Powered by Six Apart

« 2016年7月24日 (日) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年7月25日 (月) 今日の鯨の囀り »

2016年7月25日 (月)

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第四章「陸の都と水の都と」

ファランギースはいつも水着のような格好をしているので、特に水着回というわけではありませんw
五万の兵を求めて海商都市ギランへ。
ここで全八章の折り返しということは、兵を集め終わったところで第二部は終わりなのでしょう。
8話だなんて短すぎると思ってましたが、もしかしたら荒川版と歩調を合わせてのことなのかも知れませんね。
だとしたら、これほどまでに原作が尊重された原作付きアニメがあっただろうか?
無理なオリジナル展開とか引き伸ばしとか追いついたんで打ち切りとか、原作付きアニメの原作無視の歴史を見てきただけに、感慨深いものがありますねえ。
それはともかく。
ナルサスの親友、シャガードは商才を発揮して大商人に。
アルスラーンの奴隷解放宣言をよくは思っていないようですが、彼は彼なりに開明的な考えの持ち主です。
アルスラーンの目指す世は平等な社会ですが、シャガードの住む商いの世界もまた平等。
その平等と奴隷制は現代人の目からは相入れないように見えますが、他の商人が奴隷を使って人件費を抑えている中で、自分だけ使わないとなると、それだけ不利になる、そういう実利を踏まえてのことなのでしょう。
利に聡くはあっても誠実な態度。
流石はナルサスの親友です。
ならば奴隷解放による安定した社会にもそれなりの利があることを示せばいいわけで、そこが落としどころになるのかな?
海賊退治も、まずは話を聞いてもらうためのきっかけ作りになりそうです。
それにしても名は体を表すと言うか、ペラペラとよく口の回るペラギウス総督。
ラジェンドラもそうでしたが、アルスラーンはこういう軽薄な奴に鷹揚なようで、ダリューンも気が気じゃないでしょう。
ただペラギウスも目端は効くようで、海賊の黒幕の存在を示唆。
で、堂々と港の近くまで獲物を追ってくる海賊船の舐め切った態度から、ペラギウスの推測が正しいことが分かる。
まぁ、どうせルシタニアと通じているのでしょうしやられ役なのでしょうが、そう浅はかでもないところはいいですね。
敵にも歯応えがないとね。

公式サイト
http://arslan.jp/2/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33891585

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第四章「陸の都と水の都と」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。