Powered by Six Apart

« 2015年5月23日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2015年5月24日 (日) 今日の鯨の囀り »

2015年5月24日 (日)

3/4は日本人の発明

ゴールデンウイークがあったのでなかなか読みきれずにいた2015年6月号のNewton誌。
磁石特集はとても興味深かったと同時に、歯痒い思いも残った。
現在、使われている磁石は大きく分けて4種類に大別されるが、そのうち3種類は日本人の発明だという。
そんなこと全然、知らなかったぞ。
こういうことはもっと広く知られた方がいいのではないか。
Newton誌はあくまで科学雑誌だから、政治的には完全に中立でなければならず、あまり「日本すごい」にならないように、事実だけを淡々と書いてある感じだった。
俺自身は日本を褒めたって別にそんなの当たり前だと思うしそれで左右がどうとか心底あほらしいのだが、Newtonがそういう争いに巻き込まれるのは嫌だから、イチャモンをつけられぬよう気を使うのは仕方がない。
そう言えば、熱に弱いネオジム磁石の欠点を補うレアメタルであるジスプロシウム(Dy)はチャイナが世界の99%を算出していたが、ジスプロシウムの要らない方法を模索して実用化した件も、事実のみの記述で禁輸のことには全く触れていなかった。
編集者の気苦労が偲ばれるなぁ。
でも、もっと気になった記事もあった。
ハチドリの雄は雌の気を引くためにせっせと毎日、求愛のダンスを踊りに通い、時にはそれが8ヶ月にも及ぶ、というキャプションだが、説明不足だ。
8ヶ月に及ぶ求愛行動がちゃんと実を結ぶのか気になるだろ!
もし8ヶ月も踊らせて別の雄になびく雌がいるとしたら、いくらトリだからってゆるせんぞw

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/33404225

3/4は日本人の発明を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。