Powered by Six Apart

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

逆転の帰還

逆転裁判5(3DS)のDLC「逆転の帰還」をクリアしました。
これで逆転裁判5にやり残しなし。
6/9の「6」の発売にギリギリ間に合いました。
さてこの「逆転の帰還」、特別編という触れ込みです。
今にして思えば、どんどん軽い短編をダウンロードコンテンツとして出していくつもりはなく、これはあくまで特別なんですよ、という言い回しに思える。
実際、これ1作しか出なかったですしね。
そして、本編に匹敵する充実した内容でしたしね。
だから嬉しい反面、複雑な気持ちでもある。
わたしとしては、本編のような各パッケージタイトルごとに黒幕がいてラストに向かって収束していくエピソードばかりじゃなくて、トノサマンや逆転学園みたいな独立したエピソードをたくさん遊びたいと思っている。
そして、それを実現してくれるのこそダウンロードコンテンツという形だと期待している。
しかし、ダウンロードコンテンツと言えど、重量級のしっかり作った作品だけということになれば、その希望も叶えられそうにありません。
たった800円でがっちり遊ばせてもらったことでハードルも上がってしまいましたしね。
「6」には早期購入者向けボーナスコンテンツがあるようですが、それの出来がよければ、また夢が叶えられないのかなぁ、と、それもまた複雑な気分なのです。

2016年5月30日 (月) 今日の鯨の囀り

・4DX?Xはローマ数字の10だな。つまり10面体ダイス4個の合計値。ダメージの幅は4〜40で、平均値は22ということか。2レベルまでのファイターだったら1撃で死ぬな。…え?そっちじゃない?

・地方都市ではイオンがなければプラモデルを買うところすらない、という現象を網走で体験してから、イオンに対するイメージがよくなった。

・市民図書館の日曜映画祭の6月の予定がまだアップされないけど、明日かな?

・もう嫌だ。勝手に優先順位を判断して勝手に消えて。ipadじゃなくてちゃんとしたノートパソコンを持ち歩くことにするかな…。

・ブログをアップロードしてる最中にメールが着信になって勝手に画面がメーラーに切り替わって、20分の更新作業が全てパーになったわ。こういうことが起きないように全文をコピーしたのにそれも記録されてないし。ipadはこういうのが信用ならん。

2016年5月30日 (月)

星座っていいかげんだよね

先日、ちょっと興味が湧いてプラネタリウムに行ってきたんですよ。
稚内市青少年科学館主催の「星空と音楽の夕べ」(↓)というイベントです。
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kagakukan/planetarium/hoshizora.html
で、春の星座の説明を聞きながら、前から考えていたことをつくづく噛み締める俺。
5/11に「マヤ文明の「天才少年」を一休さんのように持ち上げる人々」というエントリー(↓)
http://kotodamaxxx.blog.bbiq.jp/gold/2016/05/post-be0d.html
を書いて、先端科学に対するルサンチマンが如何に人々の認知を歪めるか嘆いたわけですが、もう1つ言いたいことがあったけど上手くまとまらなかった件があって、それが星座のこと。
少年は現代の星座とマヤの遺跡の位置を結びつけているが、そもそもマヤの星座と現代の星座が違っているだろう、というのが少年の学説がトンデモであると判断する理由なんですが、それに対する反論で「たとえ星座が違っても星の位置は同じだろう」という声がけっこうあった。
で、もちろん、その反論も全くの頓珍漢なんですが、なぜ頓珍漢と言えるのか、プラネタリウムを見ながら色々と考えて、やっとまとまったわけです。
いやね。
話を戻して、まず星座からなんだけど。
俺にとって星座というのは、人間というものは如何に自分の見たいようにしかものを見ないかの絶好の証明だったから、その星座を根拠に科学的な話をすること自体、馬鹿馬鹿しくて仕方がない。
「よつばと」のよつばととーちゃんの会話で、よつばが星座の形がその動物に「見えない!」と主張し、とーちゃんも「な?見えないよな?」と応えるのがあったが、これはまさに実感するところで、星を繋げた線が本当にその動物や物体に見えるなんてのは88星座の中で少ししかない。
星空を眺め星座早見盤と見比べたことのある人なら
「…なんで、この暗い星をわざわざ繋げて、近くにあるあの明るい星は繋げないんだろう?」
とツッコんだ経験は必ずある筈だ。
星座を作るのに、どの星を採用し、どの星を採用しないのか、明確な基準はない。
昔の人がどうやって星座を決めたのか知らんけど、
いざ、これは熊に違いないとか蟹に違いないとか思ったら、なんで右の後ろ足に当たる星がないんだよwとか、胴体や足に当たる部分に他にも明るい星があるけどそれはスルーですかwとかそういう当然のツッコミは耳に入らなくなってしまったんだろう。
こほど左様に星座とはロマンシズムの権化で、論理とは相性が悪い。
で、さっきも言ったように、どの星を採用しどの星をスルーするかは自由裁量なんだから、星の位置は変わらないんだからなんてのは、まさに反論になっていないわけだ。
そう、タイトルに書いたように星座ってのはいいかげんだ。
だからこそ、おおらかな気持ちでいられるんだけどね。

2016年5月29日 (日) 今日の鯨の囀り

・DSのバンドブラザーズにダウンロードしたまま忘れてた宇宙空母ブルーノアのOP入ってた。こういうマイナーなアニソンがあるからバンブラは楽しいw

・俺もケチャップはあまり好きじゃない。にもかかわらずトマトジュースは大好きだ。

・タイラーと聞いて思うのは、コンピュータによる作画の効率化が進んだ現在なら都築和彦のキャラデザのままアニメ化できたんだろうなぁ、と。

・ゆとり教育さえなければ、子供の名前にゆとりとつけるのは素敵な命名と思えたことだろう。

・せっかく流せるブラシを買ったのに従来のトイレ洗剤の買い置きがあったものだからそれを使い切るまでは流せるブラシに移行できない。このことによりそれまではサボりがちだった毎週のトイレ掃除を欠かさないようになった。これも流せるブラシ効果と言えないこともない。

・民主党(民進党と改称)の発想は、経済は生き物だからわれわれが政権でも同じくらいのことはできた、ってところだろうな。

・箸を洗うのが好きじゃないのは皿やコップと違って洗い残しや汚れの拡散があるんじゃないかと不安になることだ。だからつい割り箸を多用してしまう。

・RT 上手いこと言うなぁ。ユニコーンに対する不満はそこだよ。もっと言うとジオンはウ◯コしないと思ってる、って感じ?

・洗濯が終わったばかりのタオルを干さずにそのまま朝食用の手拭きに。これで手間が省けるわけだ。

・豊富町の夢工場のパンは12時前に半分以上が売り切れてるよなぁ。仕事でプライベートでも、その時間に行くのはなかなか難しい。まぁ、後者はもっぱら寝坊だから俺のせいなんだがw

・連邦の水陸両用モビルスーツに動物らしさが足りないという致命的欠陥は直線的な動物が少ないことに起因しているわけだが、マッコウクジラとかカバとかうまくアレンジすればできそうなんで、そういうのを出してください。

・「ギャンブルは禁止します!」→「ギャンブル的経営判断を禁止します」「ギャンブル的恋愛を禁止します」「ギャンブル的メニュー選びを禁止します」…こうして人類は新しいことは何もしなくなり、緩やかに、しかし確実に滅んだのであった(完)

・イケメン俳優や美人女優をなんとかして原作通りのもてない男女に見せるために地味でいけてないファッションや髪型やメイクにするスタイリストやメイクさんの頭の中では、もてない男女に対するどんな侮蔑や嘲笑の感情が浮かんでいることかw 仕事柄、仕方ないとは言え、胸糞悪い仕事だよね。

・RT 必要悪だよなぁ…。女にもてない設定の筈の主人公を演じるのがイケメン俳優とか、本来ならありえん。

2016年5月29日 (日)

中頓別鍾乳洞に行ってきました

中頓別の鍾乳洞を見てきました。
昨年、東北ドライブで福島県のあぶくま洞に行って、鍾乳洞というものが気に入ってしまったので。
写真は上手く撮れなかったんで載せませんが、興味のある方のためにURLを貼っておくと、だいたいこんな(↓)ところです。
http://www.town.nakatombetsu.hokkaido.jp/syonyudo/
奥まで行って帰ってくるのに15分もかからなかったという小さなものですが、雰囲気は十分で、満足できました。
さて、もちろんゲーマー視点で色々と考察しながら見学してたんですが、大人が入れ違いできない狭さはまさにゴブリンズレアにピッタリでした。
TRPGではレベル1の駆け出し冒険者御用達の頻出クエスト、ゴブリン退治。
ロードス島戦記のパーンも最初はゴブリン退治から始めました。
しかし…やっぱり現実にゴブリンが住みそうな洞窟に来てみると、ゴブリン圧倒的に有利ですね。
人間が身長より長い槍でさえ余裕で振り回せる通路で「のみ」構成されたダンジョンはあくまでゲームの産物であって、実際の洞窟はショートソードでさえ振り回すのが難しい通路だらけです。
ゴブリン退治シナリオの一般的な禁じ手として、洞窟への水攻めとか煙り攻めがありますが、洞窟に立て篭もられたら、それしか方法はないかも知れませんね。
手に持ったものをもう片手に持ち帰るかいったん地面に置かないと進めない、なんてのもゲームに落とし込むのは難しい。
ゲームにおけるダンジョン攻略では、リアルでないことを承知の上で割り切ってプレイする必要があるわけです。

2016年5月28日 (土) 今日の鯨の囀り

・アンタレスが火星に対抗する者の意、ってひょっとしてアンチ・アレスなのか。今更ながらに気付いた。

・様々な理由で女の子は産まないようにしている国があって、それはいろいろな事情があるだろうから勝手にやってくれればいいけど、余った男は国内だけで責任をとってほしいわな。

・原発を動かす邪魔ばかりしてるくせにアベノミクス批判とか脳が腐ってるとしか思えん

・消費税増税2年半延期はよくやった。あとは5%に下げた上で原発さえ動かしてくれれば。

・俺、けっこうネットで相手を罵倒する時にはゲスって使ってたから、ゲスのなんとかいう歌手が有名になってすげー迷惑なのよ。ミーハーな理由で使ってると思われるだろw 使ってるけどw

・RT 漫画と小説の差は単に連載メインか単行本メインかの違いでしかないと思う。たまたまその回「だけ」を読んだ人の耳目を惹きつける必要があるか否か。実際、新聞小説をまとめた単行本は読みにくいわけで。そういう意味で、週刊漫画雑誌が流行らなくなり単行本メインになったら初めて小説と並ぶw

・政治的発言のスタンスは気に入らないが書いている小説は面白くて好きな作家も、政治的スタンスは一致するけど作るものはつまらんなwって作家もどっちもいるのって当たり前だよね?好きな作家の政治的発言が気に入らないから著作まで嫌いになる奴って、実はそんなに本が好きじゃないんじゃないの?

・浜頓別に玩具店があったが、狭い店内にトレカを物色する小中学生が群れてたので早々に退散。まぁ、商売繁盛はいいことだ。今度ゆっくり来よう。

・中頓別の八番食堂なう。馬車追いラーメンという10人前ラーメンが売りらしいが、20代の頃でも食えなかっただろうなw

・80〜90年代を支配した愛をダイレクトに叫ぶなんて恥ずかしいケモノじゃないんだからもっとオブラートに包みましょうwという価値観はすっかり俺に根付いちゃってるし、これはもう変えようがないw だいたい安易だよね。

・「愛を帯びるなどわが拳にとっては恥辱!」という拳王様の台詞は正しいよな。だって恥ずかしいだろw まぁ、あの場合の愛は戦国武将にとっての茶器みたいなものだけど。

・ヤマト続編群の愛連呼への恥ずかしさから愛をキャラが叫ぶなんて嫌だという空気が生まれ、だからこそ愛を歌と文化に置き換えたマクロスがこれなら恥ずかしくないな、とウケた流れを思い浮かべながら「スノーホワイト」の愛連呼を見てると、もう気恥ずかしくってね。だからこそバトル映画として楽しんだ

・シーチキンとレタスの配分を間違えて余ったレタスだけ頬張る時の敗北感はなんだ

・6/1公開のデッドプールの前に予習しておく映画はあるかな。

・スノーホワイトの女ドワーフ描写は元TRPG者から見てもいい落としどころだなと満足できるもの。リネージュで「これの何処がドワーフだ。ただの美少女キャラだろうが!」と腹が立ったことを真っ先に思い出したw

・クリアしていないゲームのサントラを聴くことがネタバレになってしまうこともあるわけで、例えばボス曲の数でこのボスは真のラスボスじゃないことが分かってしまう。

・ナグザットシューティングコレクションが届いたけど、よく考えたらクリアしてエンディングまで見てるの武者アレスタだけだw でもクリアするまでサントラは聴かない!とか言ってたら、聴かないまま一生を終えちゃいそうなCDたくさんあるんだよな。

2016年5月28日 (土)

スノーホワイト/氷の王国

サブタイトルでハッキリと氷の王国って言ってるのに、途中までずっとスノーホワイトってのは誰かの名前だと思ってたんで、なかなか話の全体像が掴めなかったですw
王国の名前なんですね。
だって、悪い魔女が2人も出てくるから、どっちかの通り名というか二つ名だと思うじゃないですか。
で、スノーホワイトに忠誠を誓う正義の人達?も出てくると、魔女のうち片方は実はいい人なのかとも思っちゃう。
それがストーリー展開によるならいいんだけど、世界観の説明不足によるってのは、ちょっといただけないかなぁ。
最近はおとぎ話の魔女でも、アメコミヒーローのヴィランの影響なのか強力な戦闘能力者としての魔女が多いですが、今回もまさにそれ。
魔女が姉妹で出てくることで飽きの来ないバトルが楽しめます。
いや、ホント2人でよかったですよ。
氷操作の能力を駆使したバトルものは既にアナ雪でかなりのアイディアが出ちゃってるので、このスノーホワイトはどうしても物足りないというか、またかよ、と思ってしまう。
特に新たな戦闘への応用を発明したわけじゃないですから。
ヴィランの格としてはエルサに遠く及ばないわけですよ。
しかしダブル魔女が上手いこと引っ張ってくれて、飽きそうになって飽きさせない感じでした。
ドワーフの女をちゃんと映像化したのも評価できます。
これがドワーフ女のスタンダードになるんじゃないですかね?
男ドワーフの相手をエルフ女にしてドワーフ女問題から逃げた「ホビット」は見習うようにw

公式サイト
http://snow-movie.jp/sp/

2016年5月27日 (金) 今日の鯨の囀り

・恋人は桃色 #名前の一部を桃色に変えたらいやーんな感じ

・桃色の髪の乙女 #名前の一部を桃色に変えたらいやーんな感じ

・桃色チェイサー #名前の一部を桃色に変えたらいやーんな感じ

・今週の「自殺島」。ゲーマー目線だと開けた場所は弓矢が有利とか考えちゃうけど、それは浅はかな思い込みだったな。人質ひとつで状況はまるで変わる。

・今週の「木曜日のフルット」。オチがよく分からなかったのは俺だけじゃない証拠に柱コメントもオチには触れずに白川先生のことを。

・今週の藤崎版銀英伝。記憶が定かじゃないんだが、ホーランドとシトレのイゼルローン攻略が1つになってるのかな?ちゃんと外伝も読まないとダメだな。ヤンが奪う前にイゼルローン攻略を2回もあっても仕方ないし、いい改変だ。

2016年5月27日 (金)

沢渡ほのかに1時間で会いにいく

マッタク、ゲーマーって奴は本当にビョーキだね。
仕事中の調べもので過去にプレイしたゲームに関連する情報が目に入ってしまうとスイッチが入ってしまう。
札幌からの来客を稚内空港まで迎えに行くことになった。
稚内は風が強い。
強風で着陸できない危険がある時は到着時間が遅れたりする。
だから無事に千歳空港から飛び立てたかどうか、そしてちゃんと稚内空港に到着できたかどうか、それぞれの予定が延びた場合は何時までに連絡が来るのか、スケジューリングしておく必要がある。
で、初めて千歳稚内便の時刻表を見たのであるが、目を瞠った。
そうなのか、たった55分しかかからないのか。
すぐにスイッチが入った。
なんだ、じゃあセンチメンタルグラフィティ(SS)の主人公が沢渡ほのかに会うために札幌から稚内まで1時間で駆けつけることも、そんなにすごく荒唐無稽でもないじゃないか、と。
センチメンタルグラフィティでは県内の移動は全て所要時間1時間に統一されている。
あまり細かく差をつけてもゲームが煩雑になるだけだから、これは正解だと思う。
だが、どんなに大きな都道府県でもそうなので、時々「え?」と思ってしまう。
その最も違和感を感じたのが稚内の沢渡ほのかに会いにいく前述のイベント。
12人の幼馴染のうち誰が運命の彼女なのか全国を股にかけた12股遠距離恋愛に高3の1年間を賭ける太平楽な主人公を俺はとても気に入っているのだが、いつもは札幌でデートする沢渡ほのかが、主人公とのちょっとした喧嘩で稚内に行ってしまい、それを追いかけに行くって時には流石に唖然とした。
ほのかの父は北海道大学の教授で、稚内の郊外に別荘を持っているのだが、彼女はそこに立てこもる。
だが、冬の稚内は猛吹雪。
広い別荘にたった一人で心細くなった彼女の元に主人公は駆けつけ、二人の距離は一気に縮まるのであった。
…わたくし、繰り返すけど、センチの馬鹿馬鹿しい展開は大好きなんですが、このエピソードだけはなまじ土地勘があるだけに呆れてしまって、
札幌から稚内まで1時間とかサンダーバード1号でも使ったのかよw
とかツッコんでいた。
それが空路なら1時間を切ることが分かって、今まで呆れててごめんなさいなのでした。
(…言い訳させてもらうと高校生だからJRか高速バスを使うっていう決めつけっていうか思い込みもあったんですけどね)
メインの空路さえ1時間を切るなら、あとは細かいこと。
稚内空港が稚内市の郊外にあって、ということは沢渡ほの父の別荘自体が空港の近くにあれば、稚内に着いてからの移動時間はあまりかからないわけだし、1時間ってのは1時間29分以内であればいい。
まぁ、それでも難しいとは思うけど、半日はかかるだろ、とツッコんでいたことを思うと、2〜3時間くらいなら許容範囲です。
ゲームについて刺さっていた棘が1本、抜けました。

2016年5月26日 (木) 今日の鯨の囀り

・Win10問題は◯年毎にセキュリティのために強制的にアップデートします。そのために必要な機種交換の費用は平均して◯万円です。ということの了解をちゃんととっておかなかったMicrosoftの責任だからなぁ。都合の悪いことはダンマリが通用すると思うなよ?

・瀬戸内寂聴のような子捨ての生き方は俺も嫌いだが、あの程度の人間でも生きていける日本社会の多様性を俺はこよなく愛するのだ。

・「ギャラリーフェイク」に出てきた京都のばあさんが「東京もんは古い街並みを守れと言う。言うのはタダや」みたいなこと言うとりましたなぁ。「実家が町の重要文化財に指定されそうになったけど全てぶっ壊して新築した「そりゃ..」 https://t.co/PiBiqMR1zo

・みんな創竜伝を批判するが、というか俺も嫌いだが、さらに途中で詠むのをやめたが、キャラと舞台を完全な異世界に移し替え、さらにネーミングの元ネタを何処か他の国にしたら、見違えるように面白くなるんじゃないかと思ってるんで、誰か翻訳してw

・帆船が外洋航海に適さなかった頃は最強だった「地中海に突き出た半島」という立地が、帆船が外洋に活路を見出せるほどに発達するとたいしてメリットでもなくなった、という事実に、地政学の面白さを見る。ところで日本海に突き出た半島は(ry

・メガドライブのアドバンスド大戦略をやってる時は役に立たないを通り越して邪魔で邪魔でしかたがなかったイタリア軍の快速戦車にも愛を感じてしまうガルパンはいいぞw

・今日「もっと若いと思ってました。30代くらいかと」と言われた。俺はこれを恥じなきゃならんのだろうな。年相応の風格を備えていないという意味で。

・世の中に平和を愛さない人なんていないのに、自分たちの求める平和だけが正しいなんて連中に吐気を催すなと言う方が無理だ。

・ガンダムサンダーボルトのようなガンダム歴史年表からするとオーパーツ的偽史としか言えないような作品に限って漫画としては面白いのって、すごくいたしかゆし。

・聖書に出てくるサタンの化身のドラゴンが現実の爬虫類の色とはかけ離れたレッドドラゴンだと知った時、聖書を執筆しその後の中世ヨーロッパの論理的支柱となった連中のガキくささに脱力したのは俺だけか?赤い鱗の爬虫類なんて作り話の中だけにしとけよ。

・バトルロワイアルから露悪要素を抜いた暗殺教室がヒットしているのを見ると、露悪は一時的な耳目を集めるにすぎず、人々の心を打つのはやはり王道であるのだと確信せざるを得ない。

・はだしのゲンがはだ◯のゲンだったら、どれほど多くのモーホーのおっさんが涎を垂らしたかと思うとw

・どうしても結婚したい女がいるという理由で短期間で痩せた同僚を知ってるから俺も諦めない。

・札幌の狸小路1丁目で佐世保バーガー食いたい。

・泥酔してる時にマウント泥酔国際スキー場とボソッというのは道民のエチケットなのではないだらうか。

・フレデリカをマダムヤンと呼ぶのはインスタントラーメンみたいでやだなぁ、というのは銀英伝ファンなら常識の駄洒落だと思ってたんだが、通じない人がいるんだね。ちょっとショック。

・Gレコ観てると確かに面白いんだけどこのキャラとメカでザブングルIIやってくれたほうがずっといいなあと思ってしまうのだった。

・もう一度、鹿児島に行って天文館むじゃきで本物のしろくまをたべたい

・大多数の男は男女差別反対なのに、わざわざその男達を敵に回すような発言を繰り返すフェミニストってなんなの?

・今週末もスノーホワイトを観にいくぞ。根室にいた頃は2時間かけて釧路まで、網走にいた頃は1時間かけて北見まで映画を観に行ってたけど、やはり市内に映画館があるというのは違う。

・係長になって初めて部下と2人で飲んで、会計が9100円くらいで、「4000円でいいよ」って言っちゃったんですけど、もっと負担したほうがよかったでしょうか?

・ちゃんと「嗚咽しました」と言えるところはいいね。なんでもかんでも号泣にしたがる風潮にはウンザリしてるから。隣から「うるせえ!」と言われるくらいの大声をあげてなきゃ号泣とは言わねえんだよw 大多数の人は嗚咽か大泣きかしゃくりあげるかその程度。日本語は正しく使いましょうね。

・あと、心配するような口ぶりで馬鹿にするとかねw 第三者にこいつは心配されるような馬鹿なんですよと言いふらしてるわけだw

・心配するふりをして煽動するのはよくあること。誰でも一度はやったことあるんじゃないか。

・東大生のヤリサーの連中の実名がばれても「俺はこういうヤリサーに参加するような若者が好きなんだ」みたいな経営者はいるだろうし、たいした社会的制裁はくらわないかも知れないのがなんとも…

・礼文島でウニ丼を食いたいが、尿酸値が気になる。島内のトレッキングコースを踏破したらウニ丼分の健康負荷はチャラになってくれるだろうか?

・RT ここで「旧ザクという名前は後付け設定ですよ。あれはあくまで「貴様のザク」です」と言うと嫌がられますw

・塩野七生に日清日露から太平洋戦争までの歴史を書いてほしい気もするが、面倒くさい連中に絡まれる危険があるし、実際には難しいかな。