Powered by Six Apart

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

ファインディング・ドリー

まさか続編が作られるとは思ってなかったファインディング・ニモ。
今度の主人公は忘れっぽくて落ち着きのないドリー。
でも、内容というか印象は前作と変わらないような…。
ドリーはニモの親友だけど、同世代じゃなくて、0.5世代くらい上だよね。
ニモとニモの父ちゃん、マーリンの真ん中くらい。
だから、まぁちょっと色々と足りない感じだけど、やっぱり大人の一歩手前なんだ。
そのことが改めて実感できるように描かれている。
冒頭に出てくる稚魚の頃のドリーは本当に愛らしくてかわいい。
この頃から物覚えが悪くて、人間でいう多動児なんだろうね。だからドリーの両親は心配でたまらない。
この子は1人で生きて行く力を身につけられるんだろうか?
で、激流ではぐれちゃってニモ達のところに流れついて時は流れて前作に繋がるんだけど…。
ご存知のとおり、ドリーは色々な欠点を好奇心の旺盛さや行動の早さで補う、ある種の天才だ。
だから、そもそもドリーは成長するまでもなく居場所も家族も自分の果たすべき役割も手に入れている。物語の最初の時点から。
冒険の進行とドリーの「成長物語」が噛み合っていないわけだ。齟齬がある。
未熟な主人公の場合はここで何かに気づいたり何かを決意したり目つきが変わったりして成長の転機となるんだろうなぁ、と思わせる場面で、もともと成長後だから何も起こらない。
そこで引っかかるんだよな。
テーマはあるのに前作と印象が変わらなくなってしまってるのも、そこらへんチグハグだからなんだろう。
とっくに親離れしてるから、親離れのドラマにならない、結果として親がついてきちゃうのなんてちょっと厳しい。
でも、これから何作も続いて行くとしたら、それは「欲しいと思っていたものは既に手に入れていました。それは故郷と家族です」という寅さんパターンに綺麗にはまっていくことを意味するんで、続いてほしいです。
ファミリーも一気に増えたしね。
次はファインディング・ハンクかな?
蛸のハンクは今作のビジュアルやアクションの驚きを一手に担った立役者。
最後の最後にこれは無茶だろ、という大技を見せるんだけど、最初のうちはおとなしめの、まぁ、これくらいならありかな?ってところから段々と大げさになっていくんで、勢いに飲まれてご都合主義かな?ってツッコミが埋没しちゃうのも上手い。
次は主役でいいと思う。

公式サイト
http://www.disney.co.jp/movie/dory.html

2016年7月30日 (土) 今日の鯨の囀り

・今週の藤崎版銀英伝。ミュッケンベルガーの完全なる正論。しかも権力を求めることも別に悪いことではない、との発言からラインハルト同様のメンタリティであることが分かる。作者はミュッケンベルガー好きだろ。

・バンブラPに「ポストに声を投げ入れて」配信されないかな。あれはいい歌だ。

・正義の暴走って言葉は注意して使わないとな。「暴走が悪いだけで正義であることはあんたも認めるんだな?」と曲解されかねない。定期ツイート。

・稚内のGEO。ある人に勧められた映画3作品のうち1つしか置いてなかった…。田舎だから仕方ないけどね。

・人を見下すのはよくないのは分かるけど、だからと言って自虐の殻に閉じ籠って楽をしていいのか、とも思う。見下そうと思えば何時でも見下せるだけの実力を身につけた上で見下さないのでなければ、それは何もしない絶好の言い訳になってしまうだろう。

・完全復興の暁にはやのまんのタイムパズルで震災前震災後を比較できるようなの作ったら教育にもいいんじゃないか

・食べたものが美味しくなかったとか嫌いだという感想はそういうことがあって当たり前のことで何も気にしないけど、間違った食べ方をして美味しくないという感想があったら、一応、誤りは指摘しておかないとね。

・そもそも丑の日なんて日頃、使ってないじゃん。意識してないじゃん。適当な日に「今日は何の日?(ふっふぅー)」って聞かれて答えられる?

・そもそも俺はスーパーの食品フェアにあまり意義を感じない。だって惣菜の弁当を買いに行って鰻丼が安かったから買った人は、鰻丼を買う代わりに買う筈だった弁当を買わないんだよ?じゃあ鰻丼フェアでいくら売り上げましたったってトータルではそんなに儲かるの?人間の食う量は決まっているんだよ?

・男子生徒にAVを見せて股間を触った変態教師のハナシ。男が自らの意志で同性愛の道を選ぶのならそれを差別すべきではなかろう。しかし同性愛の道に引きずり込もうとの愚劣なる画策は断固として処罰すべきではないか。絶対に許されない行為であり、停職ではなく免職が相当であろう。クズが。

・ありゃま。ジップロックさえ使っていればね。俺はジップロックに入れたワンダースワンでリヴィエラといたからね。アクション性のないボタン操作のみのゲームなら入浴中でも問題ないと思う。

・RT メガCDのライズオブザドラゴンは肉声ADV自体が目新しかったのもあってかなりの台詞を覚えてる。最も好きな台詞は「悪いな!俺はバーボンしか飲まないんだ!」他にも「なかなかの学だな。チャンシー」「ホバーカーのことなら何でも揃うモマーのお店へ」「あーん、ビンビン来るわぁ!」などw

・新紀元社のファンタジー関連の本はよく読んでたし好きだったけど、読書やゲームしてて「新紀元社の本で得た知識だけでファンタジー小説、書くなよwゲームつくんなよw」と呆れることも多いんだよな。

・鳥越という名字のイメージが悪くなることは、鳥越マリのファンだった俺としては悲しいことだ。

・そう言えばD&Dでスリープの魔法で眠りこけてるゴブリンとかに止めを刺して回るの大嫌いだったな、プレイヤーの時もマスターの時も。そういうことするのって空条承太郎風に言うと「俺の心に後味のよくねえものを残すぜ」だからな。てことを今回の相模原19人殺しで思い出した。

・ウィザードリーのアッシャーというアンデッドモンスターは遺灰を固めた一種の霊的ゴーレムだが、ってことは、あの世界は土葬じゃないってことになるんだよな。それともカドルトが失敗したらその灰はアッシャーの材料として売買されるとか?

・ホロコーストと言えば、D&Dモンスターマニュアルにホロコーストというアンデッドモンスターが載ってて、特に説明らしい説明もなかったんだけど、あれは欧米人なら説明せんでも分かるでしょ?ってことで説明されなかったのかね?

2016年7月30日 (土)

バンブラPで「ガンダムIGLOO」戦闘BGM「ターニングポイント」を弾く〜合奏用メモその17

バンドブラザーズP(3DS)で機動戦士ガンダムIGLOOの戦闘時のBGM「ターニングポイント」(投稿者は「てんまり」さん)を弾いてみました。
IGLOOはOPもEDも配信されてないのに、このBGMだけ配信されてるんですよね。
で、WikiをIGLOOで検索して曲名だけ見た時はよく分からなかったんですが、冒頭のフレーズを聴いただけで、あああれか、と分かりました。
それくらい印象的な曲です。
これは個人的に弾いて楽しいパートとそうでないパートをメモっておく合奏メモです。
10パートありますが、苦手なE・ドラムは省いてあります。

凡例:
YBあり:YBYBなど、YとBの連続した組み合わせ部分がある。
ソロあり:ソロ演奏の見せ場がある。
スローあり:但し速いパートの骨休めのみ。
回転あり:十字キーあるいはボタンを順に回転させるように押す箇所がある。

オーボエ 評価A 回転あり
簡単めの回転が適度に続くので油断していると…
BGMだから主旋律というものはないんですが、最も目立つパートでしょう。

ストリングス① 評価B 回転あり
オーボエより簡単な箇所が殆どですが、難しい箇所が散在してて結果としてトータルでは難しめ
ストリングス3パートのうち低音担当で、響きが美しい箇所が。

ストリングス② 評価A 回転あり
ストリングス3パートのメインです。
やるならこれですね。

ストリングス③ 評価B 回転あり
なかなか出番がこない…。

トランペット 評価B
ものすごく素直。
簡単というか自然なパートです。

ホルン 評価A 回転あり ソロあり
最初こそ長音が続きますが、その後、盛り上がってきて、この曲唯一のソロが。
回転もあって、ストリングスのよさも拾っています。

トロンボーン 評価B
悪くはないんですが、これと言った盛り上がりはないパートです。

ティンパニー 評価C
出番が遅くかつ少ない。

E・ベース 評価C
これは…きつい。
楽しい箇所のないパートです。

弦楽器がメインですが、管楽器も自己主張してて楽しい曲です。

バンドブラザーズPの公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/anej/

2016年7月29日 (金) 今日の鯨の囀り

・シン・ゴジラが稚内で上映されることを祈る。

・ジャンヴァルジャンが妹とその子供達が自分のスープから僅かな具を掬っていくのに気づかないふりをする場面って、日本の大人しくて虐げられたお父さん達に通じるものがあるよ。

・まずい食い物は「それでも薬よりは美味い」と言い聞かせて食う。

・3話までやった逆転裁判6を続けるか、スマホを買ってポケモンgoを始めるか迷っている。進行中のゲームをやめること多いけど、再開した時に色々と忘れてたりするからなぁ…

・メーヴェ、見に行こうと思ったら行けるんだな、と心が動いたけど、滝川までクルマで片道5時間は辛いので諦めた。

2016年7月29日 (金)

シンドラーに救われた少年

ホロコーストを生きのびたかつての少年が当事を語る迫真のルポ。
しかし、タイトルから得られる印象よりもずっと、少年自身の勇気と行動力の割合が大きい。
もちろんシンドラーの命がけの行いあっての生還ではあるのだが、それだけでは足りない。
どの要素が欠けても成し得なかった、まさに薄氷を踏むような綱渡りの状況だったことが分かる。
文章から恨みや憎しみを感じない。
レオン・レイソン氏はナチスドイツを憎んで当然の仕打ちを受けた。
にもかかわらず、この本からは激情を感じない。代わりに感じるのは靜やかなる威厳だ。
彼の故国・ポーランドがナチスに踏み躙られる前からポーランド国内でもユダヤ人迫害はあり、戦後、渡ったアメリカではユダヤ人ではなく黒人が差別されていることを知る。
その流れを彼はあるがままに受け止める。
ゆるすゆるさないではなく、自分を、家族を守るために受け止めるのだ。
彼が、そして彼が敬愛する彼の父やシンドラーがこれほどまでに強くなれたのは、ひとえに信頼の力だろう。
シンドラーはユダヤ人を守るためにナチスの高官とも友好関係を維持した。
敵意や軽蔑を漂わせていては、これは上手くいかなかったことだろう。
人は他者の悪意に敏感なものだ。
アーレントがナチス戦犯を普通の人間だと言ったように、
(こっちはフィクションだが)MASTERキートンで誘拐犯を信頼しなければ人質を返してもらうことはできないとの展開があったように、
相手が悪鬼の如き人間であっても、人間として接しなければ、信頼を勝ち得、目的を達成することはできないのだ。
それは悪人を憎むよりずっとずっと困難な戦いだ。
この本の作者が邦題のようにシンドラーの余禄のような存在だったら、俺も感動を覚えなかっただろう。
だが、レイソン氏はシンドラー同様に、その困難な戦いを成し遂げられる人だったのだ。
邦題に意義を申し立てたい!
そう思ってしまうのだ。

河出書房新社公式サイトの該当ページ
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309226354/

2016年7月28日 (木) 今日の鯨の囀り

・予防拘禁なんて無理だろ。近所の気に入らないやつの密告大会になる。

・暴言をツイートしそうになったけど、踏み止まった。勿体ないんで、いつか小説を書く時に悪役に言わせよう。

・MS04をブグにするなら、今からでもケンプファーやイフリートは実は正式名称じゃなくて愛称だったことにして、カタカナ2〜3文字くらいの「無国籍な」名前にしようや。

・ガンダムでは後付けで高性能量産機を出しても「コストが高くて本格量産には至らなかった」の一言で全部、片付けちゃうもんな…。

・機巧と書いてカラクリとルビを振るセンスのよさが今回の映画のよさに繋がっているよなあ

・ニシンが激減してからニシン資料館を作って過去を懐かしんでももう遅いのと同様、鰻が激減してから鰻資料館を作って過去を懐かしんでも遅いだろうね。でも、きっとそうなる。で、失われた郷愁とか言って陶酔に浸る。日本人のこういうところはすごく嫌い。

・ソフトランディングしなきゃならない理由も分かるから、せめて旬じゃない土曜丑の日に鰻を食うのをやめて美味しい季節に食べようよ、くらいの穏健な提案すら受け容れられないのって、なんなんだろうね。

・イオンなんかの大型郊外店の最上階に居住ブロックを作ってマンションとして分譲したら、全ての買い物が一つの建物の中で終わって、高齢者にとってはいいかもしれない。総合病院まで併設されてたら1年中、外に出る必要もなくなる。そういう需要も出てくるだろうなあ。

・RT 相対主義者ほど絶対主義者にイカれる、ってのは、結婚という制度に囚われないお互いに尊重し合うパートナーでありたいと思うわ!と言ってる女に限って、俺についてこいタイプの強引な男にコロッと参ってしまうのと似てますねw

・レイトンの娘がルーク青年に熱烈ラブラブアタックを連発し、ルークは困惑するがいざという時は彼女を守るというベタベタな展開にしてくれたらいいなあ。

・スペランカーってスマブラに出演しないの?キャッチフレーズは「スペランカーは弱くない!」。アンツィオの真似だけどなw

2016年7月28日 (木)

ボルケニオンと機巧のマギアナ

カイム、よかったね。思いが通じて。
…いや、カイムじゃないのは分かってますけどねw
ボルケニオンのキャラがすごくデビルマンのカイムとかぶって。
不器用な男の仄かな恋慕を市川染五郎が熱演しています。
伝説級のポケモンが言葉を喋るのは珍しいことじゃありませんが、ある事情で全編通して出突っ張りの喋りまくりなんで、自然と愛着が湧くんですよね。
今回、特にひねった話は何もないし、ジガルデやサトシゲッコウガもお馴染みの強さだし、敵だって特に強いわけじゃない。
しかし、いつもより面白く感じられたのは、やっぱり全体的にセンスがよかったからだと思います。
ボルケニオンの色使いがとても綺麗。
Vガンダムで好きなMSは圧倒的にゾロアットで、もともとあの赤と黄色の組み合わせは好きなんですが、大勢の中にいても埋没しないいいデザインですよね。
ボルケニオンの人間不信を解くのに、慌てずにジックリ時間をかけるサトシも頼もしい感じでした。
この映画の予告編は劇場で何度も何度も観たんですが、予告編の印象的なやりとり
「おい電気ネズミ。人間は信用ならねぇぞ」「そんなことない!」
が本編にはありませんでした。
XY以降、サトシは以前より大人になっていて、人間が信じられないでいるポケモンがいても反射的にカッとなって食ってかかったりはしない筈。
だから予告編では違和感があったのですが、そこらへんスタッフはちゃんと分かっているようですね。
当たり前のことではありますが、疎かにせずちゃんと描いてくれました。

公式サイト
http://www.pokemon-movie.jp/

2016年7月27日 (水) 今日の鯨の囀り

・ドイツパンのbrotchenはパンちゃんという意味らしいが、大阪のおばちゃんが飴ちゃんとちゃん付けするようなものかな?

・株式会社キキレキ…喜喜冷機とかでもいいんだろうけど、日本人で鶏の鳴き声がキキレキと聞こえる人はいないもんなぁ…。

・変形モビルスーツがA級ヘビーメタルで、非変形モビルスーツがB級ヘビーメタルで、後者は前者に殆ど勝てない的なバランスはかなりシラけるものがあった。

・ガンダムは面白いとかつまらないとかどうでもいい、ストーリーなんか気にしないし、モビルスーツの歴史年表さえ構築してくれれば、後はこっちで勝手に補完するから、という鑑賞態度だったんで、宇宙世紀じゃなくなった途端にモチベーションが一気にゼロになったんだよな…。

・Ζガンダムをリアルタイムで観た世代だが、あのクソつまらないエルガイムの後ということもあって、アニメ雑誌も全くチェックせず惰性で観てたから、Ζというのは単なる番組名で後でΖガンダムが登場するとか全く知らずmk.IIがずっと主人公機だと思ってたのって、どうも俺だけっぽいんだよな…。

・エア握手会ってなに?握手までエアでできるようになったら、あの人、エア痴漢です!エア触られました!まであと少しだったりして。

・面白いつまらないは人それぞれだからね。だからガンダムゲームで複数作品からメカやキャラが登場するやつは作品ごとにオンオフできるようにしろと前から言ってる。使ってみたら好きになった効果とか余計なお世話だからw

・政治家を目指すのに脇が甘くてはダメだ。因みに脇をペロペロ舐めるわけではない。

・レイトンは苗字だから「名はレイア・ヒルトン。レイとトンを取って友人はレイトンと呼ぶ、か。ははは、くだらねぇ」「へーん!これからお前のことをレイトンと呼んでやるぜ!」てな荒技を使う必要はないんだね。
荒技は。

・レイトンは1のヒロインと5のヒロインのどっちと結婚したんだろ?

・今週の「トキワ来たれり」。もっとスマートな真相の描き方はなかったのかなぁ。だいたいこのパターンはまどマギとそのフォロワーで食傷気味なのだよ。

・今週の「境界のRINNE」。今回の霊の彼氏、絶対に心の傷になってるだろうけど、真相を知ることはなかったのがせめてもの救いか。真相を知ったら傷口を抉られただろうから。こういう背景が想像できる話は好き。

・今週の「MAJOR2」。今回の彼は監督に褒められたことを大人になっても思い出すだろうな。

・「ウルトラマン80」というタイトルに込められた「1980年代が来るぞ!来たぞ!これまでとは違う未来の時代だ!」という高揚感は好き。…なんてツイートすると年齢がばれるw

・ガイギャックスの伝記はそんなに売れてるとも読まれてるとも思えないんだが、ネット上にはそれなりに感想文が溢れている。コンピューターのゲームでさえ語りたい人の率が一般より高いのだが、TRPGともなると段違い平行棒なんだろう。

・冷たいようだが、俺の一番の関心事は、犯人の自宅からアニメのDVDもゲームも見つからないことを祈ってるんだよな。…野球やサッカーのコアなムックが発見されても、どうせ報道されないことを思うと不公平だよなぁー

・ワードバスケットは一文字一音の日本語の特性が最大限に生きたシステムなのが素晴らしい。

・もじぴったんの経験がワードバスケットに生きるかというとそんなことはないんだな、悲しいことに。

・優生学は糾弾され、実力主義は称賛される。

2016年7月27日 (水)

つまらんものを観続ける心境

ここんとこ観てないガンダムを片っ端から観まくってまして、さっきEVOLVEを観終わったところです。
クエス・パラヤは弱くない!はアンツィオ高校は弱くない!を彷彿とさせますね。
時系列は逆ですけど。
最初期の2001年あたりの5分程度の短編というフォーマットは、当時の回線速度なりローカルの保存媒体から逆算された制約なんでしょうね。
2001年と言えばドリームキャストもこのくらいのミニ動画を観るマシンとしての位置付けを狙ってたのかなぁ、と。
1分1話のグラウエンの鳥籠なんかもそのための先行投資に思えたり。
さて、次はGガンダムにしようと思っています。
ちゃんと観てないんですよね、みんな褒めてるし観れば面白いのは分りきってるのですが、なんか観る気がしなかった。
で、観る気がしない理由も自分なりに色々と構築していたんですが、さっき唐突に思い至りました。
そうだよ。
開放感だ!
俺はもうガンダムを観なくていいんだという開放感が、Gガンダムを拒否させていたんだな、と。
というのは、それまでのわたしはガンダムと名のつく映像作品は殆ど全てを観ていたんですね。
面白くてもつまらなくても。
この、つまらなくても、というのが重要で、つまらないからと言って観ないでいるとガンダム世界の歴史やモビルスーツの開発年表についていけなくなる。
だから、タイトルは敢えて挙げないけど、これツマンネーなあ、と思いつつも観続けたりした。
それがストレスだったんでしょうね。
だからGガンダムが始まって宇宙世紀とは関係なくなって、スッキリした。
宇宙世紀じゃなくなった!つまり「絶対に観なきゃならない」わけじゃないんだ!
これこそがGガンダムを観なかった、ずっと観てこなかった理由なんだと、さっき気づきました。
やっぱり、つまんないもの(繰り返しますが特にタイトルは秘す)をシリーズファンだからという理由で観続けたらダメですよ。
そんなの当たり前のことなんですけど、当事は気づかなかったんですよねぇ…。

2016年7月26日 (火) 今日の鯨の囀り

・アメリカは仕方ないよ。トランプのような劇薬を以ってしてしか聞き入れられなかった者達の声。その受け皿に誰もなろうとしなかったんだろ。そのツケを4年間、払うことになるのさ。

・台所チェック。七味唐辛子の賞味期限が2013年でギョッとしたけど、流石にそんなことはなかった。詰め替えしたんだっけ。よかった。でもあまり使わないスパイスだとそのくらい経ってるのもあるんだよな…。

・ポケモンGOで初ポケモンという人がピカチュウ以外に初めて覚えたポケモンはイーブイでイーブイかわいいって言ってるのを聞いて、「イーブイ秋山フレンズで検索してみな?」と意地悪なことを言いたくなったw

・ポケモンGO、興味あるけど、本編でやったことあるやつはどれも取り敢えずクリアーしたってレベルでしかないから、再開するならそっちやりたい気分。

・RT しかし例外もある。ポカブよりチャオブーの方がかわいいよ。

・ヴィーガンって悪の組織の怪人みたいだから別の名前を作った方がいいよ。

・今週の「アルキメデスの大戦」。逆転裁判も吃驚の「1日で大和計画の設計図のムジュンを探せ」に比べると、数ヶ月の勉強期間が与えられたのは余裕があっていい。漫画だからハッタリは必要だけど、いつもタイトなスケジュールだと嘘くさくなっちゃうからね。

・今週の「白暮のクロニクル」。550年前の勘違いに今になって気づく竹ノ内参事官。何度も思い返しているうちに思い込みが固定されてしまってたんだろうな。

・今週の「猫のお寺の知恩さん」。高校1年くらいだと20歳前後の女がすごい美人に見えるんだね。そう言えば俺も同級生にはあまり関心がなかったような。

・今週の「セーラーエース」。名選手名コーチたり得ず、のパターンかと思いきや、上手くいくことも。なんでもトコトンやってみなきゃダメなんだね。それはそうと同じ風が吹いてるのに、1人だけパンチラするのは何故なんだ?