Powered by Six Apart

« 2016年5月18日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年5月19日 (木) 今日の鯨の囀り »

2016年5月19日 (木)

全ての階段は登り階段

ヤフコメで愉快なコメントのやりとりをさせてもらったので、ギャグの解説をする野暮さを承知の上で書き留めておきたい。

次のURLはドイツのアウグスブルグで歩きスマホ対策に信号機を足元に埋め込む実験を行っているという記事で、いくつかのツッコミが入っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20160513-00010000-giz-prod

デフォルトの
2016/5/13 17:39のgoe★★★★★さんのコメントに大笑いし、そのスッとぼけたギャグセンスに大きな親近感を持ったわたしは、ちょっと考えて返信した。
2016/5/14 9:34のpax★★★★★というのがわたしだ。
もうちょっとひねりたかったのだが、goeさんの足元にも及んでいないのが悔やまれる。
まぁ、「やりとり」と言ってもさらなる返信が来ていないんで、気づかれていないかスルーされている可能性もあるわけだけど。
goeさんのコメントが非凡なのは二重三重の意味で笑えるからだ。
そもそも全ての階段を登り階段にすることは不可能であること。
しかし登り階段は逆から見れば下り階段であるから、見方によっては全てを登り階段にすることも可能というか、すでにこの世の全ての階段が登り階段と言ってもいいこと。
いやまぁ、駅ではポール等で区切って片方を登り階段、もう片方を下り階段として乗降客に協力を求めるのがよくあるパターンだが、だとしたらますます両方を登り階段にすることが不可能になること。
俺はこのハイブリッドなギャグに感嘆し、なんとか気の利いた返しはできないものかと思案したが思いつかず、極めて平凡な全ての階段を下り階段にすべしという反対意見を述べたわけだ。
しかし…俺は妙にツボにハマって10分くらいもケラケラ笑ってたんだが、こういうスッとぼけたノリは嫌いな人は嫌いだろうなぁ、とも思う。
万人を楽しませるギャグってないものだよなぁ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33829347

全ての階段は登り階段を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。