの漫画は言ってくれているようだ。

ヤングアニマル公式サイトの該当ページ
http://www.younganimal.com/jisatsutou/

2016年8月26日 (金) 今日の鯨の囀り

・RT そうは仰いますが、2chの隔離板の住人だってどこもかしこも這い出て来たわけだし。お前らは隔離されるような人種なんだよ、受け入れられてると思い上がるな、って何度も言ってやったけど勘違いは収まらなかったぜw

・NSXの価格について、どうせ買うのは金持ちだから多少の価格は誤差の範囲という意見もあるようだけど、生活を切り詰めて高いクルマを買う人だっているだろうから、関係ないわけじゃないんだよね。

・きらぼし銀行の前で「何が綺羅星だ!馬鹿馬鹿しい!」と叫ぶ動画が流行ったりするのかなぁ。それって営業妨害だからやめようね。

・土屋太凰の演じる小川蘇美は、原作と全く容姿が違うにもかかわらず、これは紛れもない「カミサマ」小川だと納得する好演であった。

・綺羅星を漢字で書くのは恥ずかしかったんだろうなぁ、きらぼし銀行。

・ゴルスタが首尾よく滅んだら、参加者の自称イケテル中高生達が一転して小馬鹿にされ笑われる側になるんだろうなぁ…。

・RT いや、マッタク。例えば性犯罪加害者の娘が報復として被害者になったらその罪は何処まで及ぶのか。

・新聞はゴルスタのことを「利用者に私的制裁」くらい書いてやりゃあいいんだ。タイトルでデカデカと。中吊り広告でも目立つように。事実でしょ。

・ゴルスタ信者のツイートは既にゴルスタにとって、ワタミバイトの感想文と同じアキレス腱となっていたのだった。

・おお!ギアコンバーターが出るのか! 取り敢えず、倒せないボスがいて積んでたシルヴァンテイルに挑戦できるな。

・今さら気付いたけど、オーディオコメンタリーって弁士の伝統の復活的な部分もあるんだな。

・シンゴジラ日本語字幕版か。観たいな。弁士付きバージョンとかもあると面白いけど無理か。

・宇宙刑事ギャバンの挿入歌でビッグな顎がセクスィーとか言ってたが、一乗寺烈の魅力はセクシーというのとはだいぶ違うと思うぞ。

・ギャバンの映画は観てないんだけど、テレビ放映当時はバンクにせざるを得なかったドルギランやギャバンダイナミックを毎回、違った映像にするだけでも、そうだよこれが観たかったんだよ、と感動する人は多そうなんで、今度のコラボ映画は楽しみ。

・俺はね。他者を威嚇、恫喝、叱責することで萎縮させ判断力を奪い己の思うように従属させたいなどと考える人種が腹の底から大嫌いなんだよ。ゴルスタ運営連中のような。彼等は個人の自由意志を尊重しあうことで成り立っている現代社会に対する不遜な挑戦者でありああいう輩の跳梁を許してはならんのだよ

・肌寒い!これが稚内だよな。まだ8月なのに。

・ゴルスタにはまってる中高生のリストは壺や印鑑を買いやすいカモリストとして広まっていくのかと思うとウンザリだ。

・TMNT公開日か。激亀忍者伝って和訳は定着しなかったよなあ。日本人からするとなんで亀で忍者なんだよという感覚が強いからミュータントタートルズのようにニンジャを含めない表記になっちゃうのと関係してるんだろうな。

・ゴルフしまスタの略だろ

・きみのなは…君の縄?

・RT 安彦良和「虹色のトロツキー」でヒロインの麗花が中共に洗脳されて大声で「わたしは党を疑ってしまいました!」みたいな自己批判を繰り返す薄ら寒い場面を思い出したぜ。カルトすげー気持ち悪いわ。

・やっぱり俺は本来なら左寄りなんだと思うよ。だって人間はみな自由意志を尊重されるべきであり他人を支配し屈服させようと考える人間はクズであるという発想が根本にあるもの。アタマ押さえつけられるの大っ嫌いだからね。

・自動翻訳機は外国語より受話器の向こうの相手の脅迫や怒号を優しいお姉さんの声に翻訳する方が需要が大きいでしょうね。このネタで何度か小説を書きましたけど。

・藤崎版銀英伝で次にアップグレードされるのはパエッタかな。後にヤン艦隊に招聘されるだけの能力はないとおかしいんで。

・2chより発言小町でいろいろなタイプの奥様のふりをする方が楽しかったかな。