Powered by Six Apart

« 2016年7月26日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年7月27日 (水) 今日の鯨の囀り »

2016年7月27日 (水)

つまらんものを観続ける心境

ここんとこ観てないガンダムを片っ端から観まくってまして、さっきEVOLVEを観終わったところです。
クエス・パラヤは弱くない!はアンツィオ高校は弱くない!を彷彿とさせますね。
時系列は逆ですけど。
最初期の2001年あたりの5分程度の短編というフォーマットは、当時の回線速度なりローカルの保存媒体から逆算された制約なんでしょうね。
2001年と言えばドリームキャストもこのくらいのミニ動画を観るマシンとしての位置付けを狙ってたのかなぁ、と。
1分1話のグラウエンの鳥籠なんかもそのための先行投資に思えたり。
さて、次はGガンダムにしようと思っています。
ちゃんと観てないんですよね、みんな褒めてるし観れば面白いのは分りきってるのですが、なんか観る気がしなかった。
で、観る気がしない理由も自分なりに色々と構築していたんですが、さっき唐突に思い至りました。
そうだよ。
開放感だ!
俺はもうガンダムを観なくていいんだという開放感が、Gガンダムを拒否させていたんだな、と。
というのは、それまでのわたしはガンダムと名のつく映像作品は殆ど全てを観ていたんですね。
面白くてもつまらなくても。
この、つまらなくても、というのが重要で、つまらないからと言って観ないでいるとガンダム世界の歴史やモビルスーツの開発年表についていけなくなる。
だから、タイトルは敢えて挙げないけど、これツマンネーなあ、と思いつつも観続けたりした。
それがストレスだったんでしょうね。
だからGガンダムが始まって宇宙世紀とは関係なくなって、スッキリした。
宇宙世紀じゃなくなった!つまり「絶対に観なきゃならない」わけじゃないんだ!
これこそがGガンダムを観なかった、ずっと観てこなかった理由なんだと、さっき気づきました。
やっぱり、つまんないもの(繰り返しますが特にタイトルは秘す)をシリーズファンだからという理由で観続けたらダメですよ。
そんなの当たり前のことなんですけど、当事は気づかなかったんですよねぇ…。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33894445

つまらんものを観続ける心境を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。