Powered by Six Apart

« 2015年7月 6日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2015年7月 7日 (火) 今日の鯨の囀り »

2015年7月 7日 (火)

重戦機エルガイムの思い出その7〜戦地で電子マネー?

WAONが一時的に使えなくなったことで思い出したのが100万ギーンの手形のこと。
マッタク、アニメファンってやつはホントにビョーキだね。
こんなトラブルの時でも考えるのはアニメのことだ。
重戦機エルガイムの世界は完全に電子マネーで現金というものは存在しない。
ニュータイプ誌の別冊にそう書いてあったからそうなんだろう。
冒頭でも100万ギーンという大金のカードの争奪戦が話を動かす原動力となっていたが、現金だったら嵩張りすぎてああいうコミカルなやりとりは行えなかっただろう。
俺はそれを何の不思議もなく受け止めていた。
だが…ペンタゴナワールドは戦争中である。
どんな高度なシステムでもハードを物理的に破壊されたらおしまいなのに、戦地で電子マネーオンリーなどあり得るのだろうか?
今ならペンタゴナの金融システムはクラウドなのだという設定をすることも可能だろう。
個々の端末がいくら破壊されようと情報が情報としてのみ存在するゆえ関係ないクラウドなら戦地での電子マネーとしてより説得力ある説明に近づくだろう。
しかしエルガイム放映当時にクラウドコンピューティングなんて考え方はなかっただろうから、物理的な破壊が無意味であることに他の理由が必要だ。
恐らくは無数のバイパスと無数の電脳による無数の分散処理により無数のデータクローンが絶えず作られている、といった当たりが落としどころだろう。
では、その管理者は?
もしかしてアマンダラ・カマンダラが絶大な力を持っていたのは死の商人云々よりも金融システムの管理者だったからなのかも知れない。
俺が勝手にそう思っただけだが。
ただ、「完全な」電子マネーは、一度も為政者による使用停止が起きなかったからこそ成立する。
一度でも起きていたら現金を使う動きが必ずあった筈で、それでは完全ではない。
それをなし得るのは己を神と任ずる傲慢な人間のみだろう。
まさにアマンダラのことではないか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33464911

重戦機エルガイムの思い出その7〜戦地で電子マネー?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。