Powered by Six Apart

« 2016年2月11日 (木) 今日の鯨の囀り | メイン | 2016年2月12日 (金) 今日の鯨の囀り »

2016年2月12日 (金)

障害者差別解消法は逆効果なのでは?

障害者差別解消法なんて法律が4月から施行されるなんて知らなかったな。
障害を理由に店が利用できないようなことがあってはならないのだそうな。
まぁ、他に方法がない時は「差別的な取り扱い」とはならないそうだけど、読んでてなんかイヤーな気分になった。
だって乙武さんの事件が脳裏に浮かぶでしょ。
あの事件で乙武さんは大きく株を落とした。
あらかじめお店に電話しておけばいいものを、いきなり訪ねても対応できなかったらそれは差別だと主張して、そんな言いがかりは世間の感覚から大きくズレるものだったからだ。
しかし、これからは乙武さんの言い分が絶対正義になる。
少なくとも法的には。
「蒼天の拳」の章烈山は日常生活の全てにおいて自らの巨体を意識させられるのが嫌いで、その口癖は「俺に大きさを感じさせるな」だったが、それを敷衍するなら障害を感じさせることイコール差別ということになるわけだ。
だが…身体障害者への差別って、そんなにあるものなのだろうか?
もちろん全くないとは言わない。
健常者である自分にはしょせん分からないことだろう。
しかし、この現代社会において障害者への差別は自分達にできる範囲でなくしていこうと思っている人がほとんどに思えるし、それでも及ばない部分を差別だと言われたらこっちだって愉快ではない。
この法律は逆効果なのではないだろうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33739457

障害者差別解消法は逆効果なのでは?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。