Powered by Six Apart

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

味園ユニバース

これは映画なのかPVなのかと問われれば間違いなく映画だろう。
だがそんな疑問が脳裏に浮かんで来るのも確かだ。
と言うのはオチがないから。
しかも途中までは「出所したばかりのチンピラが御礼参りを喰らって記憶を失ったが音楽を通じて自分を取り戻していく様子」を丁寧に描いていたのに、途中からそんなストーリーなどなかったかのように物語ることを放棄しているから。
最初からあくまでライブシーンがメインでストーリーはオマケならそういう映画として楽しめるのに、なまじ「歌しか取り柄のない男」としての存在感がありすぎるものだから、なんだこれは!と叫んでしまう。
だから全体の9割まではすごく好きだが、ラストに向けて大いに困惑させられるのだ。
せっかくの熱唱が勿体ない。
さて当方、芸能音痴なので主演の渋谷すばるというアイドルのことは知らなかった。
だが記憶も感情も失った様子も、それと好対照を成しているあるキッカケで歌い出す第一声も、とても力強さを感じた。
鑑賞後にアイドルだと知ってビックリしたくらいだ。
実際、周囲が彼の歌声に引っ張られていくことに大きな説得力がある熱の篭った歌声で、これを聴き観られただけでも、この映画には十分な価値がある。
チンピラだけに色々な人間に恨まれ疎んじられている彼ではあるが、悔しいが歌声だけは本物だ、そういう周囲の人間の内心の声が伝わってくる臨場感に、この映画は溢れているのだ。
ところで気になるところの多い映画だが一つだけ、彼は危うく本物の拳銃を子供にプレゼントするところだったのだろうか?
よく考えずに行動してしまう彼の危うさを表したシーンなのだろうか?
しかし、そんなツッコミさえ痘痕も笑窪。
音楽の前には色々なことが小さなことに思えてくる、そんなメッセージが込められているのかも知れない。

公式サイト
http://misono.gaga.ne.jp/

2015年9月29日 (火) 今日の鯨の囀り

・あと2時間ちょっとで立体ピクロス2がダウンロードできるんだけど、明日の朝も早いしプレイできないのが悲しすぎる。

・去年も一昨年も来ていた西村さんが今年は来てくれない網走映画祭。去年の閑散っぷりじゃしゃあないわな。今年は何としても盛り上がってほしいのだが。

・ダブルレインボーが消えかかったと思ったら豪雨となりそれが止んだらまた新たなダブルレインボーが、というコンボが3度ほど続いた。ダブルレインボー初体験にしては贅沢すぎる日だった。

・福山ショックという言葉を聞いて、
フクヤマショック!ネオ!ジオ!
と思い浮かんでしまった俺はきっと疲れている。

・湧別で生まれて初めて二本同時の虹を見たが、
あれはどういうメカニズムなんだ?

・福山雅治の結婚でショックを受けても構わないしむしろファンなら自然なこととも思うが、同じ人物がアニメやゲームを批判したりしたらそれはおかしいよね。

・ネオポケのKOFがあれだけ楽しいということは、4つボタンの本来のKOFの複雑さは無駄に複雑だったということになる。少なくとも俺にとっては。

・火星に生命がいるかも知れないと言われてワクワクすると同時に人類を全滅させ得る凶悪な微生物かも知れないとも恐れる。

・KOF復活ってもKOFはなんか苦手なんだよな。でもネオポケのは楽しく遊べる。

2015年9月29日 (火)

本当に面白いゲームには実績など不要!

「ああ無情 刹那(DS)」がだんだん上達してきた。
もちろん下手の横好きシューターだから低いレベルで喜んでいるのだが、それでも嬉しいものは嬉しい。
ダウンロード用のタイニーなシューティングだろうと特に期待もせず遊び始めたのだが、これはシンプルで面白い!
こんなに殺陣衆に夢中になったのは、数年前にワンダースワンのジャッジメントシルバーソードに連日のようにはまった時以来だ。
記録を見ると遊んだ回数25回で遊んだ時間152分。
1回のプレイ時間が短いのも繁忙期でもゲームをしたい俺にはちょうどいいのかも知れない。
で、流石にイージーモードは簡単すぎるので最初のうちちょろっと遊んだだけで、それ以降はずっと敵がランダムに出現するランダムモード、難易度はマニアックしか選んでいない。
そうなるとやはり難しく全8面のところずっと4面までしか行けなかったのだが、先ほど初めて5面のボスのツラを拝めたのである。
予感はあった。
ランダムモードとは言えボスの出る面は決まっており、2面のボスをクリアするまでに必ず最低でも1機は失っていたのだが、今日はノーミスで突破できたからだ。
そうなるとできる見えるかわせるという気持ちになっていく。
ゲームもまた人生と同じ、萎縮していてはダメなのだ。
思ったのは、何時の間にか自分は2面をノーミスで超えることを開放すべき「実績」と定めていたのだな、ということ。
いわゆる「実績」はモチベーションを維持させるためのシステムだ。
だが、そんなお仕着せが無くても本当に面白いゲームなら自ら実績に相当する自己目標を定めているものなのだ。
システムは快感には勝てないものなのだ。

公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/k59j/

2015年9月28日 (月) 今日の鯨の囀り

・趣味が性格にどのくらい影響を与えるかは人それぞれだが、既にその影響を受けた上での性格を相手は好きになったのだから、隠すことは全く何も悪くないんだよな。それで恋が冷..「プロポーズされたので腐女子であることをカムアウトしたら……」 http://t.co/Uziqb3saPL

・しゃぶしゃぶ温野菜は札幌に三店舗あったのか。バイト脅迫事件を知らなかったら、フラリと入ってしまいそうなコンセプトの店だな。危ない危ない。

・しゃぶしゃぶ温野菜のバイト脅迫店長、俺も今日の今日まで男だと思ってた。粗暴なチンピラタイプの。女だったとはな。

・一度も目を通したことがないファーローズトゥロードのサプリメントが出てきたがどうすべなぁこれ。

・網走映画祭、取り敢えず7本ほど観ることにする。自主映画制作教室は去年、エラく疲れたから今年はパスだな。

・イクラにも飯にも何の味もついていないイクラ丼がこんなに味気ないとは!

・色々と疲れきってるので休みたいけど休めない

2015年9月28日 (月)

仮面ライダードライブ最終回

仮面ライダードライブが最終回を迎えた。
何ともイライラし通しの1年だった。
「何でそうなるんだ!」と落ち着きのないシナリオに腹を立てるくらいなら視聴を止めればよいものを、素材はいいからやめられない。
そう、俺は各ライダーやロイミュードのデザインも、主人公とヒロイン以外のキャラも、大好きなのだ。
一流の素材を使って何かチグハグなものができていることへの苛立ちを覚えながらの視聴だったのである。
仮面ライダーマッハこと詩島剛はアメリカ帰りの陽気な男で、テリーマンを思わせる最近では珍しいステロタイプなアメリカンキャラだ…と思わせておいて、実は押し潰されそうな重圧に苛まれ、時としてその表情に暗い影を落としている。
だが、物語が進むと共に、二面性は影を潜め、滅多に笑顔を見せなくなっていく。
天性の明るさを持つ剛の魅力がどんどんスポイルされていく様子は見ていて辛かった。
そんな剛にチェイスが辛く当たられるのも些かしつこすぎた。
仮面ライダーチェイスことチェイスは元は敵の機会生命体であるロイミュードで、ロイミュード嫌いの剛はなかなか彼を仲間と思ってくれなかった。
これはよくあるパターンであるし、だからこそ最高の友達になり得るわけだが、引っ張りすぎて剛が小さい人間に見えてしまうのは剛もチェイスも好きなこっちとしては辛い。
そもそも三条陸の脚本はジョジョネタが目立つが、ポルナレフとイギーをやりたいために2号3号ライダーがずっと不仲だったのではないか、だとしたら剛というキャラの魅力は削がれるべくして削がれたのではないか、と何ともやりきれないのだった。
仮面ライダードライブの正体は特状課の仲間にも秘密というのも生きた設定とは言い難かった。
秘密にするためには同僚が何処かヌケてなきゃならないし、泊進之介がライダーとして戦っている間はサボっているように見えるのを許容しなければならないわけだが、話がシリアスなもんだからわざとらしさが引き立ってしまう。
そこで正体をバラしたところ、同僚も上司も優秀なサポートメンバーっぷりを発揮して話が締まってきたもんだから、今まで秘密にしてきたのは何だったんだ!とこれまた腹を立てるのだ。
そんな訳で、いっそ嫌いなキャラ達だったらネタにするなり無視するなりできたものを、好きなだけに歯痒かった仮面ライダードライブ。
三条陸脚本も打率10割とは行かないものなんだなぁ…。

2015年9月27日 (日) 今日の鯨の囀り

・今週の「ガンダムサンダーボルト」。空中で蹴りに威力があるように見せるのって演出なんだな。今回の蹴りはあまり威力あるように見えなかった。

・今週の「ベルセルク」。ラクシャスには使徒形態がありそうだけど、今の雰囲気だと使徒になってもシラットが勝ちそうな気がするな。魔術の力を借りずに使徒を倒せる奴はそうそういないから貴重だ。

・今週の「自殺島」。サワダ村から見捨てられたカイ。彼の物語で作品の幕は下りるのだろう。彼の自殺未遂の理由は語られていないが、恐らくは彼の言葉が空虚かつ無力だったからだろう。決定的な敗北感は既にボウシにより与えられた以上、セイがカイの再生を導くのが王道であるが果たして。

2015年9月27日 (日)

アニメ「アルスラーン戦記」第二十五章「汗血公路」

エトワールで始まりエトワールで終わる。
最初から半年で終わるわけがないのは仕方ないとして、では何処で区切るか。
その回答がボーイミーツガールとしてのオチなんでしょうが、戦記物としてずっとやってきた最終回にやることなのかと思ってしまいます。
というわけでアニメ「アルスラーン戦記」第二十五章「汗血公路」は、タイトルと中身が些か違った印象となってしまいました。
でもまぁ、これを最終回だと思わなければいいわけで、エトワールがパルスに馴染んでいく様子は自然な流れでした。
原作人気を考えると第二期は間違いないでしょうしね。
かつてまだアルスラーンが11歳の頃、エトワールはアルスラーンのものの考え方に決定的な影響を与える言葉を叩きつけました。
あれがなければ何としても作りたい国の姿が形にならなかったしそれを実現するための玉座も欲しがらなかったかも知れません。
だからこそルシタニアの在り方に疑問を抱きエトワールに喰ってかかった。
アルスラーンは「いい子」です。
声を荒げたり誰かに喧嘩を売ることは滅多にない。
エトワールはアルスラーンにとってエラムとはまた違ったタイプの友人になれそうです。
と、エトワール関係を筆頭に(最終回でなければ)全編を通して文句ない出来だったのですが、ヒルメスに甘すぎるギスカールはやはりおかしい。
とっととエクバターナを放棄してルシタニアの王位を簒奪する腹積もりのようですが、あまりにも取らぬ狸の何とやらではありませんか。
エクバターナを守る何らかの手立てがある様子を見せてくれないと、とても有能には見えません。

公式サイト
http://www.arslan.jp/

2015年9月26日 (土) 今日の鯨の囀り

・MASTERキートンREマスターで太平が老人ホームに入っていたのには悲しい気分になった。パトリシアの勧めで買ったあの田舎の一軒家を終の住処とすることはできなかったのか。あれほど闊達な老人でも、いや闊達な老人であればこそ、老人ホームが必要になってしまうのかという現実に。

・ここでもまいにちドイツ語のテキストだけが売り切れか。他の言語のは全てあるのに。いったいドイツ語に何が起こっているんだ?まぁただの偶然が続いたんだと思うが。

・東札幌のイーアスに立ち寄ったらジュピターがテナントに入ってた。北見にも1店舗くれ。網走にくれとは言わないから。

・シルバーウィークって名前、やっぱり変えようよ。シルバーったら老人でしょ。老人週間。老人じゃない人はどうすんのよ。

2015年9月26日 (土)

さよなら歌舞伎町

サターンの「街」みたいですね。
群像劇が互いに絡み合う構造が。
知り合いに強く勧められて観てみました。
ラブホの店長を主人公に、複数のカップルが描かれ、みな不遇な人生の中で微かな光を見つけて歩いていくわけですが、最終的に根本の問題はまだまだ残っているけれども自分達は大丈夫ってところに行き着く、ほろ苦くもボロボロに前向きなお話です。
染谷将太の演じる一流ホテルを解雇された経歴のあるラブホ店長のキャラがいい。
「自分はこんなところにいる人間じゃない」ってのは鼻持ちならない言葉に聞こえるけど、それが不遇な目に遭って今は日々を過ごしているしグズグズと燻っているように見えてはいても何かのキッカケを求めて足掻いてるように、好意的に見えてくるってのは、それだけの陰影がちゃんと表現されているから。
彼の人物像は他の群像の基本でもあるから、カップル群も決して清廉潔白な人達ではないけど、自然と感情移入してしまうわけだ。
中でも南果歩の演じる掃除のおばさんは本来なら裁かれなければならない立場なのに、その八面六臂の活躍から観ているこっちが何時の間にか応援する側になっているのだからそのエネルギッシュさたるや脱帽だ。
本作はハッピーエンドだ。
だが、何もかも上手くいく順風満帆なハッピーエンドではない。
そこに俺は力強さを感じるのだ。
それにしてもラブホの仕事ってのも大変なんだな。
男に逃げられて部屋に残された一文無しの女からどうカネを取るかなんて、俺だったら見当もつきません…。

公式サイト
http://www.sayonara-kabukicho.com/

2015年9月25日 (金) 今日の鯨の囀り

・俺なんかお椀に飯を盛って食うことも多いし。洗い物って溜まっちゃうもんね。

・最近はあまりMii用の帽子も吹き出しも交換入手しなくなったが、「ガッカリな吹き出し」は応用範囲が広そうなのでゲットしてしまったw

・久しぶりに菊水元町の蔦屋に来てみたらゲームソフト売り場が全くなくなっているとは。

・せっかく東北にドライブに行ったのに津波の被害に遭った地域には近付かなかったんだよな。もう4年以上も経ってるのに物見遊山気分で行っていいのかという迷いがあって。

・今週の「木曜日のフルット」。どんなに技術が発達しても超能力を持っていても、挙動が怪しい人はバレるわけだ。

・今週の「刃牙道」。これでオーガが武蔵そっちのけで本部抹殺に動くなら本部の思う壷ってところなんだろうが。って、そんな安い挑発には乗らんわな。

・バーザムは普通の人体のように腰からではなく胸板から脚が生えてるので、それを動かすとクリーチャーっぽくなりそう。プラモ化でその検証が可能となるな。