Powered by Six Apart

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

アニメ「アルスラーン戦記」第九章「仮面の下」

エトワールの言動が説明的すぎて凄く気になります。
3年前を描いた第一章でも言っていた「万人は平等だがパルス人は異教徒だから差別してもよい」というあれです。
普通、ああいうことは言いません。
考えていても、いや考えているからこそ言いません。
凄く捻くれた人(つまり俺のようなw)が自嘲的に言うことがありますが、自分だけが絶対に正しいと思っている人が自分のやってることが差別だなんて思ってるわけないじゃありませんか。
差別してもいいじゃなくて、これは差別ではないの方がずっと自然です。
なんでそうしなかったんでしょうね。
それがあったもんだから、ナルサスの奴隷解放で50万の兵を調達案も別の聞こえ方をしてしまいます。
あくまで国土奪還が目的で奴隷解放はそのための手段に過ぎない筈が、奴隷解放がメインであるかのような印象になってしまっています。
原作はあくまで娯楽として成立させた上で考えさせられる要素「も」あるというバランスでしたが、尺が短くなったことで娯楽の比率が小さくなってしまいだいぶ説教くさい話になってしまったのが残念です。
というわけで第九章「仮面の下」はメッセージ性ばかりが目立っていたわけですが、それでも王太子幕下に英傑達が揃って話が動きだしているだけあって、殺陣も口上も格好よいものばかり。
特にナルサスがこれまでの無聊を託つ日々に力強く別れを告げようとでも言うのか、率先して自らを直接行動や前線に晒している様子がいい。
もっと早くアルスラーンの人となりを知っていれば、という思いもあるのでしょうね。
もちろん、ダリューンがヴァフリーズからアルスラーン個人への忠誠を託されてもおらずアルスラーン自身の初陣もまだの頃にアルスラーンに会っていても何が変わっていたわけでもないのは確固たる事実ですが、そう割り切れるものでもない。
後に戦場を意のままに操る軍師となるナルサスですが、その手のキャラにありがちな冷笑的な部分や人間味の薄い部分が殆どないのが彼の魅力です。
ダリューンvsヒルメスはそれ自体は熱い戦いなのですが、ヒルメスがダリューンに匹敵する剣技の持ち主であることが、オープニングで既にバレているのはどうかと思いましたね。
いや、もちろん原作を読んでれば分かっていることですが、ここは「なにっ?あのダリューンと互角?」と思わせるべき場面でしょうに…。

公式サイト
http://www.arslan.jp/

2015年5月30日 (土) 今日の鯨の囀り

・今日、ゲオでカップルの女の方がスプラトゥーン売ってないねと言ってた。あのオサレかつ楽しげなCMは成功のようだ。

・2週間ほど鼻毛カッター使ってないでゴワゴワだったのを一気にツルツルにしたら開放感あふれて気持ちいいったら

・小西議員は謝ったのか。ちゃんと謝るのはいいことだよ。どうしても謝るのが嫌で自殺しちゃうような議員とか学者とかに比べたら雲泥の差だ。

・3DSでアウトランやってて気付いた。BコースのエンディングはBurstってことなのか?

・グランディアのラップの台詞「マグニチュードだ、オラ!」

・すれ違いフィッシングでミズダコを釣った。その瞬間うる星やつらの面堂邸でタコのビデオを観るシーンがナレーション入りで響いた。誰もがそうではないだろうか?

・トイレが我慢できなくなるまでベッドにいた。尿意と便意は最高の目覚ましだ。これを利用した目覚ましマシンができないだろうか。

・お茶の利尿作用は大きいからトイレに行く暇もなく仕事しろって業界の「マナー」なのかもな。

・ステマを主張する奴は、具体的な個人ブログや個人のツイートを名指しして、こいつは実は企業からカネを貰ってるんだ、だからステマだって言えよ。ステマの意味、わぁってのか?

・「愚痴を言うな。但しストレスが限界を越えられても面倒だからそうならないギリギリの範囲の愚痴だけは聞いてやるよ、オラ」ってことか。

・スプラトゥーンに肖ってジェッセッレイディオーのFPS版をだな

・ところで出されたぶぶ漬けに箸をつけないのはビジネスマナーとしてどうなのか。京都で。

・ちなみに当たり判定ブロックをぶつけ合うという発想は、サタマガの「ストIIは当たり判定のあるブロック同士が衝突していると考えましょう」というコラムが元ね。

・スプラトゥーンをペンキ塗りゲームと揶揄する奴がいるが、そんなこと言ったらアクション性のある全てのゲームは当たり判定ブロックをぶつけ合うブロック崩しだわw 戦場を舞台にした「リアルな(w)」FPSもな。

・出された茶を飲むのがマナー違反という人は、他社のOLに嫌われていて雑巾汁混入の危険性を考慮し飲まないようにしているのではないか。だが自分だけ飲まないと自意識過剰と思われますます軽蔑されるかも知れぬからマナーをでっち上げ皆を道連れにしようとした。だから下らぬことを言い出したのでは。

・松岡圭祐さんがランダム結果表示される釣り血液型占いサイト作って血液型性格判断は全くのデタラメであることを証明したのを思い出すな。一部の血ヲタが怒り狂ったというwこういうの..「「チョコレートはダイエットに効く」は釣り論文だった」 http://t.co/qdx5xJKnRE

・何だかんだで自分の好きな芸能人とか歌手とか作家とか漫画家とか映画監督って自分の年齢の±30歳の範囲に大部分が収まる気がしてるんで、訃報が続くなぁ、ってのはつまりその…なんだ。言ってて虚しくなってきたわ。

2015年5月30日 (土)

ビリギャル

映画公開前にビリギャルの正体はとか余計な情報ばかり入ってきた話題作「ビリギャル」。
受験戦争で切り捨てられたことに恨みを持つ人は多いのであろう、綺麗事をほざきやがって感動の名作とやらを地べたに引き摺り下ろしてやるみたいな空気が漂っていたように思う。
だが、この映画を観る限りビリギャルは決して恵まれた人間などではない。
名門中学に入った途端に遊び呆けたことに対して、なんだかんだでエリート様だったのかとか優れた人間が怠けていただけだろうという声もあったし、俺もそれを鵜呑みにして面白がっていたが、やはりビリギャルは底辺にいたし、そこから這い上がる努力が並々ならぬものであったのも事実だと分かる。
そのことは冒頭からハッキリと示されている。
導入部のテンポを悪くしてまでわれわれ観客に伝えたかったであろう事実、それはビリギャルはギャル化しなかったら友達もできず受験どころの騒ぎじゃなく生きていく意志さえ失っていたかも知れないこと。
ここで人間の再生の物語だと気付いたことで、素直にビリギャルを応援できるようになったのだ。
ビリギャルと塾の坪田先生の二人三脚を演じた有村架純と伊藤淳史はもちろんいいが、脇役陣も素晴らしい。
学校側からすればモンペア様すれすれの母親の言動は、どんなみっともないことでも娘のためならなんとも思わない強さが心を打つし、野球の英才教育をされている弟も、自分だけ贔屓されてることで後ろめたくない筈がないだろうに、自分のせいでもない地雷を踏んでたまるかとばかりに、姉とも妹ともろくに口もきかない様子が凄くリアルだ。
依怙贔屓ってのはされている人間も嫌な気分になるものだからね。
最初からハッピーエンドであることが分かり切ってるんで意外性はないわけだが、脇役陣のドラマがそこを上手く補完してくれた。
一つ物足りなかったとしたら、塾の仲間たちの受験の結果も別にモデルとなった人たちのそれと同じじゃなくていいから知りたかったってところかな。

公式サイト
http://birigal-movie.jp/

2015年5月29日 (金) 今日の鯨の囀り

・太陽光は効率が悪いけどそれは地上だから。月面で発電し全て月面で使うというのはどうか。IT系の情報を扱う企業は月に置くわけだ。情報商品なら地球に送るのにもエネルギー食わないし。で、コミュニティができたら警察も必要になるし、他の国が軍隊を置くことへの牽制にもなる。定期ツイート。

・RT反原発の放射脳はお花畑と嗤われ続けてきて相当にストレスが溜まっていることが分かったw

・「力には力をという考えは国を滅ぼす」か。うん、力強い言葉だ。こっちは力をつけておいて、相手の国に向けてその言葉を使って、相手国内の世論に力をつけることへの罪悪感を広められれば最高なんだがな。

・ほほお、沖縄を緩衝地帯に。緩衝地帯なら既に北朝鮮があるじゃん。

・今週の「刃牙道」。武蔵なら敗北を認めておきながら油断を突くことすらするだろうが、烈さんはどうかな?

・今週の「木曜日のフルット」。ドラえもんでいう「表に裏の裏に表の模様がある珍しい硬貨」みたいというかジョジョでいう「相手が勝ち誇った時、そいつは既に負けている」というか…。含蓄あるハナシだったな。

・改正道交法で自転車のマナーが向上するかどうかは、通学高校生がゆっくり余裕を持ってペダルを漕げるよう早起きできるかと、冬道老人が冬の間くらい歩いて用を足そうと考えてくれるかにかかっていると思う。

・メイドインチャイナでは売れないからバレないようにメイドインPRCにした国のメディアがメイドインチャイナが世界を席巻する日とか言い出すのって何かのギャグなのか?

・スイスチーズの穴の謎の解明。キャトルミューティレーションの正体に通ずるものがあるな。こういう解明に夢を壊されたとかロマンがないとか嘆息する向きもあろうが、むしろ科学的な解明にこそ最大限の夢があると思う。素敵だしワクワクするよ。…と元カノに言ったら物凄く怒られたんだよな。

・自分が室蘭生まれで多分、知ってるホテルも含まれてるんで、甘くなっちゃうのは認める。

・室蘭のホテルが盲導犬を連れた宿泊客を断った件は、明らかに乙武さんの飲食店騒ぎと同じ構図。…なのだが、結びつけた論調がまるでない。ちょっと時間が経つとみんな忘れるんだよな。

・韓国剣道チームが来日、か。これまで国内の試合ではガッツポーズでも厳しい処分を下してきたのだから、それ以上のことが起きた場合にどうするのか、注目すべきところだな。

・「スプラトゥーンはやりたいけどWiiUなんて」という言説は、みんながプレステ4をほしがっていて当たり前のようにいつか購入するという誤った前提が根底に透けて見えるので、そこが笑いどころなんだね。定期ツイート。

・近くに寄ったんで緋牛内のレストラン「自然(じねん)」に初めて行ったら、3月27日で閉店したとか。数年前に夕飯時に店の場所を探したんだけど猛吹雪で探せなかったんだよな。それにしても晴れた昼間だから場所が分かったけど、あれは見つからなくて当然だったなw

・転勤していった上司の残した問題で俺が貧乏籤を引くのだけは避けねばならん。冗談じゃねえや。

2015年5月29日 (金)

メイズ・ランナー

アメリカにおける山田悠介作品のようなものなんだろうなぁ。
全編に漂うB級感。
こういう題材でも潤沢にマンパワーを投入できて絵面だけは整えられるのがハリウッドの強みか。
素直に羨ましい。
「進撃の巨人」と永井豪「真夜中の戦士」と「トゥルーマンショー」とウィザードリィタイプダンジョンRPGをミックスしたような世界観。
そんな壁に囲まれた閉鎖区域に記憶をなくして放り込まれた主人公は、壁の中の生活に安住する先住者たちを余所に脱出の方法を模索する。
そんな彼の姿に共感する者、苦々しく思う者…。
ウィザードリィでどうしても出てくる疑問、なぜプレイヤーキャラのパーティーだけが首尾よくワードナを討伐できるのか、が形を変えてここでも鎌首を擡げる。
主人公だけがポジティブなのは何故なのか。
それに対する回答はないわけではないが、些か言葉足らずで、どうしても主人公を活躍させるための都合に見えてしまう。
ただ…もともとはおとなしい人たちだからなんだろうな、とウスウス分かるので、まぁ、そこで納得はいく。
こいつらが少なくとも元凶悪犯なんかには見えないってのは、ちゃんとそう見えるようにやってるんだろう。
3部作の1作目ということで黒幕が倒されないことをハッキリと明示してきたのはちょっとシラけたな。
そんなの2作目の冒頭で「実は…」でいいのに。

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/home.html

2015年5月28日 (木) 今日の鯨の囀り

・自分が捏ねた肉団子を自分では食えないスズメバチはかわいそうだ。

・そのうち加熱しない鰻を食う奴が出てきたりしてな。

2015年5月28日 (木)

「煩い」模型は嫌いであること

ホビージャパン2015年7月号をパラパラめくる。
表紙も飾った百式はあまり好きじゃない。
このところの流れである「設定を反映させるとこうなる筈だ」というアレンジメント、百式について言うなら当初は変形メカとして設計された、その痕跡を残そうとするディテーリングが煩い感じ。
いくら永野メカだからって膝から下がヘビーメタルすぎるだろうと思うのだ。
もっとも、そういうアレンジがむしろ大好きな人もいるだろう。
百式のキットはこれだけではないのだから、好きなのを選べばいいだけだ。
というわけで、いつもどおりの頭から100頁以上はガンダム関連。
どうせガンダムのページは特筆すべき新しい驚きもないだろうと流し読みのつもりだったんだが、REBORN1/100のディジェに目が留まった。
このディジェはいいですね。
ラインが色っぽい。
過剰なメンテナンスハッチの追加が嫌いな俺だがこのディジェは…と思って改めて見回すと、いやこのディジェだってハッチは十分に多い。
それを感じさせない配置になっているんだろう。
放映当時は大嫌いだったディジェを格好よく思えるようになったのはひとえにこの数十年間で積み上がってきた模型雑誌の作例群だったのだろうと改めて実感し、その経験値がここに結実したのだろうなぁ。
イングラムもよかった。
実写映画を観られなかったから、ビジュアルインパクトはこの作例で初めてマジマジと味わわせてもらったわけだが、都市に溶け込むロボットかくあるべきというデザインワークだ。
でも、足首から下を靴にしなかったのは、これも煩い感じかな。
接地を真面目に考えたらこうならざるを得ないっていう「正解」なんだろうけど、ロボットの格好よさとは真逆にある気がしてならない。
そこまでしなきゃならないんだったら人型ロボット自体が無理筋ってことになっちゃう。
で、気づいた、というか思いを新たにしたのが、自分は「煩い」立体物が好きじゃないということ。
兵器であれ道具であれ、堅牢であり確実性があることが求められるなら、必要以上のメカニカルな要素は不要だ。
カタログ部分だが、物欲をそそるものが3つもあって困った。
ROBOT魂の10月発売にレプラカーンとアシュラテンプルが並んでるのは、まぁどっちもほしいわけだが、これわざとやってるのかね。
以前、強制消去前のエントリーで富野アニメにおける二番手は青いスピード型で終盤まで強く三番手の重量級は強さのメッキが剥がれやすい法則について述べさせてもらったが、その三番手たるどちらもオレンジの両機種が並ぶと、よもや俺と同じことを考えてる人がいたのかwと邪推してしまう。
タケヤ式の「馬」も興味津々。
写真は試作品のパーツのみだったが、その多さを見るだけで、どんなにダイナミックな可動を見せてくれるんだろうとワクワクだ。
フィギュアと絡ませてイチャイチャカップルを邪魔しようとするお邪魔虫なサブヒロインが馬に蹴られて死んでしまえとばかりに蹴り飛ばされるジオラマを作る人も出てくるのではないか。

2015年5月27日 (水) 今日の鯨の囀り

・最終号だから電撃HOBBYだけ売り切れてるのかな?

・今週の「境界のRINNE」。りんねの漫才相手としての翼のポジションが固まりすぎて、これは他のキャラの出番が少なくなっても仕方ない感じ。

・今週の「はじめの一歩」。ナチュラルボーンでポテンシャル最強の鷹村だからこその付け焼刃デトロイト。なめてんのかとガップリ組むからむしろなめてないの対決ってことだな。

・今週の「MAJOR2」。小学生の野球チームだったら、こういう昔からの仲間を優先しろ、って主張もありだよな。試合に勝つことがどれだけ重要かに依るが。

・今週の「トキワ来たれり」。新登場のオカルト女はケンイチにおける園芸部員ポジションか? 松江名作品は王道だし、意外性を取ってヒロインになることはないだろうな。

・面白いと思ったアニメはCDやプラモやグッズを買ってるのでそれで還元してるつもり。円盤なんてそんなに観直す訳でも無いのにそうそう買えないよ。

・夫婦別姓では家庭は壊れないけど、子供にどちらかの姓を選べ(イコールもう片方を冷酷に切り捨てろ)っつうと家庭は壊れるよ。選ばなくても自動的に決まるようにしておかないとね。定期ツイート。

・同性婚にもメリットはあって、同性愛者同士でも結婚してもらってコミュニティの規模が大きくなれば社会的コストも減るぜ。と、身も蓋もないことを言ってみるw

2015年5月27日 (水)

虎のパンツはいいパンツ三題

虎のパンツはいいパンツ〜♪
勇ましい歌が響いた。
おや?わたしは耳をそばだてる。
鬼の毛皮でできていて〜♪
「…なんだ、この歌は。誰が歌っているんだ」
「あ、あそこだ!」
見ると崖の上に巨大な虎がスックと立ち、こちらを睥睨しているではないか。
「あれは鬼喰い虎!」
「…人喰い虎ではなく?」
「ああ、奴は人肉では飽き足らず、俺たち鬼の肉の味を覚えてしまったんだ!」
その叫びと同時に駆け下りてくる虎。
その下腹部には鬼の表皮を剥いで作ったパンツ。
鬼たちは戦慄に震えるのだった。

虎のパンツはいいパンツ〜♪
散歩中の男の耳に幼稚園児の元気な歌声が聞こえてきた。
鬼の毛皮でできていて〜♪
うむ、子供の元気な声は実にいい、社会の活力にして潤滑油だなぁ。
だが、気になる部分があった。
「おい。パンツってのは英語だよな?」
「ああ」
「江戸時代にパンツという言葉がある筈がない。明らかに明治以降に作られた歌だ」
「…だから?」
「童謡には時として残酷な事実が込められている。鬼はこの現代日本にも潜んでいるのではないか。この歌は鬼の脅威をわれわれに伝えているのではないか」
「…」
しまった。この沈黙は度ン退きのそれだ。何か。何か言わなければ。
「あのな。これは別に…」
「…りすぎた」
「?」
「きみは知りすぎた。気づいてはいけないことに気づいてしまった。とても残念だ。きみはいい友人であったが、こうなってしまっては生かしておくわけにはいかぬ」
「お前…その角は?ぎゃ…ぎゃあああ!」
そして戦慄の夜が来た…。

虎のパンツはいいパンツ〜♪
法廷に朗らかないい声が響いた。
鬼の毛皮でできていて〜♪
テープはそこで止まり、次いで弁護士が得意げな調子で弁論を始めた。
「今のが容疑者がカラオケボックスで歌った替え歌の一部です。この歌の内容が本件が冤罪などではないことの何よりの証拠なのです」
…何を、言い出すのだこいつは?
「虎のパンツであるというだけなら偶然に見えただけという抗弁もできるでしょう。しかし鬼の毛皮でできていることは実際に触ってみなければ分かりません。容疑者は痴漢行為を自慢したという衝動に駆られ、それが替え歌となって現れたのではないでしょうか」
「濡れ衣だ!そんなのデタラメだ!」
「何がデタラメですか。いいですか。被害女性は貴方の抗弁により冤罪加害者の汚名を着せられ酷い中傷を受けているのです。インターネッツでは見るもおぞましい辱めが溢れているのです。これはセカンドレイプと言ってもいい!如何ですか裁判長」
「…有罪!」
なんてこったひどすぎる。
替え歌など歌わなければよかった。
これからの人生を思い、彼は戦慄に震えるのだった。

2015年5月26日 (火) 今日の鯨の囀り

・苦いお好み焼きを完食…。暫くお好み焼きは食いたくない。

・1/4カットのキャベツが売ってなくて、代わりに紫キャベツなら1/4カットがあったので、深く考えずにお好み焼きに使ったら苦いお好み焼きという苦痛を感じるほどマズいシロモノに。紫キャベツが苦いのを忘れていたぜ。