Powered by Six Apart

« 2016年7月27日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年7月28日 (木) 今日の鯨の囀り »

2016年7月28日 (木)

ボルケニオンと機巧のマギアナ

カイム、よかったね。思いが通じて。
…いや、カイムじゃないのは分かってますけどねw
ボルケニオンのキャラがすごくデビルマンのカイムとかぶって。
不器用な男の仄かな恋慕を市川染五郎が熱演しています。
伝説級のポケモンが言葉を喋るのは珍しいことじゃありませんが、ある事情で全編通して出突っ張りの喋りまくりなんで、自然と愛着が湧くんですよね。
今回、特にひねった話は何もないし、ジガルデやサトシゲッコウガもお馴染みの強さだし、敵だって特に強いわけじゃない。
しかし、いつもより面白く感じられたのは、やっぱり全体的にセンスがよかったからだと思います。
ボルケニオンの色使いがとても綺麗。
Vガンダムで好きなMSは圧倒的にゾロアットで、もともとあの赤と黄色の組み合わせは好きなんですが、大勢の中にいても埋没しないいいデザインですよね。
ボルケニオンの人間不信を解くのに、慌てずにジックリ時間をかけるサトシも頼もしい感じでした。
この映画の予告編は劇場で何度も何度も観たんですが、予告編の印象的なやりとり
「おい電気ネズミ。人間は信用ならねぇぞ」「そんなことない!」
が本編にはありませんでした。
XY以降、サトシは以前より大人になっていて、人間が信じられないでいるポケモンがいても反射的にカッとなって食ってかかったりはしない筈。
だから予告編では違和感があったのですが、そこらへんスタッフはちゃんと分かっているようですね。
当たり前のことではありますが、疎かにせずちゃんと描いてくれました。

公式サイト
http://www.pokemon-movie.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33895279

ボルケニオンと機巧のマギアナを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。